知りたい」カテゴリーアーカイブ

平和についてもっと知りたい

12・8不戦のつどい 演劇「撫順化石山/戦後…」 人間の心の葛藤に心が揺さぶられる

「アジア・太平洋戦争を忘れない「つどい」実行委員会(仮)」が今年2月ごろから始めた「平和を語る八月名古屋集会」(8・15集会)の準備会議で、「12・8不戦のつどい」には労働者劇団つぶれそう一座の演劇「撫順化石山/戦後…」をとりくむことを決めました。この演劇は、後述する「加藤さんの感想」にある内容で、戦争か平和かが問われる今の時期にあった企画です。また青年が中心に演じていることに好感がもてました。
200人規模の会場探しは、各種の施設を当たり、かろうじて名古屋港ポートビル講堂に決まり、「8・15集会」にチラシを折り込みました。12月8日は土曜日であり、2回公演にしました。
会場の取り決めで当日、金銭が受け取れませんので、9月になり、宣伝チラシと公演協力券(入場整理券)を発行し、実行委員会団体と劇団とで普及することになりました。当初は、実行委員会団体の普及が遅れていました。実行委員会で普及強化を決め、改めて演劇と劇団の内容を学び、集約回数増やし、最後の1週間には連日集約を確認しました。
公演は2回とも満席で、あわせて266人が観劇しました。アンケートにはよかったとの感想が多く寄せられました。(「アジア・太平洋戦争を忘れない「つどい」実行委員会(仮)」共同代表 三浦米吉)

【加藤さんの感想】
一人の元日本兵が戦時に中国での住民殺傷に加わり、戦後撫順の戦犯管理所に収容された。仲間とともに死刑をも覚悟していたが「暴に報いるに暴を以ってせず」という中国政府の方針で寛大な処遇を受け帰国した(撫順の奇跡ともいわれる)。故郷の岐阜県に帰った彼は、近くの化石山で戦時に多くの中国人捕虜たちが強制労働の末に死亡したことを知り日中友好の慰霊碑建立に力を尽くす―劇はこの実話に基づく物語である。

「撫順の奇跡」はものの本で知ってはいたが、中国側の寛大な措置の裏で管理所の中国人職員や看護師の女性たちが「身内を殺した憎い日本兵を何故こんなに大切に扱わなければならないのか」と悩み、中には職場を去っていく人までいたこと、旧日本兵たちも当初は「命令に従ったことが何故悪いのか」と反抗、犯した罪の自覚までに長期間を要したことなど、人間としての心の葛藤までは分からなかった。今回の劇はそれを見事な演技で伝えてくれた。心が揺さぶられた。つぶれそう一座の好演に拍手を送りたい。

フィナーレのあと主催者を代表して愛知県平和委員会の高橋理事長が挨拶し、「日中友好の懸け橋となる劇ではないか。この話を全国にそしてアジアに拡散して行こう」と呼びかけた。
(同実行委員会共同代表 加藤剛(JCJ東海))

高蔵寺弾薬庫一周平和マラソン 事前学習会で活発に意見交換

高蔵寺弾薬庫一周平和マラソン実行委員会は11月16日、大会成功をめざし事前学習会を高蔵寺の東部市民センターで開催しました。

講師には、高蔵寺ニュータウン9条の会の竹市年伸さん、春日井平和委員会西岡久男さんが弾薬庫の危険を語り、スポーツ連盟の青木正雄さんがマラソン大会の意義を語りました。
竹市さん、西岡さん共通して指摘されたことは、火災などの事故が起きていることや基地から現況が明らかにされていないことでした。また弾薬庫の中の貯蔵数や種類などが明らかにされていないことの問題性を指摘しました。

質疑応答は活発で、危険性が住民に知らされていない問題、知らないまま住宅が新たに建設されていること、市民の中にわかりやすく伝える手段など意見が交わされました。この間、ヘリコプター訓練や銃撃訓練などこれまでにない強化が行われ「戦争する国づくり」は高蔵寺でも進められています。マラソン大会の成功を決意する学習会となりました。

平和な名古屋港を!海上視察を行いました

今年7月に再結成した港区平和委員会の企画として、11月20日に「名古屋港見学会―名古屋港から市政県政を見てみよう!」(みなと革新懇・新婦人港支部共催)を行い、37名が参加しました。案内役は、名港議会議員でもある山口清明市会議員です。

桟橋を出港してすぐ、10号地(潮凪ふ頭)の突端にある小さな灯台(1934年設置)は、第二次世界大戦末期の空襲で被弾し、当時の弾丸や爆弾による破損個所が今も名古屋港に残る唯一の戦争遺跡です。しかし現在は石炭ふ頭として立ち入りが制限され、海上からしか見ることができません。この灯台の保存と活用を求めた名港議会での山口議員の質問に対し、当局は専門家による助言を受けて管理すると答弁。市長からも「重要文化財になってもおかしくない」との答弁を引き出しています。名古屋港の歴史を物語る灯台を多くの市民に知ってもらいたいと思います。

船は名古屋港を1時間半かけて一周。改修された高潮防波堤や巨大なコンテナふ頭に、参加者からは「港区に住んでいても名古屋港がこんなに大きな港だとは知らなかった」と驚きの声が上がりました。

取扱貨物量日本一の商業港・名古屋港にも米軍艦や自衛艦が入港。日米合同演習に使用する戦車や車両の積み下ろしも行われています。港区平和委員会は「名古屋港を軍事利用するな!」の運動をさらに強めていきます。

青年・学生部 沖縄県知事選挙報告会を開催

10/26 民主会館

青年・学生部は10月26日「沖縄県知事選挙報告会」を開催し10名が参加しました。

沖縄県知選挙(9月30日投開票)では「辺野古新基地建設反対」を公約に掲げた玉城デニー氏が、過去最多得票の約39万6千票を獲得し当選しました。この選挙支援に派遣された4名から報告がありました。

職場の若手3人で選挙支援に参加したという女性は、9月17日に県庁前で行われていた翁長前県知事の追悼集会に遭遇したことについて「青年主催で驚いた。若い人にも翁長さんが愛されていたと感じた」と今回の選挙では、ネットやSNSの活用など青年の活躍が目立っていたと報告しました。

「沖縄のために何かしたい」と自治労連から選挙支援ツアーに参加した保育士は、9月22日に新都心公園で開催され、約八千人が集まった「玉城デニー うまんちゅ大集会」に参加し「翁長雄志前沖縄県知事の妻・樹子さんの話は涙なしでは聞けなかった。参加できてよかった」と熱く語りました。

初めての選挙支援となった大学院生は、投票日の棄権防止の電話かけで結果発表前にもかかわらず相手から『おめでとう』と言われるなど、温かい街の人の声に励まされた様子を紹介しました。
参加者からは「米軍基地はどこにもいらないという世論を日本中に広げたい」「基地の実態を自分の目で見るために、沖縄ツアーを計画したい」などの感想がありました。

安保法制違憲訴訟 裁判の意義とたたかい方を学ぶ

10/27 イーブルなごや

「安保法制違憲国家賠償請求訴訟」の開始を前に、10月27日、原告・サポーターを中心に60人超が参加して、事前学習会が行われました。「安保法制」訴訟は、全国22地裁で25件、7500人を超える原告が裁判を起こしています。愛知県でも、1次、2次にわたって221人が国を相手に提訴しました。

原告弁護団の松本篤周弁護士は、安保法制が国民の平和的生存権と人格権を侵害する違憲の法律であり、違憲審査権を有する裁判所にその違憲判断を求めるとする、本訴訟の意義とたたかい方について報告します。集団的自衛権行使容認、かけつけ警護など、専守防衛とかけ離れた安保法制の危険な実体を改めて指摘しました。

元裁判官で本訴訟の原告団共同代表の下沢悦夫氏が、本訴訟における原告陳述書の果たす役割と原告の姿勢に触れています。危険な状態に置かれている脅威・不安、その精神的苦痛に対する慰謝料を求める以上、その被害の具体的立証が必要なのです。参加者らは、「憲法で平和的生存権が保証されているのに、憲法とかけ離れた事態が進んでいることでこのような裁判をしなければならない」と憤る声も。

本訴訟は、安保法制の違憲性を司法に問うだけでなく、9条改憲にひた走る安倍政権と対決するたたかいにもなっているのです。注目の第1回口頭弁論は、12月19日(水)10時より名古屋地裁1号法廷(大法廷)で開かれます。「9条改憲NO!」の思いも込めて、傍聴席を一杯にしたい。

2018犬山ピースフェスタ開催される

10/20 犬山市フロイデ

10月20日(土)に、犬山国際観光センター(フロイデ)で、第13回2018犬山ピースフェスタが、200名超の参加で開催されました。

最初に、金沢実行委員長から「2006年以来、いろいろな角度から平和を考えようということで開かれてきました。今年は、絵本『ぞうれっしゃがやってきた』を通して平和の大切さを伝えよう」とあいさつされました。

ついで、犬山少年少女合唱団による「サーカスのうた」の合唱がありました。引き続き、『ぞうれっしゃがやってきた』の原作者小出隆司さんの講演「ぞうれっしゃと子どもたちの世界」がありました。38年間小学校の教員をやってきたこともあり、戦時中のことを自分の体験を踏まえながら話されました。また、戦後の日本の現状(日米地位協定・沖縄辺野古基地・従軍慰安婦など)についても話され、ときにはハーモニカを吹いたり、歌をうたったりして、子どもたちにあきさせないよう、また語りかけるように話されました。

つぎに、高橋さんと山下さん両名による朗読があり、最後に、「ぞうれっしゃよ はしれ」「平和とぞうとこどもたち」の2曲を、犬山少年少女合唱団と犬山市民のみなさんの合同の合唱がありました。

新城平和委員会 映画「コスタリカの奇跡」上映と池住義憲さん講演

7月の平和委員会再結成集会再に続き、第2回目の取り組みとして映画「コスタリカの奇跡」と池住義憲さんの講演を取り組みました。以前から「コスタリカの奇跡」の映画を見たいという要望があったことと、安倍自公政権の憲法9条改憲の情勢を考えたとき、「コスタリカ」の歴史と現実に触れることはとても重要だと思い、平和委員会会議で取り組みを決定しました。

10月14日(日)はお祭りや運動会等の秋の行事と重なり、参加してもらえるか心配していましたが、約30名が参加してくれました。感想文も12名の方が書いてくれています。コスタリカのような軍隊を持たない国が、現実に存在していることと、平和と環境と福祉に確信をもって建国している姿に感動するものばかりです。

また、池住さんの講演では、今年の8月に実際にコスタリカに行ってオスカル・アリアス元大統領と会話をしてきたという話は新鮮で具体的でした。「無防備こそ、最大の防御です。軍を持たないことで、弱くではなく、強くなったのです」。元大統領の言葉に参加者の多くの方が共感していました。逆の方向に進もうとしている現安倍改憲勢力に負けない闘いが必要です。引き続きこうした取り組みを通じ一人でも多くの人に平和活動に参加してもらいたいと願っています。

元アメリカ兵に聞く戦争のリアル ベテランズフォーピース講演会

愛知県平和委員会も加わるベテランズフォーピース講演会実行委員会は10月22日(月)、ウィルあいちで講演会を開催しました。
講演会は、昨年から2回目となり、全国各地で13日から28日にかけて、大小16ヶ所で開催されました。

ベテランズフォーピースは、退役軍人、軍人の家族などで構成される国際組織の団体です。核兵器廃絶、米国政府の他国政府への介入阻止、戦争の傷を癒すことに専念しています。ネットワークは、米国および海外全体で120以上の支部で構成されています。

今回の講演者は2名で、元米陸軍で2003年からイラク派兵された経験を持つネイサン・ルイス氏と、1970年に衛生医としてベトナム戦争に派兵されたマイク・ヘイスティ氏です。

 

ネイサン・ルイスさん

ルイス氏は現在30代の青年です。中学校に軍のリクルーターが来て「大学学費が無料で行ける」と18歳で陸軍に入隊。トレーニング2日目に、9・11テロが起こり「アメリカ社会が一変した」と話します。

クラスター爆弾を砲撃する部隊に配置され、部隊がイラクに配置された時には、初期の攻撃で橋、道、施設、水道など破壊され、イラクは米国の脅威ではなかったことが分かった。しかし現在も攻撃を続けている非情な実態を知ってほしい。敵対勢力の武器は、仏、米、英の武器製品が利用されており、おかしな状況が作られていた。テロを恐れ、軍用車を運転するとき、こどもやお年寄りが通行しても止まってはいけないとの上官命令があることにより事故は激増した。スンニ派、シーア派の違いも不明な兵士がほとんどなのにも関わらず、人種差別は教育されるという非情な実態が軍隊にあったと話します。

ルイス氏は、米国は現在9ヵ国と戦争しているが私たちは、戦争を終わらせるための義務がある。日本はその責任の一端を担っていると訴えました。

 

マイク・ヘイスティさん

マイク氏は、ベトナム戦争でのソンミ村虐殺事件(1968年米軍が504名のソンミ村の住民を虐殺)の実態を紹介しつつ、「ソンミは特出していなかった。毎日のように同じようなことが繰り返されていた」と戦場で人間が否定される問題を告発しました。

米国で反戦世論と運動が広がった04年、05年の影響を受けて、兵士の戦争反対の行動が広がった。08年には、メリーランド州で4日間40人の元兵士が戦場の体験を証言しました。聞くに堪えない戦場の事実は、市民の世論を大きく変えていきました。

日本国憲法9条が改憲されれば、よその国の罪のない市民を殺すことになります。かつて、ベトナム戦争では韓国軍が米国の指揮下で虐殺を行った。日本は、その道を進むのか?日本と米国市民が手に手をとって運動することが大切だと訴えました。

日進市で平和学習会「戦争法と自衛隊の変貌」の実態を学ぶ

9/25 日進市

9月25日(火)午後6時から日進市で日進市平和行進実行委員会(平和委員会、新婦人、年金者組合、うたごえ協議会で構成)主催の平和学習会が開かれました。

最初に司会者から、自身が参加した沖縄県知事選挙の状況を報告しました。

県平和委員会の矢野事務局長が「わが子を戦場に送らないためにおー戦争法と自衛隊の変貌」と題して講演しました。

そこで沖縄知事選、南北朝鮮と米国の会談など情勢は激動していると指摘。一方、改憲を臨時国会で発議し来年にも国民投票は可能だと厳しい予測もありました。また航空自衛隊小牧基地は日本唯一の海外派兵基地であり、隣接する三菱重工でアメリカの軍用機F35の整備、修理が行われている実態も報告され米軍と自衛隊の一体化を告発しました。しかし、平和委員会や市民の運動で小牧基地のブルーインパルスの展示飛行をやめさせることが出来た、これは憲法9条の力だと力説しました。

講演後、質疑では「専守防衛の自衛隊の在り方」「日進市上空の自衛隊機の低空飛行」などの実態がだされ交流されました。

最後に主催者より10月のヒバクシャ署名の日時の告知があり参加の呼びかけがありました。参加は14名でした。

「ピースエッグ2018inおかやま」が開催される

全国から80人の若者が参加

9月15~17日、ピースエッグ2018inおかやまが岡山県備前市で開催されました。

全国から約80人(愛知から3人)が参加しました。愛知からの参加者の感想を紹介します。

 

 

本当の平和とは 倉地笑美子

今回の参加にあたり、援助してくださった方へ、感謝申し上げます。ありがとうございました。
私は、Peace Egg 2018 in おかやまに参加して、本当の平和とは何かを考えた。本当の平和とは、社会に戦争の起きる火種のないことだと思う。私は、この社会で本当の平和を実現するために、どうしたらいいのだろうか。
メイン企画「なぜホロコーストを記憶するのか」では、ホロコーストに関する写真資料を見ながら、ホロコーストはなぜ起きたのかを考えた。資料から学んだことは、ドイツが不況に陥るなかで、ヒトラーが登場して、ユダヤ人差別が始まり、人々がユダヤ人を排除し殺害することへとつながる歴史だ。人間の差別や偏見、異なるものを受け入れられない弱さが、暴力を引き起こすことがわかった。本当の平和を実現するためには、その弱さと向きあう必要がある。
国にとって都合の悪い人たちを敵として、その人たちを武力で黙らせようとして、戦争が起こる。この社会に生きる誰かの存在を排除して、誰かの意見を封じ込めて、本当の平和は作れない。
私は、本当の平和を実現するために、在るものを無いことにしないで、現実と向かいあおうと思った。誰も排除せず、みんなの意見を聞いて、みんなの存在を認めることが、本当の平和への条件だ。過去に在ったことを、無かったことにもできない。歴史を学ぶことが、現実と向かいあう最初の一歩だ。現実と向かいあうと、無い方がいいこと、向かいあうのがつらいことがたくさんあるだろう。それでも、私は、本当の平和のために、在るものを無いことにしないで、向かいあおうと決意した。

 

問い続けることの大切さ 池田幹人

今回のテーマは「ぼくたちは、向かい合う」で、その中でもホロコーストに関するメイン企画が特に印象的でした。
「なぜホロコーストを記憶するのか」と題して石岡史子さんによる講演、ワークショップがありました。石岡さんがアウシュビッツで出会ったカバンから持ち主である、ハンナのカバンへの出会いと、ハンナと家族の半生について、ナチスによる恣意的な差別から戦争に向かう歴史について簡単なレクチャーを受けました。
その中でも時間を割いたのが、「大量虐殺に向かう背景やその際に市民はどのようにふるまっていたのか」、「批判する者はいなかったのか」、「ガス室送りにされるユダヤ人を乗せた貨車の運転手はどのような気持ちであったのか」など多数の問いかけがありました。今まで、なかなかそのような視点で歴史を見ることはなかったです。
「ただ為政者が悪い」の一言で片づけることは簡単ですが、過去の歴史を自分事として捉え、その過程や巻き込まれていった当事者にスポットを当ててみることも重要な視点であると感じました。
大量虐殺では数百万という数字で語られることが多いものの、その一人ひとりの悲惨な体験、人生を追うことで数百万通りの悲しみや苦しみを再認識し、追体験し、想像力を持って歴史を実感することが出来ると思いました。
テーマのように、自分とも相手とも向かい合い、問い続けることは、過ちを忘れずに繰り返さないために非常に重要で、「答えを見つけることよりも、答えを探し続けることが大切で、人間が考えることを止めた時に恐ろしいことが起こる」という言葉が特に印象に残っています。ピースエッグの他の企画も含めて、常に歴史と向き合い続ける真摯な姿勢と、相手との対話の中で、考えをじっくり聞いて、話して、問う中で否定せずにいっしょに深めていく姿勢を持ち続けていきたいと思いました。