タグ別アーカイブ: 沖縄支援

青年・学生部 沖縄県知事選挙報告会を開催

10/26 民主会館

青年・学生部は10月26日「沖縄県知事選挙報告会」を開催し10名が参加しました。

沖縄県知選挙(9月30日投開票)では「辺野古新基地建設反対」を公約に掲げた玉城デニー氏が、過去最多得票の約39万6千票を獲得し当選しました。この選挙支援に派遣された4名から報告がありました。

職場の若手3人で選挙支援に参加したという女性は、9月17日に県庁前で行われていた翁長前県知事の追悼集会に遭遇したことについて「青年主催で驚いた。若い人にも翁長さんが愛されていたと感じた」と今回の選挙では、ネットやSNSの活用など青年の活躍が目立っていたと報告しました。

「沖縄のために何かしたい」と自治労連から選挙支援ツアーに参加した保育士は、9月22日に新都心公園で開催され、約八千人が集まった「玉城デニー うまんちゅ大集会」に参加し「翁長雄志前沖縄県知事の妻・樹子さんの話は涙なしでは聞けなかった。参加できてよかった」と熱く語りました。

初めての選挙支援となった大学院生は、投票日の棄権防止の電話かけで結果発表前にもかかわらず相手から『おめでとう』と言われるなど、温かい街の人の声に励まされた様子を紹介しました。
参加者からは「米軍基地はどこにもいらないという世論を日本中に広げたい」「基地の実態を自分の目で見るために、沖縄ツアーを計画したい」などの感想がありました。

沖縄県知事選挙勝利! ご協力いただいたみなさんにお礼申し上げます

派遣41人、募金135万円

那覇市 統一連事務所 第4グループ参加者

9月30日投票で行われた沖縄県知事選挙は、「オール沖縄」勢力が推す玉城デニー氏が、安倍政権丸抱えの佐喜真氏に8万票の大差をつけて勝利しました。前回知事選の翁長氏の票を約3万6千票上回る39万6632票を獲得しました。

今回の選挙結果は、安倍首相による官邸主導の「勝利の方程式」(①自公維新の共同、②争点隠し、③期日前投票など)を打ち破る側面を持っています。前回宜野湾市長選挙に始まり、今年2月の名護市長選挙では稲嶺前市長が敗北するに至っていました。それだけに、これを乗り越えた勝利は大きな意味を持ちます。

那覇市内9月

また、辺野古新基地建設のたたかいでも大きな展望を生み出しました。埋立承認撤回をした沖縄県ですが、安倍政権はこれを打ち消す裁判を行う計画を企てています。一方で、埋め立てに関わって、①海底地盤の軟弱性、②活断層の発見、③高度制限に関わる公共の建物が存在するなど、工事方法の変更が余儀なくされていますが、その権限は県知事にあります。新基地建設反対を掲げる玉城氏の当選で新基地建設は行きづまっています。

愛知県平和委員会は、沖縄県知事選挙に全力でとりくみました。とりわけ、新基地建設をはじめとする問題を「沖縄問題」とせず、日本の主権にかかわる私たち自身のたたかいと位置付けてきました。県知事選挙の目標を代表派遣60人、募金目標100万円として行動し、11のグループで41人(のべ43人)を沖縄へ送り出し、募金135万円が集まりました。急きょのとりくみでしたので、当初の予定を変更して参加できた方、残念ながら参加できなかった方と見えましたが、これまで以上に多くの方からご協力を得ることができました。本当にありがとうございました。

那覇市 統一連事務所 第7、8グループ参加者

今回は、13日の告示の日にも宣伝活動を名古屋市の栄、金山、北区で行い、また東海共同印刷の朝礼に福島常任理事が訴えをしています。平和委支援ツアーに参加した地域のとりくみとも連帯しました。知多半島では、決起集会に50人が集まり、派遣20人以上、募金100万円。尾張旭市では、決起集会に24人、派遣6人などの行動が広がりました。

また、労働組合では愛労連、自治労連をはじめ7人が派遣。革新愛知の会では、12人派遣、募金30万円などそれぞれの団体でも行われました。

知事選挙後のたたかいは、重要な時期を迎えます。前段でもふれたように、政府は埋立承認撤回について裁判を行い、公権力によって政権の望む判決を導き出そうとしています。その結果を踏まえ、浅瀬側の埋め立て土砂搬入を行うことが予想されます。これを許さない裁判のたたかいは、全国の世論こそ重要となっています。引き続き①辺野古署名、②裁判への支援活動、③沖縄、基地、安保の学習と対話を広げることを呼びかけるものです。

安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会

この国は首相のものではない!

9月19日久屋公園で、安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会が開かれ、650人が参加しました。

安保法制強行採決から3年となる今回は、オープニングで板谷信彦さん、デモへの送り出しは、神戸郁夫さん、そして特別ゲストに沖縄・平和を歌うシンガーソングライター川口真由美さんを迎え、歌の力をいかんなく発揮した集会でした。

長峯信彦愛大教授の主催者挨拶、沖縄・原発・非正規雇用についての発言、そして川口真由美さんの歌。この力強い歌声は、発言にあったようないろいろな闘いのなかで、人々を励まし続けていくと思いました。

安保法制違憲訴訟の会あいちの下澤悦男さんは、安保法制違憲訴訟に全国21の裁判所で24の訴訟に7200人が原告になっている(9月19日現在22裁判所で25訴訟・原告7516人)ことを紹介して、東海・愛知では8月2日名古屋地裁に、2次訴訟をおこしたことを紹介して、法定内外で連帯して戦おうと呼びかけました。

本秀紀名古屋大学法科大学院教授は、世論調査で改憲を望んでいる国民は数%。安倍首相の下での改憲に反対が賛成を2倍の割合で上回っている。安倍首相に改憲を発議する資格はないのに改憲を強行しようとするのは、自衛隊という名前であっても「軍隊」として正々堂々と海外に行くためだと指摘しました。

最後に中谷雄二弁護士が「この国は安倍のものではない。主権者のものだ」と呼びかけてデモに出発しました。一緒に参加した川口さんの歌声は、遠くまで聞こえ道行く人々の心にも響いたと思います。

沖縄に新基地建設反対の知事を!愛知でも熱い取り組み

愛知県平和委員会は6日、安保破棄実行委員会ともに「沖縄県知事選挙・玉城デニー勝利のための決起集会」を開催し50人が決意をともにしました。

安保事務局長福田さんから、「オール沖縄VS安倍政権」のたたかいに勝利しようと呼びかけました。続いて支援活動で前日沖縄から帰ってきた平和委員会福島さんが「争点隠し、官邸主導、自公維の共同」の生々しい実態を報告し「これを上回るたたかいを全国と連帯して巻き起こそう」と呼びかけました。

各団体の報告では、「21日から6人を送り出す」(県労連)、「新職員の青年3人を送り出します」(保険医協会)、「知事選挙に向け、組合員向けのDVDを作成し、運動を強めている」(民医連)などが交流されました。平和委員会三浦副理事長は、派遣60人、募金100万円の目標でとりくむことを報告しつつ、県民大会を掲載した平和新聞9/5付けを紹介し、「継続した運動を強めるためにも平和新聞の購読を」と呼びかけました。

あま東部平和委員会理事の松下さんの呼びかけに応えて参加した女性は、その場で入会申込用紙を書いてくれるなど、反応もありました。

集会には、3人の方から選挙への想いや運動内容を添えられたメッセージが届けられるなど、熱意ある運動が行われていることが実感されるとりくみとなりました。

 

東海共同印刷での訴え

東海共同印刷では会社と労働組合が共同して、知事選挙支援のための、派遣とカンパにとりくんでいます。9月11日、朝礼の時間に福島常任理事と私、三浦(副理事長)が訴えました。

福島さんは、「現場では、浅瀬の護岸が埋め立てられようとしているのに対し、軟弱地盤であることが判明した大浦湾では、設計変更が迫られている。知事が認めなければその展望はありません」と知事選挙の意義を訴えました。

私、三浦は、県民大会が掲載された平和新聞を紹介しながら、「基地建設NOの世論は、積み重なってきた沖縄の痛みでもあります。そういった情報を知れる新聞を購読してほしい」と見本紙を渡しながら訴えました。熱心に聞き入る職員もあり、関心が高いことを嬉しく思いました。

 

繁華街での宣伝活動

沖縄県知事選挙告示日の9月13日夕刻、愛知県平和委員会は辺野古新基地反対を掲げる玉城デニー候補への支援を訴えました。

坂本事務局次長は、「官邸丸抱えの候補でなく、『オール沖縄』として闘う玉城デニー候補を応援してほしい」「現存する米軍基地はほとんど、占領下において銃剣とブルドーザーで民有地を取り上げてつくられたものです。日本政府は、辺野古に新基地を自ら初めて、提供しようとしています、許されません」と訴えました。
田中常任理事は、「翁長知事の遺志を継ぐデニー候補を日本全体で応援しましょう。」と訴えました。

辺野古新基地建設は、沖縄の問題ではなく日本全体の問題と繁華街を響かせました。

 

尾張旭での支援集会

8月末に「沖縄県知事選挙を支援する尾張旭の会」を立ち上げ、9月13日、支援集会を開きました。

「命どぅ宝あいち」の新城さんのお話を聞き、「今回の選挙は日本の未来がかかっている。絶対に負けられない。翁長さんの意志を引き継ぐことができるのは玉城さんしかいない」と、参加者の気持ちがひとつになった集会でした。

集会には24人が参加。これまで集まったカンパは16万超になりました。27日から6人が沖縄へ支援に行きます。

守山平和委員会 沖縄知事選に向け学習会

翁長知事の遺志に応えて勝利を!

守山区平和委員会は、8月25日守山生涯学習センターで新婦人平和部と共催で、沖縄県知事選挙に向けて、学習会をしました。

講師は「命どぅ宝 あいち」の小山初子さん。最初にDVDが上映され、埋め立て承認撤回の手続きをした時の撤回理由を語る翁長知事と、県庁前で支援者が「翁長知事頑張れ!」「県民がついているぞ」とコールする姿に、悲しみが湧いてきました。

小山さんの出身地伊江島は、日本軍が造った飛行場があったので激戦地となりました。小山さんの“おじい”は、日本軍にガマから追い出され追い詰められて自決しようとした時、「命どぅ宝」という言葉を思い出して思いとどまった。敗戦後伊江島で土地の6割が米軍に強制接収され、土地も仕事もない住民は、米軍が訓練で落とす爆弾の不発弾を回収したり、薬莢を拾って暮らしたなど戦中・戦後を通して、いかに沖縄が過酷な状況を強いられたかを語りました。

本土復帰後も、日米両政府に不当な扱いを受ける沖縄で、無謀で平和に逆行する新基地建設に命がけで反対を貫いた、翁長知事の遺志に応えて、何としても勝利しましょう。

新基地建設を許さない!沖縄県知事選挙で勝利を!

故翁長沖縄県知事の「新基地建設NO」の命を懸けたたたかいは、出馬の意思を示している玉城デニー氏に受け継がれ、沖縄知事選挙を勝利することができれば、安倍内閣を新基地建設で八方ふさがりの状態に追い込むことができます。

沖縄県知事選挙へ代表派遣60人、募金100万円の目標でとりくみをスタートさせています。8月27日現在、代表派遣15人が申し込みをしています。

派遣期間9月4日~30日までのとりくみで4日間を基本としたコースとなっています。那覇にある沖縄統一連事務所を拠点に行動を予定しています。各コースは9/4~7、9/6~10(5日間)、9/11~14、9/19~22、9/23~26、9/25~28、9/27~10/1となっています。(これ以外の日程なども事務局にご相談ください)

このとりくみに先立って、決起集会を予定しています。ぜひご参加ください。

 

沖縄県知事選挙勝利へ決起集会
9月6日(木)18時30分~民主会館2階   

 

玉城デニー氏の紹介
玉城さんは沖縄の母と米兵の父のもと1959年10月13日、旧与那城村(現うるま市)で誕生。58歳。母は辺野古のバーで掃除するなど昼夜はたらき、玉城さんを女手一つで育てました。
玉城さんは4年前と昨年の総選挙で、翁長知事と共に「建白書」の実現をめざす県民の代表として小選挙区沖縄3区から連続当選。新基地建設を許さないたたかいではキャンプ・シュワブ前の座り込みにも激励にかけつけ、県民大会や抗議集会でも都度出席しています。

8・11あいち連帯行動 土砂投入から辺野古美ら海を守ろう!

沖縄県民大会、8月集中行動へ心一つに

沖縄県名護市辺野古沖埋め立て予定海域への土砂投入を政府は17日に予定されていました。これに反対する沖縄県民大会が「辺野古新基地建設に反対するオール沖縄会議」のよびかけで11日11時から那覇市奥武山陸上競技場で県民大会が開催されました。台風が迫る雨の中、約7万人(主催者発表)が参加しました。8日に急逝された翁長雄志沖縄県知事を追悼するとともに、政府に移設断念を求める決議が採択されました。

この県民大会に連帯して名古屋市・栄では「土砂投入から辺野古美ら海を守ろう!沖縄県民大会、8月集中行動へ心一つに8・11あいち連帯行動」が15時半からあいち沖縄会議などのよびかけで開催され約200人が参加しました。

デモに先立って行われたリレートークではスピーチだけでなく「沖縄今こそたちあがろう」などの合唱もあり連日の暑さにも負けない盛り上がりでした。

デモでは三線のリズムに合わせて「辺野古に基地はいらんがね」「美ら海を守ろまい」と名古屋弁でコールしました。大きなジュゴンの人形もありました。2人の男子学生が足を止めて「ジュゴンの海を守れ」と書かれたプラカードを受け取り、デモ隊に向かって笑顔で手を振る場面も。さらに、デモ隊のすぐ隣を走る自動車が窓を開け「がんばってください」と激励もありました。参加者だけでなく街の人からも連帯を感じることができました。

翁長沖縄県知事、急逝 遺志を受け継ぎ新基地建設阻止を!

翁長沖縄県知事が8日、死去しました。沖縄に新たな米軍基地はつくらせないとの立場を貫き、基地建設のための「埋め立て承認」撤回を表明してきた中でした翁長さんのご奮闘に、心から敬意を表するとともに、ご冥福をお祈ります。

当初11月投票予定だった県知事選挙は、9月13日告示、30日投票で実施されることとなりました。私たちは、この知事選挙で、翁長知事の遺志を受け継ぐ新基地建設阻止の立場を貫く候補者を、何としても当選させなければなりません。そのための闘いの体制を、作り出さなければなりません。8日投票の統一地方選を含めて、この8月から9月は、沖縄県民の新基地建設反対の闘いの正念場をむかえています。その勝利のために、平和委員会の仲間が、全力を挙げることが求められます。

愛知県平和委員会は、11日の理事会で代表派遣60人、募金100万円を目標として、とりくみを強めようと確認しました。力を合わせて、翁長知事の遺志をうけつぐたたかいを行いましょう。

沖縄から山城さんを招いて集会を開催

辺野古に新基地はつくらせない!

7/21 東別院会館ホール

7月21日戦争させない1000人委員会は、沖縄県平和運動センター議長の山城博治さんを招いて東別院会館ホールで「辺野古新基地建設反対 山城さんらの裁判勝利7・21集会」を開催しました。平和委員会もこの集会に賛同し、参加しました。
第1部では、「歌と音楽『つなげよう民衆の力を』」として、東海歌舞団文芸同東海支部舞踊部、わしたユンタクまいふなエーサーとして、浜盛重則さんなどの歌と演奏、出前ユニットぽこあぽこの演奏が行われ、沖縄の想いに心を寄せました。

第2部は、山城博治さんによる講演です。8月埋め立てに抗い、8月6日~11日まで辺野古での行動参加者を強め、11日の集会を3万人規模で成功させたい。翁長知事の「撤回」の力も弾みにして、16日から第2の座り込みを成功させたい。安倍に屈しない象徴として辺野古のたたかいを成功させよう。辺野古の埋め立てがはじまれば、2000人、3000人規模で警備隊が強められるだろう。今は、全国のそして愛知県警の隊員は、沖縄県警に潜り込んでやっている、巧妙だ。土砂搬入2100万トンで10トントラック210万台分のとんでもない数。そのうち1700万トンは、県外からとなり貴重な自然の生態系を破壊する問題につながる。こんなことを許さないたたかいをしようと呼びかけます。

最後に沖縄戦の苦しみから立ち上がり、現在観光客1000万人となりかつてない経済発展を遂げている。新基地建設反対は経済発展のために、また平和で安心した関係があってこそ、アジアの経済エネルギーを入れこむことが可能となる。これは沖縄経済界のロマンでもある。アメとムチのアメを乗り越えていく力になる。そして、平和発進の島となる。そのためには、外国語大学も必要になり、語学ができる青年がたくさん生み出すことができれば、交流が大きく発展するでしょう。いまきびしい戦いだが、きびしいときこそ夢を持ちたい。そんなたたかいをしましょうと訴えました。

前名護市長・稲嶺進さんが愛知に!

県内2か所で交流会を開催

◎半田市

7/14 アイプラザ半田

名古屋での開催に先立つ7月14日、アイプラザ半田で行われた「稲嶺進前名護市長との交流のつどい」には、主催者の予想を上回る150人が参加しました。

発言の内容は名古屋の「つどい」と重複しますので省略しますが、何よりも稲嶺さんがはつらつとしていたことにうれしさと安堵を覚えています。名護市長選の開票結果に憔悴し切った様子を目の当たりにした者としては、沖縄県知事選に向けて翁長雄志知事の体調にまで言及する稲嶺さんに心強さを感じた次第です。

「全ては未来の子どものために、未来の名護市のために」―稲嶺さんの発言からはその覚悟のほどとともに、環境と経験が人間を形づくるものだと思いました。(松下)

 

◎名古屋市

7/15 名古屋市教育センター

愛知県平和委員会は15日、安保破棄実行委員会とともに名古屋市教育センター講堂で「沖縄とつながろう!知事を守って、辺野古を止めよう 稲嶺進前名護市長との交流のつどい」を開催し、480人が集まりました。つどいには18の民主団体・労働組合、地域の団体が賛同し、ともにとりくみました。

開会あいさつで高橋理事長は、米朝会談など朝鮮半島情勢に触れて、軍事的圧力から平和的手段による外交の変化は、後戻りのない強固なものとなりつつあると話しました。

つどいは、沖縄県平和資料館が募集した詞で昨年、最優秀賞を受賞した「みるく世がやゆら」を名古屋青年合唱団が合唱するなど、稲嶺さんを歓迎しました。

講演で稲嶺さんは、「8年間新基地建設を許さない立場でしっかり守ってきた。美謝川の水路変更など行政府の長として権限を行使してきた」と切り出します。「日本政府に当事者能力がない」として、保育園に部品の落下、小学校に窓枠が落ちた問題を紹介し、「米軍に対して何も言えない」、それどころか小学校グランドで米軍機が上空を飛ぶと「退避」連絡が入り、小学生を移動させる。この約6か月で600回。「どこから、誰を守るのか?」と厳しく問いかけます。

「埋立承認願書」の撤回については、慎重に翁長知事が準備をしている。「例えば8月17日埋立を予定している浅瀬は、本来大浦湾から埋め立てることになっており、明らかな工法変更になる。こういった事実を積み重ね、承認撤回に踏み切る」として、「辺野古を止めるためには知事が継続されなければならない。ぜひ支援を強めてほしい」と話しました。

最後に、8月11日沖縄県民大会、沖縄県知事選挙勝利への支援・連帯活動が確認され集会を終えました。