沖縄支援」タグアーカイブ

辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋 毎回広がりを感じる

3/21 泡盛王国

3月21日の春分の日、「第16回辺野古新基地建設反対コンサート㏌名古屋」を開催しました。

雨のため栄広場ではなく、泡盛王国での開催となりました。参加者は出演者を含めて約120名、名古屋青年合唱団が20名以上の初出演。全体で17組が出演し、辺野古への思いを共有できたコンサートになりました。

コンサートの名前の末尾に「㏌名古屋」と付けたのは、全国で「㏌東京」「㏌大阪」という風に同じようなコンサートが広がってほしいという思いからです。

私は、2014年9月に初めてキャンプシュワブのゲート前を訪れ、その後しばらくは毎月一回はゲート前に通い、そこに集まる人たちの話を聞き、米軍基地の現実を見て、沖縄の戦後の歴史を知り、名古屋でも何かできないかと思うようになりました。ある時、座り込んでいろんな人がスピーチする中で、「沖縄では8割が辺野古に反対なのに、本土ではなぜ安倍政権を選んでいるのか」と言われとても恥ずかしく思いました。自分にできるのはコンサートだと思い、場所を探し、友人に相談していた時、4年前の2015年4月、当時の中谷防衛大臣が「7月には工事を始める」と言ったのを聞いて、すぐにやらなければと思って実行委員を募集し、その年の5月13日に第1回を開催しました。辺野古の状況はどんどん変わっていくので、3か月に1回開催することにしました。

あれから4年。このコンサートを通じてたくさんの市民運動の人たちや、これまで全く知らなかったミュージシャンたちと出会いました。私自身も初めて市民運動に加わり、集会やデモに参加するようになりました。ただ歌うだけでなく、それを実践していくことが重要だと感じています。小さな活動ですが、毎回広がりを感じています。出演してくれたみなさんに集会やデモにも参加してほしい、そして参加された人の一人でも多くの人が辺野古の座り込みに参加してほしいと思って続けています。

「辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋」事務局神戸郁夫

沖縄の声をみんなのものに 犬山で沖縄の集い

3/10 犬山市南部公民館

雨が降る中、3月10日(日)に、犬山市南部公民館で、犬山革新懇主催の「沖縄の声をみんなのものに」が開催され100人が参加しました。

はじめに、金澤事務室長のあいさつの後、『デニーが勝った』(藤本幸久・影山あさ子共同監督作品)が上映されました。昨年、沖縄の翁長雄志前知事の遺志を引き継いだ玉城デニーさんが、官邸総がかりの攻勢をはねのけ、相手候補に大差をつけて勝利をしたというドキュメント映画です。ものすごく元気なおばあと選挙結果が出て、デニーと一緒にみんなでカチャーシーを踊る場面が印象に残りました。

ついで、「沖縄県知事選挙と県民投票結果を振りかえる」と題して、命どぅ宝・あいち事務局長の新城正男さんのお話しがありました。

翁長候補が「建白書(オスプレイの配備撤回・米軍普天間基地の閉鎖撤去と県内移設の断念)」実現を公約に掲げて大差で初当選したこと。昨年、7月27日に辺野古埋め立て承認の撤回をしたこと。8月8日に急逝され、翁長知事の遺志が県民と玉城デニー新知事に受け継がれたこと。辺野古建設の埋めたての賛否を問う県民投票で民意が示されても、一顧だにしない安倍政権。21世紀のビジョンは沖縄をアジアの懸け橋にするために、市民と立憲野党の共同が広がる新しい情勢の下、戦争する国にするのか、憲法を活かす国にするのかが問われます。これから行われる選挙に勝利しましょうと結ばれました。

なんで、おそらからおちてくるの? 宜野湾・緑ヶ丘保育園の恐怖と理不尽

3/3 労働会館

「なんで、おそらからおちてくるの?」― 一昨年12月7日に米軍ヘリの部品が落下した沖縄宜野湾・緑ヶ丘保育園の園児の素朴な疑問です。3月2・3日、緑ヶ丘保育園の園長と2人のお母さんが愛知県にきました。3日に、県平和委員会と安保破棄実行委員会による連帯のつどいが、60人の参加で開かれています。

神谷武宏園長が映し出される映像の説明をしながら、落下事故の経過を報告しました。落下部品の重さは213グラム、大人が乗ってもへこまない屋根がへこみました。園庭まで50センチ、園庭では2、3歳児が遊んでいたといいます。落下物の真下は1歳児の部屋でした。「子どもに何もなかったからよかったでは済まない」と、お母さんたちが動きます。

米軍は自分たちの所有物であることは認めても「落としていない」と回答、日本政府も米軍のいいなりです。そして始まったメール・電話による誹謗・中傷です。神谷園長は「私たちは二重三重の被害」と憤ります。さらには政府交渉での担当者の木で鼻をくくったような対応。「本土と沖縄の子どもの命の重さは違うのか」。保護者の宮城智子さんは、「命の危険性と隣り合わせだった」と言い、「基地が生活の一部だった」と言う与那城千恵美さんは、「事故によって魔法が解けた」と語るとともに「魔法にかかっているのは日本政府、魔法を解くのは私たち」と訴えました。

このとりくみでは、2日に名古屋北、3日午前に岐阜県の各平和委員会が講演会を開催しました。この間に各学習会で集めた募金と本集会で集めた5万5994円を緑ヶ丘保育園の闘争資金として手渡しました。

私たちのいる場所で声を広げたい  名古屋北平和委員会

3/2 北区わかばの里

沖縄宜野湾市の緑ヶ丘保育園の園長先生とお母さんを招いての学習会。名古屋北平和委員会、名古屋市職員平和委員会の共催で、3月2日の夕方に北区内で行い、45名の参加がありました。

「なんでおそらからおちてくるの?」子どもたちの素朴な疑問です。空から落ちてくるのは雨だけでいい、ただそのことを実現するため、署名を集め、行政に陳情する、やむにやまれず動き始めたお母さん、お父さんたち。多くの方はこれまで基地の存在に疑問を持っていませんでした。

沖縄の空を我がもののように飛ぶ米軍のヘリコプターや戦闘機。本来決められたコースだけを飛んでほしい、コースからはずれて飛行している証拠の動画を見せても、防衛省や外務省の若い役人たちは、あなたたちはどこの国の役人なのかと思わせるほど酷い対応です。民主主義が機能しないこの国への憤りが爆発。子どもたちを守ることができるまで、運動を続ける決意。

緑ヶ丘保育園へのヘリコプターからの落下については、米軍が落下を認めていないことから、こともあろうに保育園に対して、「自作自演」とかの心無いバッシングが行なわれました。ほとんど本土からです。

辺野古新基地建設反対では何度も沖縄の民意が示されました。今度は、本土の私たちが、私たちのたっているこの場所で、沖縄の問題は日本全体の問題として訴え続けていかなければならないと強く決意した学習会でした。

「高江訴訟」第8回口頭弁論 平和的生存権は全ての人権の基礎

2/7 報告集会

「平和的生存権は全ての人権の基礎にあるもの、沖縄で適用されてもしかるべき」―2月7日に開かれた「沖縄高江への愛知県警機動隊派遣違法訴訟」の第8回口頭弁論で、中谷雄二弁護士は原告代理人として、ヘリパッド建設に反対する住民による座り込みなどの行動の正当性を主張しました。

「1953年、伊江島では米軍軍用地拡大のための強制接収が、銃剣とブルドーザーによって進められた」と訴えるのは、伊江島出身の原告、小山初子さんです。小山さんは、F35Bやオスプレイが飛び交う現在の伊江島で、牛の成長が妨げられ、子どもが怯えて寝られない状況が高江と重なると述べました。「沖縄の子どもたちに穏やかな環境で育ってほしい」の発言に傍聴席から拍手が起こります。

被告(愛知県)側の「住民らの座り込みは違法」とする準備書面に対して、長谷川一裕弁護士が「高江住民の行為は止むに止まれず行われたもので、犯罪視されるものではない」と反論しました。「米国追随、米軍優先の姿勢こそ批判されるべき」と、政府を糾弾します。

この日も、100人を超える原告・サポーターが傍聴に参加、入廷できない人もでる状態です。口頭弁論冒頭には冨田篤史弁護士が、高江ヘリパッドを使って訓練を繰り返すオスプレイの危険性と被害の実態を告発しています。弁護団長の大脇雅子弁護士は、この日の法廷を「弁護団の攻めの総力戦」と表現しました。

「私たちと一緒に辺野古新基地を止めて」元抗議船長が講演

沖縄・辺野古の抗議船の元船長で、現在は浜のテントで来訪者の案内をしている相馬由里さんの講演が、1月21日、名古屋市立大学滝子キャンパスの教室でありました。主催は、てぃだぬふぁ名古屋と名市大大学院人間文化研究科阪井研究室。

「私の大好きな海が壊され、私の住む沖縄に新たな基地が造られる」―スキューバダイビングがやりたくて沖縄に移住した相馬さんは、米軍基地に苦しむ沖縄の現実を目のあたりにして、辺野古新基地反対の運動に身を投じました。写真パネルやパワーポイントを使って、沖縄の海の美しさとそれを破壊する工事の現状を赤裸々に語ります。

海上保安官から「女船長は来るな」の恫喝、抗議船に乗り込んでキーを抜かれそうになるなど、ありきたりの説明ではない体験からの話は生々しい。「工事そのものも違法なら、過積載など違法ダンプがわが物顔で走る」と口惜しさをにじませる一方で、「日本中、世界中の応援に勇気づけられている」と笑みを浮かべます。

「その内あきらめるだろう」で進む工事強行ですが、全工事の0.7%、土砂投入全体の0.4%にすぎません。元の美しい海に戻すのに十分話し合うのです。相?さんは言います。「きれいな大浦湾を見に来てください。私たちと一緒に辺野古新基地を止めてください」。元は介護福祉士の相?さん、「基地建設を止めたら、再び介護の仕事をやりたい」。どこまでもさわやかです。

沖縄の現実を学ぶ「子どもたちを守って」 ~沖縄宜野湾市・緑ヶ丘保育園・米軍部品落下から1年~

沖縄県宜野湾市(人口9万7千人)のど真ん中にある普天間基地。周辺には学校、市役所など公共施設が120カ所をかぞえます。普天間基地は、事故(1972年以降で137回)をくり返すなど、県民の命と暮らしを脅かしています。
2017年12月には、隣接する緑ヶ丘保育園に米軍ヘリから部品が落下し、子どもたちの命が脅かされています。このような事態に米軍は、部品落下の事実さえ認めない態度です。このような無法な態度をとる根底に、日米安全保障条約と日米地位協定が米軍に治外法権的特権を与えている実態があり、私たち日本の主権にかかわる大問題です。
今回は、緑ヶ丘保育園の園長と園児のお母さん2名が来県しこのような切実な実態を訴えます。ぜひともご参加ください。

●日時 
3月3日(日)13時30分~
●場所
労働会館本館2階(1・2・3)会議室
●資料代 500円
●募金
「チーム緑ヶ丘」の活動を支えるカンパも呼びかけます

沖縄県民投票勝利で新基地建設にストップを! 現地支援ツアーと支援募金を訴えます

2018年9月の沖縄県知事選挙で玉城デニー氏が圧倒的な差をつけて当選したにもかかわらず、安倍政権は、行政不服審査法を悪用して、辺野古の工事を強行しています。しかし工事予定地の大浦湾側の海底に熱い層の軟弱地盤の存在が明らかになり、玉城知事が工法変更を認めないため工事本格化の見通しは立っていません。

2月14日告示、24日投票で沖縄県民投票が行われます。県民投票への不参加を明言していた5市も参加の方向ですすんでいるとの報道もあり、県民の総意を示す大切な場所になろうとしています。このとりくみの成功は、度重なる選挙結果などを無視し続ける安倍政権に対して、「辺野古新基地建設ノー」の民意を直接突きつけ、言い逃れを許さない力となります。そして、「戦争する国」へ暴走する安倍政権への確実な痛打となるとりくみです。

沖縄県民投票に勝利し、新基地建設をストップさせるため現地支援ツアーに行きましょう。

【派遣期間】
①2/13~16②2/20~23(これ以外の日程なども事務局にご相談ください)
派遣期間は、那覇市内の事務所を拠点に県民投票の支援行動。基地見学も行います。
【費用】
航空機費用2万1000円程度、宿泊費用1泊7000円程度、その他、食費など。

呼びかけ 愛知県平和委員会
連絡先TEL 052(931)0070・FAX052(933)3249

青年・学生部 沖縄県知事選挙報告会を開催

10/26 民主会館

青年・学生部は10月26日「沖縄県知事選挙報告会」を開催し10名が参加しました。

沖縄県知選挙(9月30日投開票)では「辺野古新基地建設反対」を公約に掲げた玉城デニー氏が、過去最多得票の約39万6千票を獲得し当選しました。この選挙支援に派遣された4名から報告がありました。

職場の若手3人で選挙支援に参加したという女性は、9月17日に県庁前で行われていた翁長前県知事の追悼集会に遭遇したことについて「青年主催で驚いた。若い人にも翁長さんが愛されていたと感じた」と今回の選挙では、ネットやSNSの活用など青年の活躍が目立っていたと報告しました。

「沖縄のために何かしたい」と自治労連から選挙支援ツアーに参加した保育士は、9月22日に新都心公園で開催され、約八千人が集まった「玉城デニー うまんちゅ大集会」に参加し「翁長雄志前沖縄県知事の妻・樹子さんの話は涙なしでは聞けなかった。参加できてよかった」と熱く語りました。

初めての選挙支援となった大学院生は、投票日の棄権防止の電話かけで結果発表前にもかかわらず相手から『おめでとう』と言われるなど、温かい街の人の声に励まされた様子を紹介しました。
参加者からは「米軍基地はどこにもいらないという世論を日本中に広げたい」「基地の実態を自分の目で見るために、沖縄ツアーを計画したい」などの感想がありました。

沖縄県知事選挙勝利! ご協力いただいたみなさんにお礼申し上げます

派遣41人、募金135万円

那覇市 統一連事務所 第4グループ参加者

9月30日投票で行われた沖縄県知事選挙は、「オール沖縄」勢力が推す玉城デニー氏が、安倍政権丸抱えの佐喜真氏に8万票の大差をつけて勝利しました。前回知事選の翁長氏の票を約3万6千票上回る39万6632票を獲得しました。

今回の選挙結果は、安倍首相による官邸主導の「勝利の方程式」(①自公維新の共同、②争点隠し、③期日前投票など)を打ち破る側面を持っています。前回宜野湾市長選挙に始まり、今年2月の名護市長選挙では稲嶺前市長が敗北するに至っていました。それだけに、これを乗り越えた勝利は大きな意味を持ちます。

那覇市内9月

また、辺野古新基地建設のたたかいでも大きな展望を生み出しました。埋立承認撤回をした沖縄県ですが、安倍政権はこれを打ち消す裁判を行う計画を企てています。一方で、埋め立てに関わって、①海底地盤の軟弱性、②活断層の発見、③高度制限に関わる公共の建物が存在するなど、工事方法の変更が余儀なくされていますが、その権限は県知事にあります。新基地建設反対を掲げる玉城氏の当選で新基地建設は行きづまっています。

愛知県平和委員会は、沖縄県知事選挙に全力でとりくみました。とりわけ、新基地建設をはじめとする問題を「沖縄問題」とせず、日本の主権にかかわる私たち自身のたたかいと位置付けてきました。県知事選挙の目標を代表派遣60人、募金目標100万円として行動し、11のグループで41人(のべ43人)を沖縄へ送り出し、募金135万円が集まりました。急きょのとりくみでしたので、当初の予定を変更して参加できた方、残念ながら参加できなかった方と見えましたが、これまで以上に多くの方からご協力を得ることができました。本当にありがとうございました。

那覇市 統一連事務所 第7、8グループ参加者

今回は、13日の告示の日にも宣伝活動を名古屋市の栄、金山、北区で行い、また東海共同印刷の朝礼に福島常任理事が訴えをしています。平和委支援ツアーに参加した地域のとりくみとも連帯しました。知多半島では、決起集会に50人が集まり、派遣20人以上、募金100万円。尾張旭市では、決起集会に24人、派遣6人などの行動が広がりました。

また、労働組合では愛労連、自治労連をはじめ7人が派遣。革新愛知の会では、12人派遣、募金30万円などそれぞれの団体でも行われました。

知事選挙後のたたかいは、重要な時期を迎えます。前段でもふれたように、政府は埋立承認撤回について裁判を行い、公権力によって政権の望む判決を導き出そうとしています。その結果を踏まえ、浅瀬側の埋め立て土砂搬入を行うことが予想されます。これを許さない裁判のたたかいは、全国の世論こそ重要となっています。引き続き①辺野古署名、②裁判への支援活動、③沖縄、基地、安保の学習と対話を広げることを呼びかけるものです。

安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会

この国は首相のものではない!

9月19日久屋公園で、安保法制廃止!辺野古の新基地建設許さない!9・19市民大集会が開かれ、650人が参加しました。

安保法制強行採決から3年となる今回は、オープニングで板谷信彦さん、デモへの送り出しは、神戸郁夫さん、そして特別ゲストに沖縄・平和を歌うシンガーソングライター川口真由美さんを迎え、歌の力をいかんなく発揮した集会でした。

長峯信彦愛大教授の主催者挨拶、沖縄・原発・非正規雇用についての発言、そして川口真由美さんの歌。この力強い歌声は、発言にあったようないろいろな闘いのなかで、人々を励まし続けていくと思いました。

安保法制違憲訴訟の会あいちの下澤悦男さんは、安保法制違憲訴訟に全国21の裁判所で24の訴訟に7200人が原告になっている(9月19日現在22裁判所で25訴訟・原告7516人)ことを紹介して、東海・愛知では8月2日名古屋地裁に、2次訴訟をおこしたことを紹介して、法定内外で連帯して戦おうと呼びかけました。

本秀紀名古屋大学法科大学院教授は、世論調査で改憲を望んでいる国民は数%。安倍首相の下での改憲に反対が賛成を2倍の割合で上回っている。安倍首相に改憲を発議する資格はないのに改憲を強行しようとするのは、自衛隊という名前であっても「軍隊」として正々堂々と海外に行くためだと指摘しました。

最後に中谷雄二弁護士が「この国は安倍のものではない。主権者のものだ」と呼びかけてデモに出発しました。一緒に参加した川口さんの歌声は、遠くまで聞こえ道行く人々の心にも響いたと思います。