2021 年12・8 不戦のつどい

辺野古の埋めたてに戦争遺骨を含む土砂を使うな!
12月8日はアジア・太平洋戦争を開始した日です。例年その日に、私たちは戦争反対を訴えるとりくみを続けています。政府は戦争遺骨が埋まった土砂を沖縄・辺野古新基地建設での埋め立てに投入しようとしています。人道上は許されません。講師の高向洋子さん(右写真)は、お父さんを摩文仁が丘の近くで亡くされ、現在は平和遺族会福岡県支部の一員として活躍してみえます。本島南部の土砂を辺野古沖の埋め立てに使わないことなどを求める署名に集め、厚労省や防衛省に要求してこられました。また、特別報告の具志堅隆松さん(左写真)は「沖縄遺骨収集ボランティア『ガマフヤー』(ガマ掘る人の意)代表」として、沖縄戦犠牲者の遺骨を守るとともに、辺野古の新基地づくりを断念させる運動に打ち込んでおられます。
「12・8不戦のつどい」にぜひ参加されますようお願い致します。
12月8日(水)18:30-20:30 会場18:00
会場とオンラインのハイブリッド講演会
愛知民主会館2階会議室
地下鉄東山線新栄駅2番出口から徒歩3分
演題:戦争遺骨土砂の辺野古投入は許されない
講師:高向洋子さん(平和遺族会福岡県支部)
特別発言:具志堅隆松さん(沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表)
資料代:800円
○会場参加は予約なし先着順40人
○オンライン参加はメール予約 定員100人
締め切り12/5 f128nagoya@gmail.com
主催 アジア・太平洋戦争を忘れない実行委員会
  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Date

12月 08 2021

Time

6:30 PM
MENU
PAGE TOP