カテゴリー別アーカイブ: 知りたい

平和についてもっと知りたい

「ピースエッグ2018inおかやま」が開催される

全国から80人の若者が参加

9月15~17日、ピースエッグ2018inおかやまが岡山県備前市で開催されました。

全国から約80人(愛知から3人)が参加しました。愛知からの参加者の感想を紹介します。

 

 

本当の平和とは 倉地笑美子

今回の参加にあたり、援助してくださった方へ、感謝申し上げます。ありがとうございました。
私は、Peace Egg 2018 in おかやまに参加して、本当の平和とは何かを考えた。本当の平和とは、社会に戦争の起きる火種のないことだと思う。私は、この社会で本当の平和を実現するために、どうしたらいいのだろうか。
メイン企画「なぜホロコーストを記憶するのか」では、ホロコーストに関する写真資料を見ながら、ホロコーストはなぜ起きたのかを考えた。資料から学んだことは、ドイツが不況に陥るなかで、ヒトラーが登場して、ユダヤ人差別が始まり、人々がユダヤ人を排除し殺害することへとつながる歴史だ。人間の差別や偏見、異なるものを受け入れられない弱さが、暴力を引き起こすことがわかった。本当の平和を実現するためには、その弱さと向きあう必要がある。
国にとって都合の悪い人たちを敵として、その人たちを武力で黙らせようとして、戦争が起こる。この社会に生きる誰かの存在を排除して、誰かの意見を封じ込めて、本当の平和は作れない。
私は、本当の平和を実現するために、在るものを無いことにしないで、現実と向かいあおうと思った。誰も排除せず、みんなの意見を聞いて、みんなの存在を認めることが、本当の平和への条件だ。過去に在ったことを、無かったことにもできない。歴史を学ぶことが、現実と向かいあう最初の一歩だ。現実と向かいあうと、無い方がいいこと、向かいあうのがつらいことがたくさんあるだろう。それでも、私は、本当の平和のために、在るものを無いことにしないで、向かいあおうと決意した。

 

問い続けることの大切さ 池田幹人

今回のテーマは「ぼくたちは、向かい合う」で、その中でもホロコーストに関するメイン企画が特に印象的でした。
「なぜホロコーストを記憶するのか」と題して石岡史子さんによる講演、ワークショップがありました。石岡さんがアウシュビッツで出会ったカバンから持ち主である、ハンナのカバンへの出会いと、ハンナと家族の半生について、ナチスによる恣意的な差別から戦争に向かう歴史について簡単なレクチャーを受けました。
その中でも時間を割いたのが、「大量虐殺に向かう背景やその際に市民はどのようにふるまっていたのか」、「批判する者はいなかったのか」、「ガス室送りにされるユダヤ人を乗せた貨車の運転手はどのような気持ちであったのか」など多数の問いかけがありました。今まで、なかなかそのような視点で歴史を見ることはなかったです。
「ただ為政者が悪い」の一言で片づけることは簡単ですが、過去の歴史を自分事として捉え、その過程や巻き込まれていった当事者にスポットを当ててみることも重要な視点であると感じました。
大量虐殺では数百万という数字で語られることが多いものの、その一人ひとりの悲惨な体験、人生を追うことで数百万通りの悲しみや苦しみを再認識し、追体験し、想像力を持って歴史を実感することが出来ると思いました。
テーマのように、自分とも相手とも向かい合い、問い続けることは、過ちを忘れずに繰り返さないために非常に重要で、「答えを見つけることよりも、答えを探し続けることが大切で、人間が考えることを止めた時に恐ろしいことが起こる」という言葉が特に印象に残っています。ピースエッグの他の企画も含めて、常に歴史と向き合い続ける真摯な姿勢と、相手との対話の中で、考えをじっくり聞いて、話して、問う中で否定せずにいっしょに深めていく姿勢を持ち続けていきたいと思いました。

講演会「核と米軍基地~元アメリカ兵にきく戦争のリアル~」 ぜひご参加を

2018年10月22日(月)18時30分~ウィルあいちにおいて、元米軍兵士による講演会・「核と米軍基地~元アメリカ兵にきく戦争のリアル~」を開催します。参加者とともに、戦争の現実を共有し、平和の創造には何ができるのかを、ともに考え、自分のできることを持ち帰り、実行することを目的に計画しています。講演者はベテランズフォーピース(VFP)のメンバーです。

このVFP講演会の開催に当たり平和委員会も実行委員会に参加してとりくみをすすめています。
講演者は2人です。1人は、イラク戦争退役軍人(陸軍)30代前半。アーティスト、詩人(コンバットペーパーでアート作品を作り、詩を書き、美術館や大学キャンパスで展示会やワークショップをおこなう)。もう一人は、ベトナム戦争退役軍人(陸軍・衛生兵)70代。父親は第二次世界大戦直後、日本で朝鮮戦争準備のための諜報活動をしていた。まだ幼かった本人は、4歳まで日本にいて、日本人のメイドさんに育てられていた。VFPのベトナム戦争世代の中では、聴衆を惹きつけるスピーチで有名。

講演内容としては、志願制の米国でどのような経緯で入隊に至ったのか。戦場での体験。その後の社会復帰と自己啓発。極めて予測の難しいトランプ政権の現在と今後、特に米国の世界戦略の中における東アジアとは。その中における日本とは。などのお話を予定しています。ぜひとも、この貴重な講演会に参加していただけるよう呼びかけるものです。

平和若者ネットワーク「名古屋戦跡巡りと追体験」

9月2日平和若者ネットワーク主催で「名古屋戦跡巡りと追体験」を行いました。

はじめに「愛知・名古屋戦争に関する資料館」を訪ねました。この資料館は3年前に開館し旧愛知県庁大津橋分室の建物が使用され、昭和初期に流行したタイル張りの外壁が特徴的です。焼夷弾の模型や名古屋空襲に関する展示や県内の戦争・空襲証言の映像が流れていました。愛知県や名古屋にも戦争被害があったことを学べる展示内容でした。

戦跡巡りでは、愛知時計電機(熱田区)へ移動し、堀川沿いの弾痕のある堤防の前で1945年6月9日の熱田空襲の手記を参加者で読み合わせました。当時の地図と現在の様子を見比べながら、筆者が空襲から逃れた動きをたどりました。

熱田区の軍需工場が狙われたこの空襲では、わずか8分間に1トン爆弾を含む総計278トンの集中攻撃を受け、2千名を超える犠牲者がでました。手記には「もし熱田方面に走っていたら現在の私はありません」とあり、道の曲がり方で生死が分かれるという戦争の悲惨さが感じられました。その後、愛知時計電機工場本社正門前にある慰霊地蔵尊も見学しました。

参加者からは「戦争は日本中で起きたはずなのに、自分が通ったことがある道沿いにお地蔵さんがあるなんて知らなかった。身近なところに戦争があったのだと感じた」「資料館に初めて行った。空襲についてあまり考えたことが無かったので勉強になった。空襲とは何か学んでから、実際の空襲場所に行き手記を読むことで追体験できた」と感想がありました。

第31回 豊田市平和を願う戦争展開催

8月25日26日、豊田産業文化センターで、平和を願う戦争展が開催されました。約1000人余の参加者と、「戦争はだめ、何ごともすべて平和であってこそ」の思いを共有する機会となりました。「継続は力なり」の言葉どおり、定着して、毎年参加してくださる市民の方も大勢います。初めて来ましたという方々も含めて、今回も盛況、好評裡に無事終了することができました。

初めて、 原爆バネルを会場外のロビーに展示することができ、多くの人に見てもらえました。悲惨な経験をした被爆国日本の政府がなぜ核兵器禁止条約を批准しないのか、皆さん素朴にその疑問と怒りを持ったようでした。

豊田市にもこんなに戦争があったという地域の調査に基づく展示の前では、「知らなかった!」という驚きの声が上がります、八法亭みややっこさんの憲法講演会「笑って憲法、落語で憲法」も大好評、飯田美弥子弁護士の痛快でしっかりと筋の通った噺に皆さん、笑いながら頷いていました。安倍政権の憲法改悪を許さない力をもらいました。

戦争体験を聴く会は樺太と中国から引き上げの苦労をされた二人の女性からお話しを聴き、こちらも戦争が市民を犠牲にするものであるかを追体験、実感する機会になりました。

戦争と平和のことに正面から取り組んでアビールするこの催しの意義をあらためてかみしめています。来年に向け、準備も始まっています。継続の力を手放さず進めていきます。

あいち平和のための戦争展に1890人が来場

あいち平和のための戦争展実行委員会は、8月16日から19日まで市民ギャラリー矢田において戦争展を開催し、昨年を大きく上回る1890人の市民が参観しました。

今年は、市民ギャラリー矢田での従来の展示に加え、同会館内にある東文化小劇場で旧日本軍の731部隊をとり上げた「悪魔の飽食」の合唱会、原爆の実態をえがいた映画「ヒロシマ」の上映にそれぞれ会場満席の350名が集うなど、平和と文化のとりくみが、一体に行われました。また、旧日本軍「慰安婦」問題などをとりあげるシンポジウムも開催され、性暴力、性差別の問題も議論されました。

展示では、40団体から約620点の資料が持ち寄られ、うち110点はガスマスクや焼夷弾などの貴重な現物資料が展示されました。現物資料は、学生や青年など初めて訪れる人にインパクトを与えます。

また、この1年間の運動によって明らかになった説明資料などの展示や、大きな写真を使った展示などは見るものをひきつけるなど、各団体の努力が伝わる展示となりました。

海外との平和交流では、中国の欺満皇宮博物院や、南京民間抗日博物館の関係者らをはじめ、展示や講演会に参加し日本の運動とも交流しました。

守山平和委員会 沖縄知事選に向け学習会

翁長知事の遺志に応えて勝利を!

守山区平和委員会は、8月25日守山生涯学習センターで新婦人平和部と共催で、沖縄県知事選挙に向けて、学習会をしました。

講師は「命どぅ宝 あいち」の小山初子さん。最初にDVDが上映され、埋め立て承認撤回の手続きをした時の撤回理由を語る翁長知事と、県庁前で支援者が「翁長知事頑張れ!」「県民がついているぞ」とコールする姿に、悲しみが湧いてきました。

小山さんの出身地伊江島は、日本軍が造った飛行場があったので激戦地となりました。小山さんの“おじい”は、日本軍にガマから追い出され追い詰められて自決しようとした時、「命どぅ宝」という言葉を思い出して思いとどまった。敗戦後伊江島で土地の6割が米軍に強制接収され、土地も仕事もない住民は、米軍が訓練で落とす爆弾の不発弾を回収したり、薬莢を拾って暮らしたなど戦中・戦後を通して、いかに沖縄が過酷な状況を強いられたかを語りました。

本土復帰後も、日米両政府に不当な扱いを受ける沖縄で、無謀で平和に逆行する新基地建設に命がけで反対を貫いた、翁長知事の遺志に応えて、何としても勝利しましょう。

小牧平和県民集会事前学習会

F35ステルス戦闘機の整備拠点化の危険性明らかに!

8月26日(日)春日井市グリーンパレスで、小牧平和県民集会の成功をめざす事前学習会が行われ、約100名が参加しました。司会は郷治新婦人小牧支部長です。

本村伸子衆院議員が、国会で積み重ねた質疑と答弁から見えてきた「F35ステルス戦闘機の整備拠点の現状と問題点」を詳しく、判りやすく話され参加者が熱心に耳を傾け、ペンを走らせていました。

お話を聞いて改めて印象に残ったのは、こんな重大なことが何も住民に説明されていないこと、自治体の意向、要請が完全に無視されており、欠陥だらけのF35や米軍機も飛来し、名古屋空港周辺の空は墜落等の危険にさらされ、爆音もひどくなる現状に対して、黙っていてはいけないということでした。

その後「DVD・戦争と平和の歴史(全5巻・山田氏製作)」の一部を上映した後、福本小牧平和委員会事務局長から小牧基地の実態報告があり、「県営名古屋空港を平和で県民のための空港にしよう」との訴えを行いました。9月30日(日)12時30分、小牧市・市之久田公園で開かれる小牧平和県民集会に、多くの方が参加しましょう。

金山駅で原爆パネル展 “みたくない、でもみなければいけない”

恐ろしい現実に涙

18月25日、26日、金山駅コンコースで今回で5回目となった原爆パネル展が行われました。主催は、愛知県原水爆被災者の会(愛友会)、あいち被爆者支援ネットワークが協力しています。

今回は、昨年に引き続き、日本被団協作成の「原爆と人間」パネルに加え、広島市立基町高校の生徒が、被爆者とともに描いた原爆の絵画を50枚展示しました。原画ではなくレプリカ(A1サイズ)ではありますが、高校生が1年かけて、被爆者と対話しながら描いた絵画は、被爆当時の状況、悲惨さ、二度と繰り返してはならないと訴えています。

寄せられた感想を紹介します。

「怖くてみたくないと思いました。でも見なければいけない気がして見ました。こんな恐ろしいことがおきていたなんて涙が止まりませんでした。」

「高校生の絵がとてもリアルで被爆のひどさを切実に訴えていて胸がいっぱいになった。写真とはまたちがう訴える力を感じた。救護が男性優先という絵をみて、現代にも通じる思想にあ然とした。命までもが『男性優先』なのか!と」。

今回の展示をご覧になった方は、7000名と発表しました。昨年よりも明らかに多くの方が立ち寄り、そして、男女、年齢をとわず、パネルと絵画を見ていかれました。

核兵器の廃絶を実現するには、市民の世論で、日本政府の姿勢を変えさせなければなりません。教育の大切さも感想ノートに記されていました。多くの市民に核兵器の非人道性を伝える企画を今後も行っていきます。

第22回 小牧平和展・平和のつどい

核兵器と戦争をなくし平和な未来を

小牧市内の労働組合や民主団体で実行委員会を組織し、メインテーマ「核兵器と戦争をなくし平和な未来を」の平和展を、味岡市民センターのロビーで8月17日(金)から21日(火)の5日間実施しました。新たなテーマとして、①核兵器禁止条約全文と批准した国々、②ブルーインパルスの曲技飛行・F35Aステルス戦闘機などの展示と、従来からの「原爆パネル、憲法9条、地域から行動し原発ゼロ社会実現」を掲げ、実態を知らせ、学習が深まったと思います。

今年は、来場者157名、被爆者国際署名5筆、アンケート15枚と、昨年より減少しているのが実情。総括会議で「チラシ配布枚数も少なく、街宣車運行などPR不足だった。」、「戦争に関する資料など新鮮味が不足していた。」などの意見も出て、今から来年以降の取り組みを真剣に考える必要がある。

また、今年で3回目になるが、小牧市、小牧市教育委員会の後援も貰い、今年初めて取り組んだ「平和首長会議提唱の核兵器禁止条約署名」は23筆集まりました。さらに、来場者の方々から「安倍総理止めさせる署名あったら声掛けして集めたい」との声もありました。

8月19日(日)味岡市民センター視聴覚室で「小牧平和のつどい」が行われ、24名の参加があり、カンパも集まりました。

つどいでは、原水爆禁止世界大会に参加した新婦人小牧と中部共同印刷労組の方から報告を受け、言葉より映像が一番と「戦前・戦後から今日までの平和運動や航空法違反のブルーインパルス曲技飛行」のDVDを見てもらい、資料を基に説明しました。

今年もピースフェスティバルイン瀬戸開催

台風の接近で、入場者の心配をしながら開催された今年のピースフェスティバル㏌瀬戸。7月28・29日ステージ「葉っぱのフレディ」・美術展、8月10~12日「戦争体験を語り継ぐ会」。参加者は、延べ1400人ほどで、成功に終わりました。

私たち新婦人の担当は、語り継ぐ会「沖縄を知ろう!」。講師の方のご都合で、DVD鑑賞と「辺野古」「高江」のパネル展示で参加。マスコミでは報じられない沖縄の現状。沖縄だけでなく、現在日本のいたるところで戦争のための基地化が国民に知らされることなく着々と進められています。その最たる岩国基地の様子を描いた映像を見ました。オスプレイが17機配備されその危険性が極限になっています。基地受け入れで潤う地元の財政、いろいろな施設の建設で、補償面でどんどん変化していく自分たちの生活に「うるさいけど、多少の危険もあるけど、まあー我慢しなくちゃね」と住民に言わせて政府は誤魔化し、騙しています。

世界大会海外代表が訪問している関係で報告会を組みいれました。今年は、瀬戸から若いお母さんが家族揃って(新婦人)、反核センターからは青年が参加で頼もしい限りです。常連のコラソンさんを迎えて、盛り上がりました。

中心メンバーが高齢化、体力的問題も含めて継続することの困難さを感じています。他の地域に学びつつ、「子どもたちに平和の大切さをどう伝えていくのか」今後の課題です。