安倍9条改憲NO! 3000万人署名」タグアーカイブ

1・19市民集会に500人「安倍政権から憲法守れ!」

1/19 名古屋市 栄

安倍9条改憲を止めよう! 辺野古の新基地は許さない! 安倍退陣!と銘打った市民集会が、1月19日の夕刻、矢場町光の広場にて開催されました。安倍内閣の暴走を止めよう実行委員会の主催です。神戸郁夫さんのギターと熱唱で、開会にむけ冬の広場が熱くなります。

愛知大学の長峯信彦教授が、安倍改憲阻止をと題して報告。

「安倍さんは害をなす猪のようなもの。その猪に猪を捕まえるオリの作り方を教えてもらってどうするの。ことは憲法のはなしです。権力者を拘束するのが憲法です。憲法が作られた過程は、改憲論者が言うようなアメリカの押し付けではありません。特に社会権が充実していた憲法研究会案を英訳したものが草案とされたのです。またGHQ案には、義務教育が小学校だけしかなく、この地守山の先生が中学校までとすべきだと訴えたことが実現しました。9条は誰の発案か?、時の総理幣原喜重郎説が最近有力になってきました。9条は世界と人類の未来を示す普遍的な力を持っています。

安倍さんは毎年軍事費を増やして今年はなんと5兆3千億、教育費には4兆円です。無駄な軍事費やめよう、辺野古もいらない、ぶれずにガンバロウ」。

集会には、くれまつ佐一愛知県知事候補、日本共産党本村伸子衆院議員、が参加。立憲民主党近藤昭一衆院議員からメッセージが寄せられました。

この時期としては穏やかな栄の街を、500人の参加者が宣伝カーのコールに併せ、時には自主的コールも交えながらアピールしました。今回は“安倍政権から憲法守れ!”のコールがよかったです。

安倍政権の暴走をとめよう! 市民集会に500人超が参加

19日、安倍内閣の暴走をとめよう共同行動実行委員会は、久屋公園で「11・19市民集会」を開催しました。

リレートークで小林武・沖縄大学客員教授は、民意を無視して辺野古新基地建設をすすめる安倍政権を倒さなければ、沖縄の抵抗権を実現できない。全国一つになって頑張ろうと訴えました。続いて川口真由美さんらによる歌が披露され「歌で元気に。辺野古の戦いも励ましたい」と語る川口さんの力強い歌声は、感動をよび勇気づけられました。

NPO法人三千里鐡道副理事長・姜春根さんは、「今、平和のすばらしさを感じている」と南北首脳会談の進展を喜び、「国連軍と人民軍が闘い38度線で分断された。平和を願うことが罪だったが、もう南北が殺し合うことはない。更に平和が強化されていく。それを邪魔しているのは誰だ!」と力強いアピールに会場は盛り上がりました。

最後の挨拶をおこなった中谷雄二弁護士は、安倍政権を、嘘とごまかしを本当かのようにマスコミを使って国民を騙し中国や北朝鮮の脅威をあおる「オオカミ少年」と批判して、愛知県では、署名が71万2千筆集まったことを紹介し、真実の声を国民に届け、安倍政権を退陣させるまで3000万署名に取り組もうと訴えました。

500人以上が集会に参加し、栄・大津通り・矢場町へとデモ行進しました。

3000万署名で改憲発議阻止 あいち1万人アクションに3000人

日本国憲法公布から72年の11月3日、「安倍9条改憲NO!3000万署名」で安倍政権の改憲発議を止めようと、東京の1万8000人、大阪での1万2000人など全国で集会・デモが取り組まれました。愛知でも、栄・矢場公園での集会・デモをはじめ、県内各地で「あいち1万人アクション」がくり広げられています。

矢場公園で行われた「アクション」は、第1部では2006年に志賀原発2号機運転差止判決を出した元金沢地裁裁判長の井戸謙一氏、第2部に慶応大学名誉教授の小林節氏をメインスピーカーに、プレ企画に500人、第1部1000人、第2部1500人ののべ3000人が参加して行われました。「みんなで語ろう」と銘打ったプレ企画では、「戦争は最大の健康破壊、人権侵害」(保険医協会)、「食事はごはんとタクワンだけ。生活保護基準の切り下げは他の基準にも影響」(反貧困ネットワーク)と、各分野の人たちが命・くらしについてトークをつなぎます。

「平和と暮らし・人権を守る」をテーマにした第1部では、井戸氏が原発問題でスピーチ。「福島以降司法は変化の兆しを見せたが、現在は福島以前に戻った」と、司法の姿勢をチクリ。「原発の安全神話・必要神話・低コスト神話がことごとく嘘であることがはっきりした」と糾弾して、「全ての原発が止まっても市民生活に影響はなかった。再生可能エネルギーも増加している」と訴えました。

「憲法9条改憲NO!」がテーマの第2部に登場した小林氏は、「安倍改憲」を「筋の悪い改憲論」とバッサリ。改憲議論で野党に代案を求める安倍首相には「代案は現在の9条を正しく使うこと」。野党にも注文をつけます。「意見が違ってもくっついている与党連合。野党も英断すべき」。その後の青年との対話の中でも、「何はさておいても9条です」ときっぱり。

1部、2部の集会の後、子育て世代が「ゆったり」、サウンドカーを先頭に「にぎやかに」、夜はキャンドル掲げて「光の行進」と、それぞれのコースに分かれて、「9条改憲NO!」をアピールしました。

「ゆったり」デモで元気にアピール

第1部集会後は、サウンドデモ、ゆったりデモが行われました。

ゆったりデモは、若いママと子どもが参加することを意識して計画されたものでしたが、残念ながら、集会会場で開催したママのブースにとどまってしまい想いは実現しませんでした。しかし参加者はみんな元気で、天気も良く家族連れなどで賑わう街を、栄までアピールして歩きました。

特に守山から持ち込んだ80センチ角程のボードに「若者を戦場におくるな」と一字々文字をいれたパネルは注目度抜群。道行く人の視線を感じて、気分よく歩きました。

「光の行進」で色とりどりのアピール

第2部集会の後は『キャンドルデモ』が行われました。2016年韓国で100万人の市民が参加し、朴槿恵大統領を退陣に追い込んだ『ろうそく革命』のようにキャンドル(ペンライト)で「憲法まもれ」の声を示そうと、約1000人が栄の街を歩きました。

日が沈み暗くなった街に色とりどりのライトが輝き、沿道から写真を撮る人が多くいました。途中、中学生のグループがプラカードとライトを受け取り行進者に向かって笑顔で手を振る姿もありました。

愛知県下で19行動 怒りを込めた改憲反対アピールを各地で実施!

  10月の「19行動」は、愛知県下各地で行動を行おうと、名古屋駅、金山駅、栄を中心に各地でも行動が展開されました。各地の行動をお伝えします。

臨時国会での自民党改憲案の提出を念頭に「憲法変えてる場合じゃない」と怒りを込めたアピールが各地で行われました。

犬山では9時30分から13人参加で署名37筆。岡崎では朝7時~7人でチラシ配布100枚、ピアゴ前宣伝5人27筆。碧南11時から1時間、スーパー前での宣伝署名行動。西区17時半~、地下鉄「浄心」駅にて宣伝活動。北区18時00分~30分大曽根駅で宣伝などが行われました。

 

●名古屋駅

19日の名古屋駅西街宣行動は、18時30分より予定どおり実施しました。若者が次々と発言し、その内容も自らの思いを語り、通り過ぎる人たちの注目を集めていました。参加者は中村区区民アクションに参加する団体、人々で100名近くおりました。

いつもの街宣と雰囲気が違い、通り過ぎる人たちも受け止め方が違うのかとも思いながら、見ておりました。弁護士は、若い人たちの話がとてもよく、勉強になったと語っておりました。トラブルも無く、無事に終わりました。用意したチラシ2種類、200枚程配布しました。

 

●金山

金山駅前には、実行委員会で用意した60個のキャンドルで「9」の字を二つ描き、光るものを持って宣伝しました。

改憲の是非などを問うシール投票を呼びかけ、チラシを配り3000万署名を呼びかける中、医療関係者や元・現教員、年金者や戦争体験者、若い世代、女性、沖縄会議や命どぅ宝の会のなど、様々な人が次々にマイクを握りリレートークをし、命とあたり前の暮らしを守るために、憲法9条守ろうとよびかけました。

 

●瑞穂

10月19日、全国で行われた19日の行動に応え、瑞穂区でも17時から新瑞橋バスセンターで街頭宣伝と署名行動を行いました。集まったのは10人、署名を訴える人、チラシをまく人、マイク片手に安倍内閣はすぐに退陣すべきと訴える人、それぞれ分担しながら元気よく通行する人に呼びかけました。それに応えて、中年の女性は安倍はやめてほしいと自ら署名に応じてくれ、2人づれの女子高校生は戦争には反対と署名をしていただくことができました。

わずか45分の行動でしたが10筆の署名を集約することができました。このあと金山の宣伝行動に参加し、この日の行動を終えました。充実した意義ある行動日となりました。

 

●天白

毎月19日は「安倍9条改憲NO!天白の会」の定例宣伝の日です。地下鉄の植田・原・平針の3駅を順繰りで署名宣伝を続けています。

今月は原駅バスターミナルで18人が参加。交代でハンドマイクの訴えをしながら、高校生や大学生、おじさん・おばさんたちに9条改憲NO!のリーフとママの会の9条パンフを手渡し、署名をお願い。断る人も多いですが、高校生たちとも結構対話になります。「北朝鮮や中国は信用できないから、軍事力が必要。だから改憲賛成」と話す人が今回は数人いました。女性はやっぱり、「安倍首相はイヤだから」と言いながら署名してくれました

この日は37人が署名。125枚のパンフとリーフを配りました。

 

●一宮

10月19日午後は、JR尾張一宮駅上のiビル3階で、年金者組合尾北ブロックの年金者一揆があり、犬山・江南などから参加者がありました。

毎月行われているとおり、尾張一宮駅の東にある一宮信用金庫前で、午後6時から戦争法反対のスタンディングがありました。

今月は、野村さん(尾西鳩の会)の司会ではじめられました。県平和委員会の高橋理事長からの訴えをかわきりに、キャンドルライトを持って、歌あり、訴えありの30分でした。今月は午後の行事疲れのせいか、参加者は若干少なく29名でした。

11月3日あいち1万人アクションを成功させよう

安倍9条改憲NO!運動の力でストップを

改憲をみすえる安倍政権は、臨時国会を10月24日に開会し議論をすすめようとしています。しかし、マスコミ各社の世論調査でも明らかなように、改憲は国民の要求となっていません。TBS世論調査(10/14)では、国会での優先課題を年金・医療51%、景気雇用44%、子育て対策33%に対し、憲法改正は12%で、共同通信(10/1、2)でも、ほぼ同様の結果が出ています。

いま私たちの世論と運動で安倍政権がすすめる改憲をストップできる状況が広がっています。11月3日は、多くの市民で会場である矢場公園を埋め尽くしましょう。本紙前号では、第1部、2部集会のメインスピーカーの紹介を行いましたが、どこの時間でもいつでも気軽に参加できる形態ですすめています。

また青年や子育て世代の参加を念頭に集会会場には参加団体などによる出店ブースを計画しています。写真パネル展示、語り場コーナー、子ども遊びコーナーなどです。また、パレードもサウンドカーを先頭に計画するサウンドデモ。子どもの参加も意識しゆったりコースも計画中。多くの市民とともにあいち1万人アクションを成功させましょう。

改憲を許さない大運動をこの秋から全県各地で行動を計画しよう!

「3年間の任期中に改憲にチャレンジしたい」、安倍第4次内閣発足で安倍首相は、改憲への決意を示しています。これは、来年夏の参院選挙前に改憲発議をしなければ、もうチャンスがなくなるとの危機感のもと、改憲機運を高め、臨時国会になんとしても9条改憲案を提案し、参院選前の改憲発議にもちこもうとする、並々ならぬ執念の表明です。

マスコミの報道では、10月24日にも臨時国会召集とされており、12月上旬までとされています。この数年間たたかってきた、改憲を許さない運動は重要な地点にたっています。

厳しい状況であることと合わせ、私たちの運動によって変化を作り出していることも注目点です。内閣改造で通常、支持率が上がるところ、日経、共同、読売などの世論調査で下落しています。自民党改憲案提出については反対48・7%で賛成36・4%を上回っています(共同)。また安倍首相は、当初次期国会に「改憲案提出」とされていましたが、反対世論から「条文説明」にとどめると後退しています。

いま、改憲を許さない運動に全力を挙げることが求められます。11月3日に予定されている「9条改憲NO!平和といのち くらし・人権を!あいち1万人アクション」を成功させることをはじめ、3000万署名や各所での運動を強めていくことが大切です。集会は2部構成で、13時からの集会には原発運転差し止め判決を下した井戸元裁判官が、また16時からの集会には小林節氏がそれぞれメインスピーカーで訴えるほか、サウンド&子連れデモ(14時から)、キャンドルデモ(17時から)などを予定しています。集会成功に向けて、平和委員会として、保育関係者や病院関係者などへの働きかけを行っています。幅広い市民の結集で成功させましょう。

10月19日には、名古屋駅、栄スカイル前、金山駅の3か所で大宣伝行動を計画(あいち市民アクション)していますが、全県各地で行動を計画しましょう。

地域のとりくみ【守山】

守山区では、平和委員会も参加して地域の民主団体や労組、日本共産党などで構成する、「安倍改憲NO!3000万署名市民アクション@守山」で署名を集めています。9の日宣伝や毎週火曜日12時15分~13時00分の小幡駅での署名行動などのほか、学習会や集会なども適宜開催しています。

9月15日には、辺野古新基地建設反対・沖縄県知事選挙勝利・もりやま連帯集会を40人の参加で成功させ(主催は同実行委員会)、9月1日には守山生涯学習センターで平和委員会理事長の高橋信さんを講師に、学習会を行いました。

1日の学習会で高橋さんは、常識的に考えれば改憲が日程的に難しくても、安倍首相は、年内に改憲を発議して、国民投票を行う改憲スケジュールに執念を持っている。安倍首相が発議を断念するまで「3000万署名」を強めようと訴えました。また、韓国の「ローソク革命」についても話され、大きな集会だけでなく、身近な所から発信することの大切さや、心に響く言葉を大事に訴えようなど、教えられることがたくさんありました。

地域のとりくみ【瑞穂】

10月3日は月例のスタンディング、沖縄知事選の勝利も受けて参加者も16人で元気いっぱい。通り過ぎる車の中からの手振りや共感のクラクションもいつもの月よりだいぶ多く感じました。「アベはやめろ」「憲法を守ろう」「沖縄に基地はいらない」と三つのシュプレヒコールを繰り返しスタンディングを終えました。

共同代表の一人でもある水谷さん作成の署名推進ニュースも配られました。

区内福祉会で映画「ぞう列車がやってきた」上映会があり100名に近い参加者が感動した話題や、UR団地に10名で署名に入り45筆の署名が託された話題に励まされました。瑞穂区の署名集約数は9月30日現在で10,895筆であることや、6日、9の日、イレブンアクション、14日戦争をさせない瑞穂区の会相談会、19日定例宣伝、23日3000万署名集約会議、25日年金者組合定例宣伝など、みんなで当面の予定を確認しあいました。

安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会

この国は首相のものではない!

9月19日久屋公園で、安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会が開かれ、650人が参加しました。

安保法制強行採決から3年となる今回は、オープニングで板谷信彦さん、デモへの送り出しは、神戸郁夫さん、そして特別ゲストに沖縄・平和を歌うシンガーソングライター川口真由美さんを迎え、歌の力をいかんなく発揮した集会でした。

長峯信彦愛大教授の主催者挨拶、沖縄・原発・非正規雇用についての発言、そして川口真由美さんの歌。この力強い歌声は、発言にあったようないろいろな闘いのなかで、人々を励まし続けていくと思いました。

安保法制違憲訴訟の会あいちの下澤悦男さんは、安保法制違憲訴訟に全国21の裁判所で24の訴訟に7200人が原告になっている(9月19日現在22裁判所で25訴訟・原告7516人)ことを紹介して、東海・愛知では8月2日名古屋地裁に、2次訴訟をおこしたことを紹介して、法定内外で連帯して戦おうと呼びかけました。

本秀紀名古屋大学法科大学院教授は、世論調査で改憲を望んでいる国民は数%。安倍首相の下での改憲に反対が賛成を2倍の割合で上回っている。安倍首相に改憲を発議する資格はないのに改憲を強行しようとするのは、自衛隊という名前であっても「軍隊」として正々堂々と海外に行くためだと指摘しました。

最後に中谷雄二弁護士が「この国は安倍のものではない。主権者のものだ」と呼びかけてデモに出発しました。一緒に参加した川口さんの歌声は、遠くまで聞こえ道行く人々の心にも響いたと思います。

あいち市民アクションが学習交流会

安倍9条改憲NO!あいち市民アクションは8月25日、署名などの運動を前進するための学習交流会をウインクあいちで行い200名を超える市民が集まりました。

開会あいさつは、同会の呼びかけ人である日本基督教団名古屋中央教会牧師の草地大作さんがマイクを握り、災害が頻発する昨今の状況に触れ「環境破壊が生活を脅かすところまで来ており、本来この大問題に対処しなければいけないとき。改憲を議論している場合ではない」と強調しました。

講演は、「改憲発議をさせないために今何をすべきか」を演題に、1000人委員会呼びかけ人の福山真劫さんです。福山さんは、安倍9条改憲NOの一点で共同を強める重要性を語りました。共同に至った経過として、原発事故が起こりそれでも市民運動が一つになれなかった問題点を強調したうえで、安保法制で閣議決定がされた。「私たち市民運動が問われた瞬間だった」と語ります。その運動が、共同されたことによって、変化を生み出していると強調。5月3日の集会では、それぞれ5000人だった集会が、5万人になった。「あちらかこちらではなく、改憲の怒りを結集する土台ができた」と話します。

今後、「3000万署名を中心に臨時国会での発議を許さない運動を強めよう!」と呼びかけました。

安倍3選は望まない!退陣させる決意で500人が集う

栄・光の広場 7/19

民主主義があぶない!大ウソつきの安倍退陣!改憲阻止7・19集会が栄・光の広場で行われました。

集会に先立ち韓国・光州から来た4人の人権活動家が紹介され、全員でイギジャ!(韓国語で勝とう)と三回コールしました。

主催者を代表して、挨拶した長峯信彦愛大教授は国際環境の悪化を口実に戦争法が強行されたが、米朝会談実現という激変の情勢で、無駄な軍事費や戦争法はいらないと強調。IR問題で発言した平井宏和弁護士は、カジノが成長戦略の要なんてとんでもない。「狙っているのは日本人の懐」と告発。東海労働弁護団の樽井弁護士は、命と健康を害する労働時間制限をなくし、事業者の立場を最優先の働き方改革法案を通そうとする安倍を退陣に!と発言。公文書改ざん、森友・加計逃げ切り許さないと共謀罪と秘密保護法に反対する愛知の会の内田隆さん、未来につなげる東海ネット・老朽原発廃炉市民の会の安楽知子さんも発言しました。

最後に共同代表の中谷雄二弁護士が国民は安倍3選を望んでいないと、退陣に追い込む共同行動を提起。参加者500人は、栄の町をデモに繰り出しました。

引き続き3000万署名にとりくもう

市民の力で新たな局面を切り開く

安倍9条改憲NO!あいち市民アクションは19日、ウィルあいちにおいて「安倍の改憲にとどめを!!3000万署名のこれから」と題して大集会を開催しました。

講演を行ったのは、全国市民アクションの高田健さん。「3000万署名と私たちの展望」としてお話ししました。

「数年前までは真っ暗であった状況が、いつ戦争するかという状況が一変した。」と切り出した高田さんは、朝鮮半島の緊張緩和に向けた動きについて、「北朝鮮脅威論」が崩れていると話します。そして、韓国のキャンドル革命が切り開いた歴史的局面であるとして、韓国の市民運動が変化を作り出していると指摘し、日本の運動にも学ぶべき教訓があると話しました。

運動の決定的な要素は、3000万署名を軸にした運動により、安倍改憲に反対し、戦争に反対する世論を大きく作ること。署名運動の神髄は「対話」だ。数千万の対話で世論を変える。と力を込めました。

討論では、集会の持ち方やコールの内容など、私たちの運動を国民的に大きく発展させるためにはどうしたらいいか?などの議論が活発に行われたことに高田さんは、労働組合や民主団体の力とともに、安倍改憲を許せないという個人のエネルギーも最大限活かすときだと応えました。

最後に、事務局長中谷さんより、創意工夫し署名運動を発展させること、11月3日の集会を1万人で成功させようと行動提起がされ、「憲法変えてる場合じゃない」のプラカードを参加者全員で掲げ、集会を閉じました。