ノーモア被爆者訴訟」タグアーカイブ

被爆2世・3世の集い 被爆の影響が親から子へ、子から孫へ

2/2 名古屋都市センター

愛知県原水爆被災者の会(愛友会)被爆2世部会による「被爆2世・3世交流と連帯の集い」が、2月2日、名古屋都市センターに被爆者4人、被爆2世11人を含む31人が参加して開かれました。

司会の2世部会世話人杉戸孝さんは冒頭、「被爆自体もさることながら、その後の人生が大変だった」と母親の苦痛を振りかえり、「親の体験を引き継ぐだけでなく、私たち自身が当事者として考えなくてはならない」と、被爆2世の思いを語ります。

「集い」では、全国3417人(愛知県186人)から回答が寄せられた「全国被爆2世実態調査」(中間報告)について報告が行われました。78・8%が被爆2世として意識し、60・3%の人が「健康や放射能の影響」に不安や悩みを感じています。「私の孫(4世)が小児がんで手術と放射線治療を終えたが、再発を含め放射線の副作用が心配」――愛知県内の集約にある記述回答です。被爆者の影響が親から子へ、子から孫へ、更にはひ孫へと、また何十年にもわたって現れる恐ろしさを改めて感じます。

報告に先立って、河田昌東さん(チェルノブイリ・救援・中部)が「放射能被曝の遺伝的影響」と題した記念講演を行いました。チェルノブイリ原発事故(1986年)の放射能が日本にも及んでいたこと、日本の科学技術庁も認識していたこと、そして福島原発事故(2011年)、河田さんは原発事故後の初期対応、調査・分析・記録・情報公開の重要性を訴えます。

愛友会新春のつどい 最高裁判決、NPTなど語られる

1/18 桜花会館

1月18日(土)桜華会館で、愛友会新春のつどいが開かれました。

被爆者支援ネットの長尾忠昭さんは、高井さんのノーモア・ヒバクシャ訴訟が最高裁で審理があると、支援を訴えました。県原水協理事長で愛友会相談役の沢田昭二さんがイギリスの被爆者裁判に証人として出て、証言したこと、また内部被ばくの研究をしていることを報告されました。
最高齢の被爆者が話された新年の抱負では、1年間元気で来年が迎えられるように努力していることを話されました。食欲はあり、スムージーを毎日飲んで、散歩して、ストレスをためずに生活していることが報告されました。

世界大会INニューヨークに被団協の代表として参加する大村さんは、大会の意義とカンパを訴えました。続いて「原爆許すまじ」の全員合唱で、元気よく声を出してみえました。

閉会あいさつに立った金本さんは、被爆者はかなり高齢になり、長生きすることが重要であると強調されました。最後に記念写真を撮りました。

ノーモアヒバクシャ訴訟・最高裁弁論 2月25日判決へ 日本国民みんなの問題

1/21 東京・最高裁判所前

原爆症認定を求めるノーモア・ヒバクシャ訴訟の上告審の弁論が、1月21日、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)で行われました。この裁判は、愛知(高井ツタエさん)と広島では高裁で勝訴し、残念ながら長崎では敗訴した裁判の上告審です。高裁で異なった判断を統一するために弁論が開催され、判決が2月25日15時に指定されています。

原爆症認定には、「放射線起因性」と「要医療性」という2つの要件がありますが、国は今回の3つの事件では放射線起因性は争わず、要医療性が問題となっています(原爆が原因で病気になっていることは認められているのです)。

原爆症を発症した被爆者に対して、「経過観察」をするだけで「要医療性」が認められるかどうか。国は、積極的な治療行為を行っていないと「要医療性」はないと主張していますが、放射線の影響で発症する疾病については未解明な部分が多いのが特徴です。医師が継続的にかつ適切に「経過観察」を行いながら被爆者を見守ることは、被爆者医療の中核といえます。また、要件を厳密にそして狭く解釈することは、国家補償的な性格を有する被爆者援護法に反しています。

今回の裁判は、もっとおおきな意義があると思います。日本の最高裁が、被爆の実相に目を向け、被爆者に寄り添った判断を下すかどうかが問われており、被爆者全員の問題、日本国民みんなの問題であると思います。核兵器廃絶に向けて国の姿勢を問うことになる、そんな裁判だと思います。

高井さんは、「法廷で、被爆者への差別に苦しみ、亡くなった夫にも被爆者であることを伝えられず、苦しんできたこと。多くの被爆者が健康被害に苦しみ、子や孫へも影響しないかと不安を抱えている。被爆者を助ける判断を下してください。原爆のような残酷な兵器が二度と使われることなく、世界からなくしてほしい。そのことが原爆によって命を奪われ、健康を奪われ、生活を奪われた被爆者の苦しみに報いることになる」と訴えました。

被爆者はげますつどい 1月21日最高裁陳述に向けて

12/21 イーブルなごや

12月21日、あいち被爆者支援ネットワーク主催の被爆者をはげますつどいが行われました。はげますつどいは、被爆者と支援者が昼食を取りながら被爆体験を聞いたり、要望を聞いたり、またどういった支援が必要になってくるのか懇談したりと、これからの被爆者支援に大きな力となるつどいです。今年は、被爆者10名、支援者32名が参加し、毎年平和学習として被爆体験を聞いている東邦高校の生徒2名も参加してくれました。

来年1月21日に最高裁でノーモアヒバクシャ訴訟の弁論が行われることもあり、愛知弁護団の伊藤弁護士が、これまで被爆者が原爆症の認定を求めて闘ってきた経過と、ノーモアヒバクシャ訴訟の持つ意味を話し、原告の高井さんからも決意の一言が語られました。

昼食を食べながらの懇談では、愛友会の事務局長の水野秋恵さんが「これまで私は積極的に被爆体験を話していなかったが、弟(愛友会会長の恩田明彦さん)が亡くなり、私も話せるうちにきちんと話しておきたいという気持ちになった」と自身の体験を話してくれました。また、被爆者支援のありかたは、高齢化で独居、老老介護などのケースも多く、公的な支援もきちんと受けていない場合もあるので住んでいる地域での支援が重要になっているとの話もありました。