知りたい」カテゴリーアーカイブ

平和についてもっと知りたい

ピースエッグIN北海道 平和のうちに暮らしたい~日本国憲法の使い方~

10/14 北海道日高町

青年が平和について学び語り合う、青年のための平和ワークショップ、ピースエッグIN北海道が10月12日~14日に日高町で開催されました。メインテーマは「Challenge×Change=PEACE」全国から70人が参加し、愛知からは、学生会員の秋野さんが参加しました。多くの方々から暖かいカンパをいただきましたことを御礼申し上げるとともに感想を掲載します。

今回、Peace Egg 2019 in 北海道参加にあたり、援助してくださったみなさん、エッグを開催していただいたみなさん、感謝しています。

私がピースエッグで学んだことは、人権、憲法は私たちが不断の努力をして、守って使っていかなくては、侵害されていくということです。私は、私たち一人一人が住みやすい町にしていくには、憲法や人権を学習し侵されているところがあれば、声をあげていかなければならないと思いました。

メイン企画「平和のうちに 暮らしたい ~日本国憲法の使い方~」では北海道の恵庭事件の学習をしました。恵庭事件とは、恵庭町の自衛隊基地で行われる演習の射的音に悩まされた酪農家が自衛隊基地内の演習用通信線を切断して、自衛隊法121条(防衛用器物損壊)違反に問われた事件であります。

しかし、酪農家の野崎さんは自衛隊から被害を受けていました。まずは、騒音の被害、幼児は騒音で怯え、野崎さんの母は体調不良で札幌に移住を余儀なくされる。さらに、騒音により牛が暴れて鉄条網にぶつかり死亡、流産、早産、乳量が低下。牧場に流れる茂漁川に土砂が混じり氾濫し生活用水、牧場用水が不足、川に設置していた自家発電機の故障に電力が不足していた。

これは生存権を確実に侵している。野崎さんは、自衛隊が生存権を侵しているとして、裁判で闘った。判決は被告人(野崎さん)を無罪としたが、原告(自衛隊)は違憲と判断されなかった。裁判所は憲法判断する必要はなかったとし、自衛隊の違憲には触れなかった。このように、国にとって都合の悪い事実はねじ曲げられてしまう。私はこのような状態では本当の平和はこないと思います。

現代でも、消費税の増税は国民の意見が無視されて、強行されています。これは大多数の国民の意見、人権を侵害していると思います。このような状況だからこそ、私たちは、団結し、話し合い、私たちの暮らしやすい国について考えていく必要があると思いました。

被爆者支援の学習会 歴史的、構造的に、被害の全体像をとらえる

9/29 金山・都市センター

9月29日、金山都市センター会議室にてあいち被爆者支援ネットワーク主催の「被爆者支援のための学習会」が行われました。長年にわたりソーシャルワーカーとして被爆者の相談活動に携わり、現在は原爆被害者相談員の会代表を務めている三村正弘さんを講師に招き、学習と活動交流が行われました。

学習の中で三村さんは、まず自身が胎内被爆者であることに触れ、「1960年に父と母は同じ年に亡くなった。しかし、父は被爆者として、母は手帳を取得できないまま亡くなった。2012年に9歳年上の兄が執念で手帳を取得し、その兄が申請書に両親と入市をしたと書いたので、私は比較的容易に2013年に手帳を取得することができた」と話されました。

また、相談員の会の歩みについて話され、被爆者相談を行う時には、被爆者の被爆前、被爆、被爆後を「いのち」「くらし」「こころ」にわたって社会との関わりをおさえ、歴史的、構造的にとらえ、原爆被害の全体像を把握するという生活史の手法で相談を行うことが大切だと語られました。
交流では愛友会の水野さんが、「まず、被爆者一人ひとりと仲良くなってください。どんな相談があるか、どんな支援ができるかはそこから」と被爆者と支援者の信頼関係を作り上げることが大切だと話されました。

被爆者の高齢化は進み、支援の形も変わってくる中でどのような支援が望まれ何ができるのか、考えるいい機会となりました。

アメリカ・ニューヨークからの報告 国際署名を持ってニューヨークに行こう!

国連の通常見学は、1階の展示、窓からのぞく会議場と地下のショップですが、今回は事前に申し込んだ日本人職員のガイド付きのツアー(有料)に参加しました。

国連の活動は大きく分けて「平和と安全、経済・社会の発展、人権」だそうです。

大きな会議場がたくさんあり、そのロビーにはいろんな展示がしてありました、見学者のためもあるかもしれませんが会議参加者のためもあると思います。以前は私たちが集めていたアピール署名簿がケースに入れられ展示してあり私たちも宣伝の時によく話しました。(現在署名の展示はなくなっていて職員は知らないと言っていました)

現在はどんな展示がしてあるかというと平和の展示がほとんど、なかでも核兵器に関する展示が多くを占めていました。きのこ雲の大きなパネル、被爆した石像、被爆したれられて展示してあります。

衣類や溶けた瓶などがケースに入れられて展示してあります。
ワシントンにも行きました、ホワイトハウスの裏で抗議行動をするテントにも「No War」「No Nukes」の看板がいくつも掲げられていました、「Stop New U.S.Base Henoko Okinawa」と「辺野古に基地はいらない」の看板もありました。

来年のニューヨークでの世界大会・NPT再検討会議への参加要項も発表になり募集が始まりました、被爆者国際署名を持ってニューヨークに行きましょう!(

青年・学生部総会 多くの人を巻き込んだとりくみを

キャリア教育ラボ

青年・学生部は9月28日総会を開催しました。ゲストに上井靖さん(名古屋市立中学校元校長、NPO日本ファシリテーション協会元理事)を招き「平和をつなぐワークショップ」を行いました。

参加者は輪になって椅子に座り「最近ハマっているものと、今の気分」をテーマに自己紹介からスタート。続いて2020年から始まる小学校の新学習指導要領では、「学びに向かう力・人間性」が評価されることに触れ、「ひとりの人間である教師が、子どもたちの人間性をどう評価するのか」と問題提起がありました。

その後は、合間に感想交流をはさみながら、過去に放送されたドラマ「女王の教室」の動画を見たり、参加者でできる人がひとりしかいなかった、両手で行うペン回しを教え合ったりしました。ペン回しの後には、学ぶ立場になった感想が求められ、理論的に説明された方ができる人や、隣で見ているだけで修得できた人など、学び方は人それぞれという事が分かりました。上井さんは「学ぶ側と教える側の相性が大切。このミスマッチが学習定着率に関わる」と「ラーニングピラミッド」を紹介。今回のワークショップは、この「ラーニングピラミッド」に基づいた内容でした。子育て世代の参加者は「つい子どもに正解すべてを教えてしまいがちだったが、今後は子ども自身に考えさせるような声かけをしていきたい」と感想がありました。

総会では、昨年の活動をふり返りました。新しく役員になった学生からは「多くの人を巻き込んだとりくみをしたい」と意欲が語られました。

一宮 第11回市民平和百花展

9/22 一宮市

今年も、7団体が集まって実行委員会をつくり、市民平和百花展が、「主権者は私たち つくり出そう平和を」をテーマにして行われました。前半が、9月1日(日)~15日(日)に千秋病院内の「ケアハウスちあき」1Fギャラリーで開催され、後半は9月21日(土)~22日(日)にIビル(尾張一宮駅前)3Fシビックテラス オープンギャラリーで開催されました。

後半の部分では、22日(日)午後に特別企画として、小会議室でDVD「9条を抱きしめて」を2回上映し、約80名の参加をみました。また、プラスワン企画として、横のイベントスペースを利用して、「平和のうたごえ」を行い50名の参加をみました。

展示は、一宮空襲・浅井町憲法9条の会の機関紙・「F35の騒音」・米軍が写した一宮空襲・写真サークル「しゃらく」の写真・折り紙「バラ」・新婦人一宮各班の絵手紙・グループ「花籠」のパステル画・水墨画・水彩画・切り絵・年表等多種多様でした。

前半での鑑賞者数は不明ですが、後半部分では、約400名の参加をみることができました。オープンギャラリーは、ちょうど、エスカレーターで、5、6Fにある一宮市立図書館へ行く途中の乗り換え場所にあり、多くの人が通過していきます。一宮空襲の展示に足を止める人も多くみえました。

第32回豊田市平和を願う戦争展開催される

8/30 豊田市

8月30日から3日間、豊田市平和を願う戦争展が豊田産業文化センターで開かれました。3日間の開催は、豊田では初めてでしたが、会期中1400名を超える市民が訪れました。

協賛企画の催しは、満席で入場をお断りするほどの盛況でした。展示の中心は、「子どもと戦争」をテーマに子どもの本9条の会の「戦争なんか大きらい」原画展と戦争の頃の少年少女たちのパネル展示でした。「掘り下げた展示に、戦時の教育が子どもの成長を無視した兵隊づくりだと理解できた」という感想がありました。協賛企画の被爆ピアノコンサートには、予想を超えた人数が訪れ、入りきれなかった方にはご迷惑をおかけしました。友情出演されたプロ演奏家の演奏、子どもたちの歌声、群読に感動の拍手が鳴りやみませんでした。原画展の作者のひろかわさん講演会、戦争体験をきく会、朗読劇「ヒロシマの空」、どれも次の世代に戦争のない国を手渡そうという、力強いメッセージが伝わりました。

開催にご協力いただいた関係者の皆様、暑い中で参加いただいた皆様、ありがとうございました。今後も、さらにご期待に応える戦争展を目指し、平和を守る種まきを皆様と続けてまいります。よろしくお願いいたします。

日本平和大会 in 沖縄の成功を呼びかけます

参議院選挙は、憲法とくらしを守る市民と野党の共闘が安倍政権を支える自公勢力と対決する構図が鮮明となり、32の一人区で野党統一候補が10勝する大きな成果を生み出しました。この結果、自民党は単独過半数を割り、参議院での改憲派3分の2議席占有状況が打ち破られました。これは、安倍首相のめざす9条改憲策動に重大な打撃を与えるものとなりました。

また、沖縄で辺野古米軍新基地建設反対の民意を代表する野党統一候補が圧勝し、秋田で陸自「イージス・アショア」ミサイル基地配備反対の野党統一候補が勝利するなど、日米軍事同盟強化のための理不尽な軍事基地強化に反対する、重要な成果も生まれました。

この結果は、市民の運動を草の根からさらに広げ、市民と野党の共闘をいっそう力強く発展させるならば、安倍政権の暴走を打ち破ることができることを、力強く示しています。
参院選後、安倍首相は、任期中の改憲発議・国民投票をめざすと言明しています。さらに、米国が呼びかける、中東・ホルムズ海峡での有志連合構想に、自衛隊派兵を検討しています。こうした動きは、国民との矛盾をいっそう深め、新たな国民の共同のたたかいを呼び起こすものです。
2019年日本平和大会IN沖縄は、憲法と平和を守り、沖縄新基地建設反対、「イージス・アショア」配備反対はじめ「戦争する国づくり」に反対する運動をいっそう発展させる大会です。また、日米軍事同盟の危険性を明らかにし、米軍基地も軍事同盟もない憲法の輝く平和な日本と北東アジアの展望を明らかにする大会です。

この大会に以下を重視しましょう。
◆大会に向けて諸団体、各地域で学習パンフレットを普及し、学習運動を広げましょう。各地で沖縄県民のたたかいに連帯する行動、安保・基地強化反対の運動に取り組みを広げましょう。
◆各団体、多くの地域からの参加者組織を積極的に進めましょう。特に、青年、女性、初参加者の組織を重視し、活動の輪を広げる機会にしましょう。そして、大会で大いに学び交流し、その成果を各地に持ち帰って、運動を継続発展する力になる大会にしましょう。

愛知県代表団ツアー 

●2泊3日コース
 11月7日(木)8時10分中部国際空港集合→那覇空港へ~基地見学・戦跡巡り~那覇泊
 11月8日(金)那覇~東村高江ヘリパッド反対の連帯行動に参加~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~那覇泊
 11月9日(土)那覇市、豊見城市でシンポジウム、分科会に参加~那覇市内で閉会集会(屋外)~パレード~自由行動~那覇空港~中部空港22:15着解散

●1泊2日コース
 11月8日(金)8時10分中部国際空港集合~那覇空港11:20着~那覇発専用バス12:00発~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~2泊3日コースに合流

費用
2泊3日コース シングル71400円、ツイン65400円
1泊2日コース シングル55100円、ツイン51100円
(飛行機・宿泊朝食付き、大会参加費5000円、移動バス代8700円、事務局費2000円)
※往復航空機の時間帯変更など、事務局までご相談ください
主 催:日本平和大会愛知県実行委員会

今話題の「日米地位協定」見直しのための学習会に参加を

安保破棄中央実行委員会は、日米地位協定の抜本改正の運動を国民的なとりくみにしていくことを提起し、機関紙『安保廃棄』の19年6月号4面で、長野県の取り組みを紹介しています。そこでは、「全国の知事が一致しての提言でもあり、地位協定がいかに差別的なものか、正しい情報が伝えられ、委員の倫理観に訴えれば、だれも反対出来ないはず」とされています。

この愛知でも扶桑町議会は、19年3月27日付で「全国知事会の「米軍基地に関する提言」の主旨に基づいて、地方自治の根幹を脅かす日米地位協定の見直しを求める意見書」を、議会多数派を占める保守会派の理解、賛同を得て採択しています。

長野県での取り組みも、安保破棄や平和委員会だけの取組とせず、同趣旨の運動を進めている団体との提携、共同にも広く呼びかけていく必要性を訴えています。

そして、「できるだけ地元の人が請願者となるよう」にしていくことは、保守会派との懇談をセットする上でも大切なポイントとなります。

そこで地位協定そのものについて、「国民の生命・財産や領土・領海等を守る立場からも」見直しの必要性を理解するために、9月12日(木)18時30分、労働会館東館2階ホールに、「平和新聞」編集長の布施祐仁氏を招いて、学習会を平和委員会と共同で企画しています。
学習会に参加し、あなたの住む市や、町、村の議会で「日米地位協定の抜本的見直し」の意見書採択を進めていきましょう。

沖縄県主催 デニー知事トークキャラバン 沖縄の声を聞き皆で考えてみませんか?

8月19日、名古屋市公会堂で沖縄県主催の「デニー知事トーキングキャラバンIN名古屋」が開催されました。アトラクションは八重山民謡保存会の皆さんによる琉球民謡で始まり、続いてデニー知事による基調講演に移りました。知事は自身の父親が沖縄に駐留していた米軍人であり、今でも顔も知らない境遇から語り始め、辺野古の新基地移転問題の原点は95年の米軍人による少女暴行事件であると指摘、翁長前知事の埋め立て承認の撤回と度重なる県民の辺野古「ノー」の民意をしっかり引き継いでいくと表明。

政府は軟弱地盤の埋め立てについて、工期も建設費用も示さず、県の指導も無視、約束の事前協議もないまま、施工方法や手順を変更して土砂投入を進めていると批判。また、県が上訴した「埋め立て承認の撤回」を国土交通省が取り消した裁決を「審判とバッター」が同じ仲間だと云い、これでは地方自治も民主主義も成り立たない問題と批判。このことを沖縄県が許せば前例になり全国へ広がる危険があると指摘しました。

昨年の全国知事会で日米地位協定を巡り抜本改定を求める提言が決議されたことに関し、沖縄の現状について、本土でも理解が広がっていると述べ、沖縄県が調査した外国の地位協定を示し、全国から「国内法を守れと米側へ要求しよう」と提起しました。そして「辺野古・日米地位協定」の問題を全ての国民が「自分事」と受け止めて欲しいと訴えました。終盤に、知事は「平和と経済」の発展を同時に推進し、誰ひとり残さない「やさしい」沖縄をめざすと決意を表明し、800人に及ぶ参加者から熱い拍手が送られました。

パネルディスカッションは「新外交イニシアチブ」の代表・猿田佐世氏がコーディネーターを務め勧められました。最初は衆院議員の近藤昭一氏が「米軍基地問題議員懇談会」会長の立場から辺野古問題に触れ、鳩山政権時代の反省も語られました。

次の中京大学総合政策学部教授の佐道明広氏から、「辺野古問題と日本の安全保障」について述べられ、国の謳う「抑止力」に疑問を呈しました。

三番目は「笹川平和財団参与・元陸上自衛隊研究本部長」の山口昇氏が「政府は国民を守る」立場から、辺野古基地建設容認の話がありました。しかし沖縄への基地の集中は問題があり、国民全体でその問題を

共有する必要性もつけ加えました。
会場からパネリストに対する質問が多く出されましたが、時間がなく一部のみの討論になり残念と思いました。

戦争展・平和展、各地で開かれる 美術、文化、映画、講演と多彩に

春日井で平和のとりくみ総結集平和展、恵庭事件映画、アート展

8月9日、春日井市役所を中心に「平和展はどこ」「映画は何時から」「アート展はどこ」の言葉を交わす市民の姿が目につきました。

それは当日、市役所西側の市民サロンで2019年平和展が市内8団体で開催され、東側の文化フォーラムで春日井9条の会などによるアート展が、そして真ん中のフォーラムホールで恵庭事件の映画会(100名)が行われたため、参加者は効率の良い時間配分を考えての行動でした。

私たち春日井平和委員会は、8月4日の設営から10日の撤去まで、370名の平和展参加者の期待に応えました。展示物としてはこれから春日井にとって大きな問題となる「F35戦闘機」を県平和委員会と共同して展示しました。

今年で27回目となる平和展には「戦争遺品」を特別出展する市民もあり、アンケートには75人の人が応え、多くの人が継続と平和を強く求めていました。今年の私たちの平和展は猛暑の中で苦労も多かったですが、多彩な人たちによる協力、共同の結果として作られたすばらしい平和展であったと思っています。(西岡)

映画「憲法を武器にして」上映会

8/3 レディアン春日井

「恵庭事件」とは何だったのか
「春日井平和展」と関連企画「憲法を武器にして」上映会に先立って、8月3日、「恵庭事件」の特別学習会がレディアン春日井に46人が参加して行われました。

学習会には、当時の裁判官であった猪瀬敏雄氏、愛知県で裁判支援に関わった森賢一氏、更に「憲法を武器にして」の監督プロデューサーである稲塚秀孝氏も参加。弁護士の宮田睦奥男氏(春日井平和委員会)も加わって、「恵庭事件とは何だったのか」の討論を展開したのです。

演習場の通信線を切ったとして自衛隊法違反で起訴された牧場主兄弟に下された札幌地裁の判断は「無罪」。当時「肩すかし判決」と物議をかもしましたが、判決に関わった猪瀬氏は、「個人の権利を守ることが裁判の第一。被告からすれば憲法や自衛隊という問題の前に止むに止まれない行為だった」と、判決に至る思いを明らかにしました。「抵抗権」という点で、沖縄・高江の状況に似ているとも言います。監督の稲塚氏は、「北海道平和委員会が書き起こした公判テープや膨大な資料を読んで映画化に踏み切った」と、映画製作への決意を語りました。(松下)

私のまちにこんな軍事基地があったの?!
オール知多ピース・フェスティバルに800人の市民が参加

8/11 半田市

8月10日・11日、半田市雁宿ホールで「オール知多ピース・フェスティバル」が開催され、小中高生から高齢者まで市民800人が参加し、「私のまちにこんな軍事基地があったなんて知らなかった」など、感想が寄せられました。

戦跡資料の展示コーナーには、知多半島各地に残る戦争遺跡の写真や資料など200点余りが展示され、市内の高齢者が描いた半田空襲や名古屋空襲の「絵手紙」、遺跡を訪れて詠んだ短歌、遺跡から採った拓本、鉛筆画など、多様な資料が展示されました。

満洲からの引き揚げに際しての体験は、涙なしには聴けない苦労の数々が、腹話術を交えて語られ、参加者からは感嘆の声。ヒロシマの原爆投下直後に入市被爆した生々しい証言や南方戦線で戦死した父親の想いなどが語られ、二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない思いを噛みしめ合いました。

また、「戦時下のハンセン病患者隔離政策」と題して、日本福祉大学小林洋司准教授の講演は、人権を蹂躙した軍・政府による隔離政策の苛酷な実態と国家賠償裁判での勝利判決の意義などがあきらかにされました。

東浦町出身で昨年真打ちに昇格したばかりの立川談志門下生の立川平林師匠の時事落語は、笑いと拍手の沸く中で身も心も物資も、まさに身ぐるみ戦争へと協力させられていった戦前の教訓を、最近の「オレオレ詐欺」になぞらえて警告を発し、「そーだ!」「だまされないぞ!」の声。それは、「安倍政権のウソと隠ぺい・改ざんの暴走政治に共通する」と納得の拍手。また、全国大会で優勝するなど師匠が得意とする「安来節」が披露され、手拍子よろしく会場が沸きました。