「核兵器全面禁止アピール署名」を広げ NPT再検討会議に参加しましょう

今年4月27日からニューヨークの国連本部で「核不拡散条約(NPT)再検討会議」が開かれます。

前回、2010年の会議では、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の核保有5カ国も含め、189の加盟国が核兵器のない世界を実現することに合意しました。

今年は、その合意の実行と行動が問われている重要な会議です。

NPTとは、核兵器保有国が増えるのを防止する目的で1970年に発効した「核兵器不拡散条約(190カ国加盟)」を言い、核保有国は「核軍備の撤廃」を実現することを国際社会に約束した条約で、1995年から5年毎に「NPT再検討会議」が開催されています。

当初、核保有国はアメリカ、イギリス、フランス、旧ソ連、中国の5か国でしたが、その後、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮と核保有国は拡大し、現在世界には1万6千発以上の核兵器があります。

しかし、世界の流れは大きく変わり、非核兵器地帯は世界に広がり、核兵器廃絶の声は国際政治の舞台では圧倒的多数です。そうした国々と市民の運動と力を合わせ、2015年NPT再検討会議の成功、広島・長崎の被爆70年に向けて核兵器全面禁止の行動を起こしています。