ブルーインパルス」タグアーカイブ

ブルーインパルス曲技飛行は航空法違反 不起訴処分不服申し立てに151人

11/19 司法記者クラブ

航空自衛隊小牧基地周辺に住む住民などでつくる、「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」は11月19日、2017年3月に開催した航空祭でブルーインパルスが許可を得ずに曲技飛行などをしたとして、航空法違反と告発し、名古屋地検が不起訴処分としたことに、処分は不当として周辺住民151人が検察審査会に審査申し立てを行いました。

申し立て文では、ローアングルテイクオフ、チェンジオーバーターン及びダブルナイフエッジが「曲技飛行」にあたるかについて嫌疑不十分とした名古屋地検は、「国土交通省と防衛省との覚書で「曲技飛行」は「見張りと回避動作が困難な飛行」とされているが、上記各飛行は、回避動作の困難性が全くないとはいえないが、困難であると言い切ることはできない、白であるということはできず灰色であるが、嫌疑が十分とはいえない」とのことでした。申し立てでは「しかし、ローアングルテイクオフは、離陸を行う場合などではない。最低安全高度以下の超低空飛行を行っており、航空法81条に違反する。また、航空法等の規定、趣旨からすれば、ローアングルテイクオフ、チェンジオーバーターン及びダブルナイフエッジは曲技飛行といえ、航空法91条1項に違反する」と主張しています。

名古屋北法律事務所の長谷川弁護士は「告発後の航空祭では私たちの指摘した曲技飛行について、小牧基地は行うことができてこなかった。私たちの指摘が注目されている」と話し、愛知県平和委員会矢野事務局長は、「国交省と防衛省の覚書によって、法律が無視されることはあってはならないことだ。きちんと審議してほしい」と話しました。春日井市に住む吉良さんは「人口密集地で事故が起これば取り返しがつかなくなる。そのような航空法の趣旨に沿ってほしい」と訴えました。

安倍改憲を許すな!ストップF35戦闘機!あつまろう!小牧平和県民集会に

小牧平和県民集会でアピール

安倍政権による「戦争する国づくり」は、トランプ政権と一体に一気に加速しています。防衛大綱の見直しと中期防衛力整備計画によって、護衛艦いずもの空母化、イージス・アショアの配備、長距離巡航ミサイルの配備、F35戦闘機147機の購入など、「専守防衛」と無縁の軍拡がすすめられています。

その中心的な役割を担うのが、F35の最終組み立て・整備拠点化の問題です。今年4月、青森県沖での墜落事故は、周辺住民に衝撃を与えました。実行委員会が行ったアンケートでは、「最近、軍用機の騒音の変化を感じる」に73%、「周辺住民に詳しい説明が必要」に87%、「米軍のF35利用は中止してほしい・不安に感じる」に88%との声が寄せられています。

今年の小牧平和県民集会は、憲法9条を守り活かすこと、沖縄の辺野古基地建設反対のたたかいと連帯すること、県営空港の基地機能強化に反対することなど、安倍政権がすすめる「戦争する国づくり」に対し、これを許さない運動の総結集の場として成功させなければいけません。集会には、すでに在日米軍F35Bが配備されている山口県岩国基地から、岩国平和委員会吉岡さんからの発言を予定しています。10月6日(日)小牧市市之久田公園にぜひ結集してください。

小牧基地オープンベースで「曲技飛行」を断念に

3/2 小牧基地正門前

愛知県平和委員会は2日、空自小牧基地オープンベースの際に、「ブルーインパルスの危険な展示飛行は中止を!」と抗議のスタンディングを15人で行いました。

昨年の告発、この間の申し入れ(詳細は前号に記載)を通じて、今回は「曲技飛行」にあたるとして告発したローアングルテイクオフ、チェンジオーバーターン、ダブルナイフエッジの3つは行わないなど、2017年にとりわけ「危険」と指摘してきた飛行は影を潜めました。空中給油機による空中給油飛行も給油管を出さずに編隊飛行にとどまりました。

矢野県平和委員会事務局長は、「飛行そのものを中止させることができなかったことは残念ですが、地元3市町や住民388人による『航空法違反』と告発したことと、それによる社会的な反響が3つの飛行の中止につながった。今後も取り組みを強めていきたい」と話しています。

小牧平和県民集会 実行委員会が申入れ

小牧平和県民集会実行委員会は12月14日、米軍岩国基地所属の戦闘機とKC130輸送機が墜落した事故について、小牧基地所属の同型機KC130輸送機による空中給油訓練中止などを求め申し入れを行いました。

要請団は、「小牧基地の保有機の数は?」「空中給油訓練の頻度、高度」「日米共同訓練への参加の有無」などを問いましたが、小牧基地担当官は「運用上回答は控える」と一点張りの返答で誠実さがありません。

しかし空中給油訓練は過去、基地周辺や陸上で行わず、定められた訓練海域で行うと約束していました。そのことを問うと「調査するようにします」と述べました。要請団の一行は「2019年3月開催の小牧基地航空祭で空中給油の飛行が間違っても無いよう求めます」と重ねて要請しました。

国土交通省と防衛省に ブルーインパルスについて要請

12月17日、日本平和委員会は国土交通省と防衛省に対し、ブルーインパルスについて要請と交渉を行いました。交渉には、千坂事務局長、愛知県、奈良県から5名が参加し、本村伸子衆議院議員が同席しました。

▼小牧の飛行について
小牧基地周辺地域について、防衛省は「人口密集地域」であることを認めました。しかし、告発状で指摘した3つの飛行について、「一般論として回答する」としつつ、曲技飛行にあたらないと強弁しました。その内容は、超低空飛行した問題については「離陸時の飛行なので問題ない」と回答し、また90度以上回転した飛行についても「他機に脅威を与える飛行ではないので曲技飛行に当たらない」と回答しました。しかし、それについて法令の根拠があるか?と質問するとその場では回答できません。後日、調べて再回答すると約束になりましたが、苦しい答弁が浮き彫りになりました。

▼「曲技飛行申請」の安全措置が行われていない
申請には「安全措置」が必要となりますが、その内容は基地参観者上空での飛行回避や、機体についての安全項目があるだけで、周辺住民などへの対策は全くありません。「曲技飛行は、基地上空で演目を行うので安全だ」(防衛省)と回答しましたが、「浜松では、基地から500m離れた場所に墜落している。安全確保にならないのではないか?」と聞くと回答は防衛省からも国土交通省からもえられませんでした。

ますます矛盾点が明るみとなる要請行動となりました。

ブルーインパルス曲技飛行告発報告会

他県からも参加者、今後の運動を議論

愛知県平和委員会も加わる小牧平和県民集会実行委員会は6月23日、ブルーインパルス曲技飛行告発報告会を小牧市のラピオで開催しました。

告発状の趣旨説明を行った篠原弁護士は、2017年3月5日、小牧基地オープンベースにおいて行ったブルーインパルスの飛行は、航空法の2つの点で違法行為を行ったと指摘しました。

航空祭当日、「ローアングルテイクオフ」「チェンジオーバーターン」「ダブルナイフエッジ」の3つの飛行課目について曲技飛行を行ったと指摘したこと。また、最低安全高度以下の飛行について、対地200ft(60m)以上の高度の飛行についてしか「国土交通大臣の許可」を受けていないのに、ローアングルテイクオフという展示飛行を行う際に、地上から機体下部までの高さが2メートル弱という超低空飛行を行ったことも指摘しています。

このような曲技飛行等を行ったにもかかわらず、航空祭を開催する際に、国土交通大臣に許可申請をしなかった前小牧基地司令を、航空法91条1項及び航空法81条違反で、厳重に処罰することを求めることを具体的に報告しました。その上で、航空祭で飛行ストップさせた力として、告発以前に行ってきた署名運動、飛行を具体的に動画などに記録した調査活動、議会活動、防衛省や県そして基地への要請活動が、今回の告発と重なり合ったと指摘しました。

続いて、市川弁護士より動画を使って3つ飛行課目のどの部分が違法に当たるのかを説明。曲技飛行に当たる「横転」は、航空法に確立されていないと話しつつ、「90度以上機体を傾けている姿勢は、通常の飛行では考えられないものである」と訴えました。また、今後「不起訴の可能性」もあるが、これだけ曖昧な点がある中で私たちが2度、3度と訴えれば、内容が問題とならざるを得ないと話しました。

集会には、奈良県から事務局長の河戸さんも参加し、愛知・奈良で告発したことの重要性や今後の運動課題についても議論しました。

ブルーインパルスの展示飛行を阻止!

長年の草の根運動がついに実る

3/3 6機編隊で飛行する輸送機

ブルーインパルスの展示飛行をやめさせる会が、ブルーインパルスと前航空自衛隊小牧基地司令を告発して20日後の2月16日、小牧基地ホームページで、今年のオープンベースでは「本年はブルーインパルスの展示は実施されません」と発表されました。小牧基地や関係自治体への申し入れ、署名活動、告発。これまで3年間の運動が結実した瞬間でした。

今回の告発を通じて、住民とともに運動を広げていく重要性を感じました。ブルーインパルスの展示飛行をやめさせる会の代表は、春日井と小牧の住民代表でした。告発による委任状は短い期間でありながら388人に上りました。しかし、その数にとどまらない住民の切実な願いがあります。防衛省が総合的な判断からブルーインパルスの展示飛行の中止を決めたとのことですが、告発したことが大きな力となったことは間違いありません。この運動の成果に確信を持とうではありませんか。

一方で、引き続き、航空自衛隊小牧基地の自衛隊機の飛行に目を留めておく必要があります。オープンベースでは、C130輸送機6機が編隊飛行であるデルタフォーメーションをしたり、F2戦闘機が急旋回したり、KC767による空中給油の模擬飛行を行うなど、危険な飛行が行われました。安倍政権が戦争する国づくりを進める中、小牧基地の訓練も激化しています。今後も住民の命、暮らし守るため、頑張ってまいります。

 

平和憲法下で作られた

3/3 空中給油の模擬飛行

3月3日小牧基地航空祭でブルーインパルスの飛行がストップしました。これまで中止を求めてきた、世論と運動の結果と言えるのではないでしょうか。

これまで、地元住民をはじめ2市1町の首長が明確に反対を貫いていたことや、飛行中止の署名運動を行ってきたことも大きくかかわってきていると思います。同時に、人口密集地などの上空で曲技飛行を禁じる航空法91条を活かして、昨年2017年に行った許可申請のない曲技飛行は航空法違反!、として地元住民のみなさんなど388人が名古屋地方検察庁に告発したとりくみが、大きく影響していると言えます。

これは平和憲法の下でつくられてきた法律(航空法)によって生み出した、大きな成果と言えます。ブルーインパルスの飛行目的を自衛隊は「広報活動」と位置付けますが、この広報活動のために、周辺住民の命や安全が脅かされてきました。憲法で言う「国民主権、平和主義、基本的事件の尊重」は、航空法では「人口密集地などの上空で曲技飛行を禁じる」と記され、それは相手が自衛隊組織であっても主権者の命を守るという大原則が貫かれているということです。

いま、安倍首相による9条改憲が進められようとしていますが、あらためてこれを許さない運動が必要と感じます。

ブルーインパルスの曲技飛行は航空法違反 全国初、名古屋地検に告発状を提出

春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市の住民などでつくる、ブルーインパルスの飛行をやめさせる会は1月26日、「ブルーインパルスの曲技飛行は航空法違反」として当時の小牧基地司令などに対して、告発状を名古屋地検に提出しました。ブルーインパルスの飛行について航空法91条違反として告発する行動は、全国的に初めてのものであり、会が呼びかけてあつめた388人分の委任状が地検に提出されました。

告発状では、2017年3月5日、小牧基地オープンベースにおいて行った、ブルーインパルスの3つの飛行課目「ローアングルテイクオフ」「チェンジオーバーターン」「ダブルナイフエッジ」を具体的に曲技飛行と指摘しています。また、最低安全高度以下の飛行について、対地200ft(60m)以上の高度の飛行についてしか「国土交通大臣の許可」を受けていないのに、ローアングルテイクオフという展示飛行を行う際に、地上から機体下部までの高さが2メートル弱という超低空飛行を行ったことも指摘しています。

このような曲技飛行等を行ったのもかかわらず、航空祭を開催する際に、国土交通大臣に許可申請をしなかった前小牧基地司令を、航空法91条1項及び航空法81条違反で、厳重に処罰することを求めることが、告発の趣旨です。

会を代表して、安達賢一郎さん(春日井市在住)は、「防衛省は、ブルーインパルスの飛行を『自衛隊の活動を知らせるため』としています。また、ブルーインパルスの飛行を楽しみにしている方も見えると思います。ただ地元住民としては、事故があった場合、その犠牲は私たちに襲いかかってくるということを、知ってほしいと思っています。1982年には浜松の航空祭で墜落事故を起こしていますが、このような悲劇を再び起こしてほしくないのです。」と語りました。

 

航空法91条

航空機は、左に掲げる空域以外の空域で国土交通省令で定める高さ以上の空域において行う場合であつて、且つ、飛行視程が国土交通省令で定める距離以上ある場合でなければ、宙返り、横転その他の国土交通省令で定める曲技飛行、 航空機の試験をする飛行又は国土交通省令で定める著しい高速の飛行(以下「曲技飛行等」という。)を行つてはならない。 但し、国土交通大臣の許可を受けた場合 は、この限りでない。
一  人又は家屋の密集している地域の上空
二  航空交通管制区
三  航空交通管制圏

(曲技飛行)
航空法197条の3  
法第九十一条第一項の国土交通省令で定める曲技飛行は、宙返り、横転、反転、背面、きりもみ、ヒップストールその他航空機の姿勢の急激な変化、航空機の異常な姿勢又は航空機の速度の異常な変化を伴う一連の飛行とする。

ブルーインパルス展示飛行強行に抗議

講義活動 3/5 小牧基地正門前

3月5日、小牧基地祭において、3年連続でブルーインパルスの展示飛行が強行されました。

春日井市、小牧市、豊山町の2市1町や地元住民の反対の声を無視し、展示飛行を強行し、住民の命と暮らしを脅かした小牧基地の姿勢は、断じて許せるものではありません。
ブルーインパルスの展示飛行は12時半から約30分間行われ、昨年の6種目より大幅に増やし13種目でした。
スタートするときに、急上昇したり、低空で通常よりも早い速度で飛んでいったりしました。
昨年以上に危険な飛び方をしていて、本格的なアクロバット飛行に、少しずつ近づけられています。

小牧基地正門前では昨年と同様、抗議活動が行われ、地元住民をはじめ小牧平和県民集会実行委員会と不戦ネットワークが共同し、約30人が集まりました。
抗議行動は、「ブルーインパルスの展示飛行反対」「キケン ブルーインパルス 住民の頭上でアクロバット飛行やめて」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げて、アピールしました。
6万人余りが来場する中で、展示飛行を反対する声を届けることができました。

ブルーインパルス展示飛行反対! 関係各所への要請行動を行う

2月20日(月)、国交省・防衛省に対して要請行動を行いました。ブルーインパルスの飛行は航空法91条で禁じる、人口密集地上空での曲技飛行に当たり、違法な飛行は今すぐやめるべきだと要請しました。防衛省は、曲技飛行ではなく「編隊連携機動飛行」との主張をするものの、国交省の担当者は、「航空法には『編隊連携機動飛行』という概念は存在しない」と回答しており、自衛隊の主張を否定しました。

一方で国交省は、「ブルーインパルスの飛行は、申請に基づいて適法に行われているものと考える」と回答し、現地の状況把握すらしないで防衛省の申請手続きをいわば信用するという態度です。航空法の監督責任を放棄するようなずさんな実態が明らかになりました。

また、「曲技飛行」の申請では(小牧基地は上記の理由から申請していない)、地元の了解が得られることが必要になるのに対し、春日井市が反対していることについても、防衛省に問いただしました。その中で、2月7日に春日井市飛行場周辺対策協議会の抗議文が担当者に届いていないことも明らかになり厳重な抗議を行いました。

2月10日には、ブルーインパルスの飛行を認めないよう求める署名を愛知県へ提出。1月10日に提出した1次分と合わせ8479筆を提出しました。地元春日井市味美地域を含む多くの市民から署名が寄せられました。小牧基地がブルーインパルスについて働きかけている、春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市、北名古屋市、清須市にも、春日井市同様反対するよう申し入れしました。その中で春日井市との懇談では、小牧基地から展示飛行を検討しているが、考えを聞かせてほしい旨の働きかけがあり、当然その場で反対の意思と抗議が行なわれました。基地担当者は、持ち帰って検討するとの回答に対して、その後何もないままホームページ上で決定されたことについて、「遺憾だ」と話していました。まさに安倍暴走政治の表れであり、沖縄新基地建設の態度と変わりないと実感しました。

3月5日には、11時から基地正門前でスタンディングを行いアピールしました。

要請行動 2/20 衆議院議員会館

 

 

 

 

 

 

2月20日付けで防衛大臣宛てに提出した「ブルーインパルスの展示(曲技)飛行を認めない請願書」の要請項目

1、2017年3月「オープンベース」でブルーインパルス及び軍用機による展示飛行を行わないこと。

2、ブルーインパルスの飛行目的を明らかにしてください。

3、航空法・航空法施行規則では航空機は「飛行中動力装置のみが停止した場合に地上又は水上の人又は物件に危険を及ぼすことなく着陸できる高度」以上で飛行することが義務づけられている。展示飛行中に、動力装置のみが停止した場合に地上又は水上の人又は物件に危険を及ぼすことなくどこへ着陸するのか、明らかにしてください。

4、自衛隊機が編隊飛行を行うことができる法的根拠を明らかにしてください。

5、他の航空機との飛行空域調整や安全確保の連携はどのように行っているのか、明らかにしてください。

6、2016年 3月小牧基地「オープンベース」で実施されたブルーインパルス展示飛行では、周辺自治体2市1町の反対により飛行高度とルートが制限され、実施される課目も少なくなったと、ホームページで発表されているが、制限の具体的な内容を明らかにしてください。

7、2016年3月小牧基地「オープンベース」において、防衛省・自衛隊小牧基地から申請された内容と申請と許可の書類を明らかにしてください。

8、2016年3月小牧基地「オープンベース」において、「曲技飛行」についての、申請の有無、許可の有無を明らかにしてください。また提出していない場合、どのような根拠化を明らかにしてください。

9、「編隊連携機動飛行」の定義と内容を明らかにしてください。また「曲技飛行」との違いを明らかにしてください。

10、航空法施行規則197条の3では、「国土交通省令で定める曲技飛行は、宙返り、横転、反転、背面、きりもみ、ヒップストールその他航空機の姿勢の急激な変化、航空機の異常な姿勢又は航空機の速度の異常な変化を伴う一連の飛行とする」とされています。

①「曲技飛行」にあたる、ブルーインパルスの飛行課目を明らかにしてください。また「曲技飛行」にあたらない、飛行課目を明らかにしてください。

②2016年3月小牧基地「オープンベース」でのブルーインパルスの飛行では、デルタ―ローパス、スワンローパス、グランドクロスローパス、ポイントスター、サクラとレベルキューピットの6課目が行われました。この6課目は、「曲技飛行」に該当しますか。

③航空法施行規則197条の3で言う横転については、一般的に、横転は「ロール」と呼ばれ、航空機の機体を左右に傾ける運動のことをさすといわれています。これが横転となるならば、ブルーインパルスのすべての飛行がこれにあたると考えますが、いかがでしょうか。

11、ブルーインパルスは、これまでに幾度となく事故を繰り返してきました。合計6回(8機)も墜落等の事故を起こしており、展示(曲技)飛行や密集して飛行する編隊飛行がいかに危険かということをまざまざと示しています。墜落を含む重大事故についての具体的な安全対策を明らかにしてください。

12、これまで地元住民、周辺2市1町の首長は、ブルーインパルスの飛行を反対してきました。2月7日春日井市飛行場周辺対策協議会が、中止を求め申し入れを行っています。これら地元住民の反対の意思を無視して、これまで飛行を強行していますが、その理由をお聞かせください。