知りたい」カテゴリーアーカイブ

平和についてもっと知りたい

今話題の「日米地位協定」見直しのための学習会に参加を

安保破棄中央実行委員会は、日米地位協定の抜本改正の運動を国民的なとりくみにしていくことを提起し、機関紙『安保廃棄』の19年6月号4面で、長野県の取り組みを紹介しています。そこでは、「全国の知事が一致しての提言でもあり、地位協定がいかに差別的なものか、正しい情報が伝えられ、委員の倫理観に訴えれば、だれも反対出来ないはず」とされています。

この愛知でも扶桑町議会は、19年3月27日付で「全国知事会の「米軍基地に関する提言」の主旨に基づいて、地方自治の根幹を脅かす日米地位協定の見直しを求める意見書」を、議会多数派を占める保守会派の理解、賛同を得て採択しています。

長野県での取り組みも、安保破棄や平和委員会だけの取組とせず、同趣旨の運動を進めている団体との提携、共同にも広く呼びかけていく必要性を訴えています。

そして、「できるだけ地元の人が請願者となるよう」にしていくことは、保守会派との懇談をセットする上でも大切なポイントとなります。

そこで地位協定そのものについて、「国民の生命・財産や領土・領海等を守る立場からも」見直しの必要性を理解するために、9月12日(木)18時30分、労働会館東館2階ホールに、「平和新聞」編集長の布施祐仁氏を招いて、学習会を平和委員会と共同で企画しています。
学習会に参加し、あなたの住む市や、町、村の議会で「日米地位協定の抜本的見直し」の意見書採択を進めていきましょう。

沖縄県主催 デニー知事トークキャラバン 沖縄の声を聞き皆で考えてみませんか?

8月19日、名古屋市公会堂で沖縄県主催の「デニー知事トーキングキャラバンIN名古屋」が開催されました。アトラクションは八重山民謡保存会の皆さんによる琉球民謡で始まり、続いてデニー知事による基調講演に移りました。知事は自身の父親が沖縄に駐留していた米軍人であり、今でも顔も知らない境遇から語り始め、辺野古の新基地移転問題の原点は95年の米軍人による少女暴行事件であると指摘、翁長前知事の埋め立て承認の撤回と度重なる県民の辺野古「ノー」の民意をしっかり引き継いでいくと表明。

政府は軟弱地盤の埋め立てについて、工期も建設費用も示さず、県の指導も無視、約束の事前協議もないまま、施工方法や手順を変更して土砂投入を進めていると批判。また、県が上訴した「埋め立て承認の撤回」を国土交通省が取り消した裁決を「審判とバッター」が同じ仲間だと云い、これでは地方自治も民主主義も成り立たない問題と批判。このことを沖縄県が許せば前例になり全国へ広がる危険があると指摘しました。

昨年の全国知事会で日米地位協定を巡り抜本改定を求める提言が決議されたことに関し、沖縄の現状について、本土でも理解が広がっていると述べ、沖縄県が調査した外国の地位協定を示し、全国から「国内法を守れと米側へ要求しよう」と提起しました。そして「辺野古・日米地位協定」の問題を全ての国民が「自分事」と受け止めて欲しいと訴えました。終盤に、知事は「平和と経済」の発展を同時に推進し、誰ひとり残さない「やさしい」沖縄をめざすと決意を表明し、800人に及ぶ参加者から熱い拍手が送られました。

パネルディスカッションは「新外交イニシアチブ」の代表・猿田佐世氏がコーディネーターを務め勧められました。最初は衆院議員の近藤昭一氏が「米軍基地問題議員懇談会」会長の立場から辺野古問題に触れ、鳩山政権時代の反省も語られました。

次の中京大学総合政策学部教授の佐道明広氏から、「辺野古問題と日本の安全保障」について述べられ、国の謳う「抑止力」に疑問を呈しました。

三番目は「笹川平和財団参与・元陸上自衛隊研究本部長」の山口昇氏が「政府は国民を守る」立場から、辺野古基地建設容認の話がありました。しかし沖縄への基地の集中は問題があり、国民全体でその問題を

共有する必要性もつけ加えました。
会場からパネリストに対する質問が多く出されましたが、時間がなく一部のみの討論になり残念と思いました。

戦争展・平和展、各地で開かれる 美術、文化、映画、講演と多彩に

春日井で平和のとりくみ総結集平和展、恵庭事件映画、アート展

8月9日、春日井市役所を中心に「平和展はどこ」「映画は何時から」「アート展はどこ」の言葉を交わす市民の姿が目につきました。

それは当日、市役所西側の市民サロンで2019年平和展が市内8団体で開催され、東側の文化フォーラムで春日井9条の会などによるアート展が、そして真ん中のフォーラムホールで恵庭事件の映画会(100名)が行われたため、参加者は効率の良い時間配分を考えての行動でした。

私たち春日井平和委員会は、8月4日の設営から10日の撤去まで、370名の平和展参加者の期待に応えました。展示物としてはこれから春日井にとって大きな問題となる「F35戦闘機」を県平和委員会と共同して展示しました。

今年で27回目となる平和展には「戦争遺品」を特別出展する市民もあり、アンケートには75人の人が応え、多くの人が継続と平和を強く求めていました。今年の私たちの平和展は猛暑の中で苦労も多かったですが、多彩な人たちによる協力、共同の結果として作られたすばらしい平和展であったと思っています。(西岡)

映画「憲法を武器にして」上映会

8/3 レディアン春日井

「恵庭事件」とは何だったのか
「春日井平和展」と関連企画「憲法を武器にして」上映会に先立って、8月3日、「恵庭事件」の特別学習会がレディアン春日井に46人が参加して行われました。

学習会には、当時の裁判官であった猪瀬敏雄氏、愛知県で裁判支援に関わった森賢一氏、更に「憲法を武器にして」の監督プロデューサーである稲塚秀孝氏も参加。弁護士の宮田睦奥男氏(春日井平和委員会)も加わって、「恵庭事件とは何だったのか」の討論を展開したのです。

演習場の通信線を切ったとして自衛隊法違反で起訴された牧場主兄弟に下された札幌地裁の判断は「無罪」。当時「肩すかし判決」と物議をかもしましたが、判決に関わった猪瀬氏は、「個人の権利を守ることが裁判の第一。被告からすれば憲法や自衛隊という問題の前に止むに止まれない行為だった」と、判決に至る思いを明らかにしました。「抵抗権」という点で、沖縄・高江の状況に似ているとも言います。監督の稲塚氏は、「北海道平和委員会が書き起こした公判テープや膨大な資料を読んで映画化に踏み切った」と、映画製作への決意を語りました。(松下)

私のまちにこんな軍事基地があったの?!
オール知多ピース・フェスティバルに800人の市民が参加

8/11 半田市

8月10日・11日、半田市雁宿ホールで「オール知多ピース・フェスティバル」が開催され、小中高生から高齢者まで市民800人が参加し、「私のまちにこんな軍事基地があったなんて知らなかった」など、感想が寄せられました。

戦跡資料の展示コーナーには、知多半島各地に残る戦争遺跡の写真や資料など200点余りが展示され、市内の高齢者が描いた半田空襲や名古屋空襲の「絵手紙」、遺跡を訪れて詠んだ短歌、遺跡から採った拓本、鉛筆画など、多様な資料が展示されました。

満洲からの引き揚げに際しての体験は、涙なしには聴けない苦労の数々が、腹話術を交えて語られ、参加者からは感嘆の声。ヒロシマの原爆投下直後に入市被爆した生々しい証言や南方戦線で戦死した父親の想いなどが語られ、二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない思いを噛みしめ合いました。

また、「戦時下のハンセン病患者隔離政策」と題して、日本福祉大学小林洋司准教授の講演は、人権を蹂躙した軍・政府による隔離政策の苛酷な実態と国家賠償裁判での勝利判決の意義などがあきらかにされました。

東浦町出身で昨年真打ちに昇格したばかりの立川談志門下生の立川平林師匠の時事落語は、笑いと拍手の沸く中で身も心も物資も、まさに身ぐるみ戦争へと協力させられていった戦前の教訓を、最近の「オレオレ詐欺」になぞらえて警告を発し、「そーだ!」「だまされないぞ!」の声。それは、「安倍政権のウソと隠ぺい・改ざんの暴走政治に共通する」と納得の拍手。また、全国大会で優勝するなど師匠が得意とする「安来節」が披露され、手拍子よろしく会場が沸きました。

あいち平和のための戦争展 今年の見どころ紹介

次の世代に戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えるために、8月15日~18日まで、「あいち平和のための戦争展」を名古屋市民ギャラリー矢田で開催します。今年で27回目になります。見どころを紹介します。

愛知空襲展

爆弾投下数では1番多く投下された愛知県。それは、三菱重工、中島航空機、川崎重工、そして豊川海軍工廠など軍需産業の集積地だったことからです。名古屋や半田の空襲とともに、模擬原爆投下の春日井や豊田など当時の実態に迫ります。

平和文化のつどい

人業劇団ひらき座『猫は生きている』

18日。1945年3月10日の東京大空襲。東京は2時間で10万人が犠牲となりました。東京大空襲を記録する活動を丹念に続けられている早乙女勝元さんと、力強いタッチの絵画の田島征三さんの力で1973年に生み出された絵本「猫は生きている」を人業劇で上演します。

本物の「ぞう列車」が走って70年記念

17日。・・・合唱「愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団」1949年6月に初めての「ぞう列車」が走ってから70年。今年を「ぞう列車」70周年記念イヤーとし、愛知6か所をはじめ、全国各地でコンサートが行われます。

講演会「ジャーナリズムと憲法」望月衣塑子さん(東京新聞記者)

17日:映画「新聞記者」で大注目の望月さんが見出しの内容で講演します。

映画『女を修理する男』

16日・・・一人の医師の勇気ある行動が世界を動かし4万人以上の性暴力被害女性を治療した──2018年ノーベル平和賞受賞!コンゴ人婦人科医のデニ・ムクウェゲ医師を追ったドキュメンタリー。

注目の展示

●知多の軍事基地と軍需工場 戦争期、知多半島では半田市で戦闘機の生産と、美浜町、南知多町に旧日本軍の基地がありました。軍需工場では多くの市民が動員され、空襲ではその犠牲にあっていきました。

●戦災樹木 空襲によって被災した樹木が、傷跡を残しながら、よみがえって生き続けていたり、戦後になって枯れ果て根元だけが残っていたりと、戦災樹木の受難を紹介します。

●大府飛行場における中国人強制連行 かつて大府市にも飛行場があったことをご存じでしょうか?そこでは中国人が強制連行され労働に従事していました。その実態を展示します。

●仏教の戦争協力 「不殺生」(殺してはならない)という、教えの仏教が、なぜ人を殺す戦争に自ら協力していったのでしょうか?残された資料から、一緒に考えていきましょう。

戦争展・平和展のお知らせ


●春日井平和展

8月4日(日)13:00~10日(土)12:00
春日井市役所「市民サロン」

●知多半島 戦争と平和展

8月10日(土)~11日(日)10:00~15:00
半田市「雁宿ホール」 名鉄知多半田駅西側

●被爆74年原爆絵画展

8月20日(水)~25日(日)9:30~18:00
中区役所市民ギャラリー栄 7階第6展示室

顔に迷彩・物々しい隊員の列が市街地を歩く 陸上自衛隊レンジャー訓練

3/10 犬山市南部公民館

白川町でレンジャー訓練をしていた部隊が、6月25日3時から27日10時にかけて、白川町から八百津―御嵩―可児市―犬山市―小牧市―春日井市―守山区を通り守山駐屯地に帰ってくるとの通知を名古屋市議団から受け取りました。75㌔の距離を三日かけて歩く、レンジャー仕上げの訓練で以前には、顔に迷彩の塗装をして銃を構えて歩く物々しい姿の隊員の列が、通学の小学生の列とすれ違う写真が衝撃を与えました。

以前駐屯地に着く前に近くの公園で休憩しているのを見かけたので、9時頃行ってみると、12・3名の隊員と数人の指導教官の姿がありました。前も後ろもわからないほど真っ黒に顔を塗っている隊員は不気味です。「11時までトイレに行けないから今のうちに行っておけ」という声が聞こえてきましたが、トイレに行く隊員はいません。駐屯地に帰ったら真っ先に休みたいだろうに、まだ何かあるのかと思うとちょっと気の毒になりました。

9時30分頃公園を出て駐屯地に向かう隊員を見る市民は、いつもと違う様子に少し驚いた顔をしていましたが、自衛隊の訓練には慣れてしまっている様子でした。

命がけで戦争をしようとレンジャーに志願する隊員は、陸上自衛隊員の5%と元レンジャー隊員の井筒高雄さんは言っていましたが、訓練を終えた隊員は年々減っているように思えます。

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか

講演する田中利幸さん 6/3 民主会館

高橋理事長や澤田原水協理事長が関わる、「米国の原爆投下責任を問う会」が学習会を行い約50人が民主会館に集いました。学習会は第10回目となりますが、今回「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか」を演題に元広島平和研究所教授の田中利幸さんが講演しました。

田中さんの講演では、以下のことが強調されました①日米軍事同盟の原点としての「原爆正当化」と天皇免罪・免責の共同諜議②天皇裕仁の免罪・免責を目的とした憲法第1章と2章9条の設定③憲法前文、9条と第1章の根本的矛盾④昭仁宛公開書簡の目的―天皇「人間化」の試み等です。

①では、米国はアジア太平洋戦争を終わらせるためには戦略的には全く必要でなかった原爆を、ソ連の対日戦争開始を避けるためという政治的目的の理由から日本に対して使うことを計画。米国は、原爆使用を可能にするため日本が降伏しないように画策し、日本は「国体護持」にこだわり降伏を先延ばしした。②では、米国マッカーサーは、日本占領政策を円滑にすすめるため、また共産主義の浸透を抑え込んでいくために「天皇」を維持・温存していくことが必要との認識。

しかし、日本の戦争責任を追及する国際世論に対し納得を得るため、「天皇裕仁が本来は平和主義者であることを表明すること」「戦争放棄条項を新憲法に盛り込むこと」を重視した。

③では、憲法9条と憲法前文には密接な関係性があり「あらゆる戦争の非合法化」に向けての展望を前文は示している。一方で、一章では天皇の地位が、国民主権主義、平和主義の観点からみてどのように変革されたのか?あるいは、象徴天皇は前文の国民主権主義、平和主義の普遍原理とどのように関連されているかは説明がない。「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることの無いように」主張したが、戦争最高責任者の天皇の責任をうやむやにしたままであるなどでした。その後、国民主権をつらぬくため、天皇「人間化」の試みへの問題を強調しました。

あらためて、米国の戦争責任、原爆投下の責任、または象徴天皇により、天皇への戦争責任があいまいになっている日本社会の問題点を考える機会となりました。

試験飛行住民「6割」中止を、「9割」詳しい説明を求める F35戦闘機住民アンケート結果

小牧平和県民集会実行委員会は5月15日、県政記者クラブにおいて、F35整備拠点化などに関わる住民アンケート結果について記者会見を行いました。アンケートは、県営名古屋空港周辺近隣の春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市の県営名古屋空港近隣に返信封筒付きチラシ15000枚配布し、383人から回答を得たものです。実施期間は2月~3月まで。
結果は、「軍用機による騒音の変化を感じますか?」との問いに「非常に感じる」「感じる」が73%、F35試験飛行を「知らない」57%、米軍F35の利用に「中止してほしい」59%、「不安に感じる」28%。

「住民への詳しい説明が必要」86%です。「軍用機の騒音がとてもうるさく、特に赤ちゃんがいるので、起きてしまうこともあります。窓を閉めても響きます。本当に嫌になります。」「騒音、爆音は絶対にやめてほしい。事故も起こりかねない。普天間の米軍基地同様、住宅地に配置してはならない。」などの声が寄せられました。
平和委員会矢野事務局長は、「住民の安全にかかわる大問題だ。少なくとも国・防衛省は周辺住民に対して説明会を行うべきだ」「アンケート結果を住民に知らせ、整備拠点化に反対の声を広げたい」と語りました。

岐阜基地の実態を学び、協力を呼びかける 住民アンケート活動出発集会

5月11日に「住民アンケート活動出発集会」(平和委員会主催)が江南市民文化会館に於いて、19名参加で開かれました。

最初に、住民アンケートを実施するに至った経過説明をふくんだ挨拶のあと、鷲見さん(岐阜県平和委員会)から「爆音被害の根底にある岐阜基地の実態」と題して講演がありました。

緩やかな傾斜の固い岩盤でできており、なおかつ安定した西風が吹く台地であるため岐阜基地が開設された。終戦から‘58年まで米軍が駐留していたこと。それ以降、航空自衛隊岐阜基地になったこと。現在の岐阜基地は航空機のすべての部品の補給部隊であること。また、航空自衛隊の航空機すべての機種を有し、そのテスト飛行を行っていること。その敷地内に自衛隊岐阜病院があり、戦時病院と位置づけられているため、100床ベットがあるが入院患者はゼロであること。等々

その後の質疑応答では、dB(デシベル)とWcp(Wコンター値)の違いは?また、住民から防音工事をしたが、何の約にも立たないとの報告がありました。

最後に、アンケート地域配布の協力と騒音調査に必要な測定器購入など募金のお願いをして終わりました。追伸、平和委員会に一名加入していただきました。

「今が正念場 いのち・くらし・平和の危機」学習会に300人が集う

安倍9条改憲NOあいち市民アクションは4月19日、「今が正念場 いのち・くらし・平和の危機」をテーマに学習会を千種区役所ホールで行い300人が集まりました。名古屋大学名誉教授の森英樹氏が「天皇代替わりと憲法―改元と改憲のビミョウーな関係」と題して講演を行いました。

2016年、昭仁天皇が「退位」を発した後の2017年5月に安倍首相が「2020年改正憲法施行」をぶち上げたことはある種の戦略がうかがえる。改元フィーバーを巻き起こし、その陰で改憲への関心を遠ざけるというもの。天皇代替わりを政治利用していると厳しく批判しました。象徴天皇制と非軍事平和主義との密接な関係があるとして、憲法の平和主義は侵略戦争の責任の上に再びあのような惨禍を起こさないとして「非軍事平和主義」を内外に示すものだった。同時に天皇と臣民の関係の上に侵略戦争に突き進んでいくシステムを根底から崩さないと歴史は繰り返されるとして「象徴天皇」が生み出された。憲法の第1章と第2章は密接な関係にあるとして、9条を厳格に守らせ「戦力放棄」「交戦権否認」を実現させること、また第1章を厳格に守らせ、天皇制を作動させないことが重要ですと結びました。

最後に、改憲策動が強められているとして、5月6月の運動を強めようと行動提起がありました。