ねらわれる中高生、エスカレートする自衛官募集

自衛官募集パンフ

「平和を仕事に」?

職場体験 自衛隊は、自治体・学校などを通じて募集活動を活発化させ、名古屋市金山駅、豊橋駅など主要各駅で「平和を仕事に」(愛知では一部の自治体が自衛隊と共同し、リーフレットを作成)と募集・宣伝が行われています。学校現場では、進路・生活指導の中で自衛官募集が行われ、県立高校では募集ポスター掲示は97%、私立高校名門野球部による体験入隊も行われています。とりわけ中学生に対する自衛隊の「職場体験」、適齢者情報に基づく個人宅訪問などもはじまっており見過ごすことのできない事態が進んでいます。しかし事前に情報を得たところでは、自治体主催の基地見学会を中止(愛西市)に追い込む、中学生「職場体験」に自衛隊参入とりやめを約束(岩倉市教育委)など、実践的な成果もすでに勝ち取っています。

← 愛知の軍事情報のページへ戻る