沖縄支援」タグアーカイブ

高江訴訟判決 原告の請求をことごとく棄却

3/18 名古屋地裁前

「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする」――法廷に響いた裁判長の言葉はこれのみ。あまりのあっけなさに、傍聴席の人々は顔を見合わせるばかりでした。
 
3月18日に名古屋地裁で開かれた「高江への愛知県警機動隊派遣違法訴訟」の判決言い渡しは、折りからの新型コロナの影響から傍聴席数が極端に制限され、26人のみが傍聴するという異例の状況で行われました。本訴訟は、沖縄・高江の北部訓練場ヘリパッド工事に対する反対住民の排除のために愛知県警機動隊を派遣したことが警察法違反であるとして、愛知県民206人が提訴したもので、派遣決定の違法性・派遣の実態の違法性・県警本部長の専決の故意または重大な過失などについて争われたものです。
 
閉廷後の記者会見・報告集会で明らかにされた判決文は、資料を含め82ページに及びます。長谷川一裕弁護団事務局長が「原告の請求をことごとく棄却」と言い表す判決の内容は、①都道府県警察が主体の原則を踏み外した警察庁主導の派遣要請を「事前通知は沖縄県警への援助を円滑にするため」とし、②検問・写真撮影、テント・車両の撤去、抗議住民の排除など警察の違法活動には、道路交通法違反が威力業務妨害をあげて正当化、③平和的生存権・環境権・抵抗権については、「抽象的なもので具体的な権利ではない」と切り捨て、④愛知県警本部長の専決による派遣決定には、「異例または重要な案件」であるかどうかの点で原告の主張を一部認めたものの、公安委員会での事後報告で異論がなかったことをもって承認されたものとする――となっています。
 
判決に対して、大脇雅子弁護団長は「背筋が凍るような権力的判決」と憤り、中谷雄二弁護士は「住民がたたかわざるを得ない必然性に何ら触れていない」と糾弾。具志堅邦子原告代表は「極めて空しい判決。沖縄と本土をつなぐたたかいは始まったばかり。決してあきらめない」と決意を新たにしました。
 
判決後に発表された「弁護団・原告団共同声明」は、「沖縄県民の基本的人権が侵害され続け、日本国憲法の平和主義が脅かされている現実に対して配慮を払った形跡がみじんもない」と判決を批判し、「速やかに控訴の手続きをとり、名古屋高等裁判所での新たなたたかいに臨む」と今後の展望を示しています。更にヘリパッド撤去・新基地建設阻止のためには「世論に広く訴え、政治を変える以外に道はない」と訴え、「引き続き、基地の無い平和な沖縄をめざす沖縄県民と連帯してたたかう」決意表明を明らかにしました。

青年学生・日本平和大会報告会 自分の目で見て学ぶことが重要

12/21 労働会館

青年・学生部は、12月21日「日本平和大会IN沖縄報告会」を行い、平和大会に参加した3人の学生が報告しました。

日本平和大会は11月8~9日、全国から約1100人の参加で開催されました。愛知からは3人の学生を含む27人が参加しました。

初めて沖縄を訪れた男子学生は、辺野古新基地建設で一致団結しているオール沖縄の存在を知り「基地NOは県民の意思だ。沖縄で起こっていることは、日本の問題。つまり私たちの問題だ」と話しました。

8月の原水爆禁止世界大会に参加し、自分の目で見て学ぶことの重要性を感じたことで平和大会の参加を決めた女子学生は、「沖縄のことを本土で話してほしい。また沖縄に来てほしい」と現地の人から説明を受けたことが印象的だったと述べました。

教員志望の学生は、平和大会参加後に平和教育に関するアンケートを学内で実施したことを報告しました。平和教育で取り上げたい話題を問うたところ(複数回答有)、46人中13人が「沖縄の基地問題」と答えたことに「予想より沖縄の基地問題が浸透していて驚いた」と話しました。

その後、参加者で沖縄連帯のために「愛知県でできること」について議論しました。若者を中心に流行している「タピオカの話をするような気軽さで辺野古の話をしたい」、沖縄県では、米軍機の爆音や落下物により、市民の生活が脅かされている報告に触れ「自分たちの生活に対する痛みを出発点に小牧基地の見学に行く」などの意見がだされました。

日本平和大会・沖縄に1100人 愛知から青年2人、学生3人を含む27人

11/9 沖縄県庁前

11月8、9日、沖縄県で開催された日本平和大会に全国から約650人など1100人が参加しました。辺野古新基地建設・安倍改憲・「海外で戦争する国づくり」の阻止、オール沖縄に学んで市民と野党の共闘の前進・発展で安倍政権を退陣に追い込もうと、学び討論し確認し合いました。
愛知県からは学生3人、青年2人を含む、代表27人が参加(目標40人)しました。大会全体として①沖縄の実態が全土に広がりその矛盾が大きくなっていること、②辺野古の新基地建設は、軟弱地盤の問題性など建設は不可能といってもいい状況であることなどを、現地調査や各分科会などを通じて深めました。

平和大会に向けて、安保・基地の問題を広めようと、8月小牧集会学習会、9月地位協定問題で布施祐仁氏、10月に地位協定米軍基地問題で小泉親司氏の講演会、また、昭和区、一宮、尾張旭市、緑区、あま東部、港区、守山区で学習会を開催し、安倍改憲の根本に安保があることを学び広げてきました。

これらを通じて6人の方から入会4人、新聞購読4部増やすことができました。30代の青年は「沖縄のことは関心を寄せていましたが、実態を見てそのひどさを目の当たりにしました。実態を見ていくことが大切ですね」と入会しました。今後の安保・基地の問題を日常的に広めていきましょう。

分科会報告 特別企画

辺野古新基地建設阻止と普天間基地撤去の分科会に参加しました。
分科会の報告者は稲嶺進・加藤裕・中村司さんの3人。最初に稲嶺さんが発言し「辺野古は非暴力でたたかい続けてきた。大浦湾側は超軟弱地盤と90㍍もの深さで、全く埋立てはできない。市の権限である美謝川の流路変更も建設派の市長でもできない。辺野古新基地建設は普天間基地を返す前提ではない。政府は真実抜きに政治的なすり替えに終始してきた」と厳しく国の姿勢を批判しました。

いつも温和でキャンプ・シュワブの座り込み現場で指揮を執っている沖縄統一連代表の中村司さんは、辺野古と大浦湾はラムサール条約で保護されている貴重な自然である問題を強調しました。
加藤弁護士は、「三権分立」のはずなのに、翁長知事が埋め立て承認取消処分を行って以来続く国と裁判所の動きの不自然さ(癒着?)を指摘して、「法の支配が崩れている。最高裁も含めて『おかしい』と声をあげてほしい」と語りました。

参加者の感想

参加学生からの感想

私が沖縄に行くのは今回で4回目でした。それまでの3回は私にとって観光が目的で、沖縄の基地問題に自分から関わろうとするのは今回が初めてです。美しい海や島を見て回り、文化を体験して沖縄が好きになった私だからこそ、当事者意識をもち、多くを学ぶんだという気持ちで今回の沖縄ツアーに参加しました。ツアーのなかで一番印象に残ったのは、若い世代、そして次の世代にどうにか伝えようとする沖縄の人たちの姿でした。辺野古の座り込みテントで、現地の方の「本当に毎年、いや毎月でも沖縄に来て現地のことを知ってほしい」と私たちに訴えていた姿が忘れられません。そして、私たちの思いやり予算で整備したという米軍基地に挟まれた道路を車で通ったとき、「私も同世代、次の世代に伝えなければ」という気持ちでいっぱいになりました。 今後私は「皆に当事者として平和問題と出会わせる」という新しい柱とともに、平和教育に携わるために学びたいです。
(県内大学3年生)


平和大会 参加学生の感想

私が今回沖縄での平和大会に参加して一番強く感じたことは、基地問題は他人ごとではないということです。今までも基地問題には関心があり、自分事としてとらえるべきことだと考えてはいたのですが、基地問題と自分の生活が結びつくことはありませんでした。開会総会の時、「わが町を出撃拠点にしない」と、全国で頑張る人々の活動が紹介されました。その時、私の住んでいる県の航空自衛隊基地で、米軍の戦闘機が組み立てられることになっているという話を思い出しました。「米軍基地は全国にあるし、米軍基地でなくても戦闘機が持ち込まれたり、オスプレイや戦闘機が頭上を飛んだりする。そしてそこで事故が起こった場合、米軍によって規制線が張られ、立ち入ることも詳細を知ることもできない」そう思った時、日米地協定の下、いつどこでも日本の主権も私たちの生活も失いえるのだと感じました。沖縄の現状を目の当たりにし、「異常な日米関係」というものを改めて実感しました。自分たちの暮らしを守るために、基地問題についてもっと周りと話をしたいし、もっと学んでいきたいと思いました。(県内大学1年生)

日本平和大会 in 沖縄の成功を呼びかけます

参議院選挙は、憲法とくらしを守る市民と野党の共闘が安倍政権を支える自公勢力と対決する構図が鮮明となり、32の一人区で野党統一候補が10勝する大きな成果を生み出しました。この結果、自民党は単独過半数を割り、参議院での改憲派3分の2議席占有状況が打ち破られました。これは、安倍首相のめざす9条改憲策動に重大な打撃を与えるものとなりました。

また、沖縄で辺野古米軍新基地建設反対の民意を代表する野党統一候補が圧勝し、秋田で陸自「イージス・アショア」ミサイル基地配備反対の野党統一候補が勝利するなど、日米軍事同盟強化のための理不尽な軍事基地強化に反対する、重要な成果も生まれました。

この結果は、市民の運動を草の根からさらに広げ、市民と野党の共闘をいっそう力強く発展させるならば、安倍政権の暴走を打ち破ることができることを、力強く示しています。
参院選後、安倍首相は、任期中の改憲発議・国民投票をめざすと言明しています。さらに、米国が呼びかける、中東・ホルムズ海峡での有志連合構想に、自衛隊派兵を検討しています。こうした動きは、国民との矛盾をいっそう深め、新たな国民の共同のたたかいを呼び起こすものです。
2019年日本平和大会IN沖縄は、憲法と平和を守り、沖縄新基地建設反対、「イージス・アショア」配備反対はじめ「戦争する国づくり」に反対する運動をいっそう発展させる大会です。また、日米軍事同盟の危険性を明らかにし、米軍基地も軍事同盟もない憲法の輝く平和な日本と北東アジアの展望を明らかにする大会です。

この大会に以下を重視しましょう。
◆大会に向けて諸団体、各地域で学習パンフレットを普及し、学習運動を広げましょう。各地で沖縄県民のたたかいに連帯する行動、安保・基地強化反対の運動に取り組みを広げましょう。
◆各団体、多くの地域からの参加者組織を積極的に進めましょう。特に、青年、女性、初参加者の組織を重視し、活動の輪を広げる機会にしましょう。そして、大会で大いに学び交流し、その成果を各地に持ち帰って、運動を継続発展する力になる大会にしましょう。

愛知県代表団ツアー 

●2泊3日コース
 11月7日(木)8時10分中部国際空港集合→那覇空港へ~基地見学・戦跡巡り~那覇泊
 11月8日(金)那覇~東村高江ヘリパッド反対の連帯行動に参加~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~那覇泊
 11月9日(土)那覇市、豊見城市でシンポジウム、分科会に参加~那覇市内で閉会集会(屋外)~パレード~自由行動~那覇空港~中部空港22:15着解散

●1泊2日コース
 11月8日(金)8時10分中部国際空港集合~那覇空港11:20着~那覇発専用バス12:00発~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~2泊3日コースに合流

費用
2泊3日コース シングル71400円、ツイン65400円
1泊2日コース シングル55100円、ツイン51100円
(飛行機・宿泊朝食付き、大会参加費5000円、移動バス代8700円、事務局費2000円)
※往復航空機の時間帯変更など、事務局までご相談ください
主 催:日本平和大会愛知県実行委員会

沖縄県主催 デニー知事トークキャラバン 沖縄の声を聞き皆で考えてみませんか?

8月19日、名古屋市公会堂で沖縄県主催の「デニー知事トーキングキャラバンIN名古屋」が開催されました。アトラクションは八重山民謡保存会の皆さんによる琉球民謡で始まり、続いてデニー知事による基調講演に移りました。知事は自身の父親が沖縄に駐留していた米軍人であり、今でも顔も知らない境遇から語り始め、辺野古の新基地移転問題の原点は95年の米軍人による少女暴行事件であると指摘、翁長前知事の埋め立て承認の撤回と度重なる県民の辺野古「ノー」の民意をしっかり引き継いでいくと表明。

政府は軟弱地盤の埋め立てについて、工期も建設費用も示さず、県の指導も無視、約束の事前協議もないまま、施工方法や手順を変更して土砂投入を進めていると批判。また、県が上訴した「埋め立て承認の撤回」を国土交通省が取り消した裁決を「審判とバッター」が同じ仲間だと云い、これでは地方自治も民主主義も成り立たない問題と批判。このことを沖縄県が許せば前例になり全国へ広がる危険があると指摘しました。

昨年の全国知事会で日米地位協定を巡り抜本改定を求める提言が決議されたことに関し、沖縄の現状について、本土でも理解が広がっていると述べ、沖縄県が調査した外国の地位協定を示し、全国から「国内法を守れと米側へ要求しよう」と提起しました。そして「辺野古・日米地位協定」の問題を全ての国民が「自分事」と受け止めて欲しいと訴えました。終盤に、知事は「平和と経済」の発展を同時に推進し、誰ひとり残さない「やさしい」沖縄をめざすと決意を表明し、800人に及ぶ参加者から熱い拍手が送られました。

パネルディスカッションは「新外交イニシアチブ」の代表・猿田佐世氏がコーディネーターを務め勧められました。最初は衆院議員の近藤昭一氏が「米軍基地問題議員懇談会」会長の立場から辺野古問題に触れ、鳩山政権時代の反省も語られました。

次の中京大学総合政策学部教授の佐道明広氏から、「辺野古問題と日本の安全保障」について述べられ、国の謳う「抑止力」に疑問を呈しました。

三番目は「笹川平和財団参与・元陸上自衛隊研究本部長」の山口昇氏が「政府は国民を守る」立場から、辺野古基地建設容認の話がありました。しかし沖縄への基地の集中は問題があり、国民全体でその問題を

共有する必要性もつけ加えました。
会場からパネリストに対する質問が多く出されましたが、時間がなく一部のみの討論になり残念と思いました。

辺野古新基地とF35の問題点

安保破棄愛知県実行委員会とともに平和委員会は6月13日、学習会を名古屋駅前ウインクあいちで開催しました。学習会の講師は、安保破棄中央実行委員会の小泉親司さんです。

小泉さんは、辺野古新基地建設の矛盾と「日米同盟」の行き詰まりについて、現状を紹介しながらお話しいただきました。辺野古新基地建設をめぐる問題では、軟弱地盤の解決方法を見いだせない政府の行き詰まりはいよいよ深刻であることを指摘し、「沖縄県民と全国の連帯の力が『日米同盟』に衝撃を与えている」と話します。また、日米地位協定の問題では、先日決議された全国知事会での意見書について触れ、「憲政史上、安保史上はじめての問題」「従属国家日本の核心には安保条約と地位協定があり、そこへの「抜本改定」は、これまでなかったこと」と話します。「そこには、沖縄のみならず全国で広がった米軍基地被害の深刻さのあらわれがある」とも指摘します。

そして愛知に降りかかってくる米軍被害としては、F35戦闘機の整備拠点化の問題点を指摘。4月の墜落の背景に900を超える欠陥が指摘されていること。量産体制に入る前に爆買いをする安倍政権の異常さ。軍事費調達トップは、三菱でも川崎でもなくアメリカであり、日本軍事産業も悲鳴をあげる事態であること。などが話されました。これらを解決するうえで、市民と野党の共同が重要であることを触れ講演を締めくくりました。

辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋 毎回広がりを感じる

3/21 泡盛王国

3月21日の春分の日、「第16回辺野古新基地建設反対コンサート㏌名古屋」を開催しました。

雨のため栄広場ではなく、泡盛王国での開催となりました。参加者は出演者を含めて約120名、名古屋青年合唱団が20名以上の初出演。全体で17組が出演し、辺野古への思いを共有できたコンサートになりました。

コンサートの名前の末尾に「㏌名古屋」と付けたのは、全国で「㏌東京」「㏌大阪」という風に同じようなコンサートが広がってほしいという思いからです。

私は、2014年9月に初めてキャンプシュワブのゲート前を訪れ、その後しばらくは毎月一回はゲート前に通い、そこに集まる人たちの話を聞き、米軍基地の現実を見て、沖縄の戦後の歴史を知り、名古屋でも何かできないかと思うようになりました。ある時、座り込んでいろんな人がスピーチする中で、「沖縄では8割が辺野古に反対なのに、本土ではなぜ安倍政権を選んでいるのか」と言われとても恥ずかしく思いました。自分にできるのはコンサートだと思い、場所を探し、友人に相談していた時、4年前の2015年4月、当時の中谷防衛大臣が「7月には工事を始める」と言ったのを聞いて、すぐにやらなければと思って実行委員を募集し、その年の5月13日に第1回を開催しました。辺野古の状況はどんどん変わっていくので、3か月に1回開催することにしました。

あれから4年。このコンサートを通じてたくさんの市民運動の人たちや、これまで全く知らなかったミュージシャンたちと出会いました。私自身も初めて市民運動に加わり、集会やデモに参加するようになりました。ただ歌うだけでなく、それを実践していくことが重要だと感じています。小さな活動ですが、毎回広がりを感じています。出演してくれたみなさんに集会やデモにも参加してほしい、そして参加された人の一人でも多くの人が辺野古の座り込みに参加してほしいと思って続けています。

「辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋」事務局神戸郁夫

沖縄の声をみんなのものに 犬山で沖縄の集い

3/10 犬山市南部公民館

雨が降る中、3月10日(日)に、犬山市南部公民館で、犬山革新懇主催の「沖縄の声をみんなのものに」が開催され100人が参加しました。

はじめに、金澤事務室長のあいさつの後、『デニーが勝った』(藤本幸久・影山あさ子共同監督作品)が上映されました。昨年、沖縄の翁長雄志前知事の遺志を引き継いだ玉城デニーさんが、官邸総がかりの攻勢をはねのけ、相手候補に大差をつけて勝利をしたというドキュメント映画です。ものすごく元気なおばあと選挙結果が出て、デニーと一緒にみんなでカチャーシーを踊る場面が印象に残りました。

ついで、「沖縄県知事選挙と県民投票結果を振りかえる」と題して、命どぅ宝・あいち事務局長の新城正男さんのお話しがありました。

翁長候補が「建白書(オスプレイの配備撤回・米軍普天間基地の閉鎖撤去と県内移設の断念)」実現を公約に掲げて大差で初当選したこと。昨年、7月27日に辺野古埋め立て承認の撤回をしたこと。8月8日に急逝され、翁長知事の遺志が県民と玉城デニー新知事に受け継がれたこと。辺野古建設の埋めたての賛否を問う県民投票で民意が示されても、一顧だにしない安倍政権。21世紀のビジョンは沖縄をアジアの懸け橋にするために、市民と立憲野党の共同が広がる新しい情勢の下、戦争する国にするのか、憲法を活かす国にするのかが問われます。これから行われる選挙に勝利しましょうと結ばれました。

なんで、おそらからおちてくるの? 宜野湾・緑ヶ丘保育園の恐怖と理不尽

3/3 労働会館

「なんで、おそらからおちてくるの?」― 一昨年12月7日に米軍ヘリの部品が落下した沖縄宜野湾・緑ヶ丘保育園の園児の素朴な疑問です。3月2・3日、緑ヶ丘保育園の園長と2人のお母さんが愛知県にきました。3日に、県平和委員会と安保破棄実行委員会による連帯のつどいが、60人の参加で開かれています。

神谷武宏園長が映し出される映像の説明をしながら、落下事故の経過を報告しました。落下部品の重さは213グラム、大人が乗ってもへこまない屋根がへこみました。園庭まで50センチ、園庭では2、3歳児が遊んでいたといいます。落下物の真下は1歳児の部屋でした。「子どもに何もなかったからよかったでは済まない」と、お母さんたちが動きます。

米軍は自分たちの所有物であることは認めても「落としていない」と回答、日本政府も米軍のいいなりです。そして始まったメール・電話による誹謗・中傷です。神谷園長は「私たちは二重三重の被害」と憤ります。さらには政府交渉での担当者の木で鼻をくくったような対応。「本土と沖縄の子どもの命の重さは違うのか」。保護者の宮城智子さんは、「命の危険性と隣り合わせだった」と言い、「基地が生活の一部だった」と言う与那城千恵美さんは、「事故によって魔法が解けた」と語るとともに「魔法にかかっているのは日本政府、魔法を解くのは私たち」と訴えました。

このとりくみでは、2日に名古屋北、3日午前に岐阜県の各平和委員会が講演会を開催しました。この間に各学習会で集めた募金と本集会で集めた5万5994円を緑ヶ丘保育園の闘争資金として手渡しました。

私たちのいる場所で声を広げたい  名古屋北平和委員会

3/2 北区わかばの里

沖縄宜野湾市の緑ヶ丘保育園の園長先生とお母さんを招いての学習会。名古屋北平和委員会、名古屋市職員平和委員会の共催で、3月2日の夕方に北区内で行い、45名の参加がありました。

「なんでおそらからおちてくるの?」子どもたちの素朴な疑問です。空から落ちてくるのは雨だけでいい、ただそのことを実現するため、署名を集め、行政に陳情する、やむにやまれず動き始めたお母さん、お父さんたち。多くの方はこれまで基地の存在に疑問を持っていませんでした。

沖縄の空を我がもののように飛ぶ米軍のヘリコプターや戦闘機。本来決められたコースだけを飛んでほしい、コースからはずれて飛行している証拠の動画を見せても、防衛省や外務省の若い役人たちは、あなたたちはどこの国の役人なのかと思わせるほど酷い対応です。民主主義が機能しないこの国への憤りが爆発。子どもたちを守ることができるまで、運動を続ける決意。

緑ヶ丘保育園へのヘリコプターからの落下については、米軍が落下を認めていないことから、こともあろうに保育園に対して、「自作自演」とかの心無いバッシングが行なわれました。ほとんど本土からです。

辺野古新基地建設反対では何度も沖縄の民意が示されました。今度は、本土の私たちが、私たちのたっているこの場所で、沖縄の問題は日本全体の問題として訴え続けていかなければならないと強く決意した学習会でした。

「高江訴訟」第8回口頭弁論 平和的生存権は全ての人権の基礎

2/7 報告集会

「平和的生存権は全ての人権の基礎にあるもの、沖縄で適用されてもしかるべき」―2月7日に開かれた「沖縄高江への愛知県警機動隊派遣違法訴訟」の第8回口頭弁論で、中谷雄二弁護士は原告代理人として、ヘリパッド建設に反対する住民による座り込みなどの行動の正当性を主張しました。

「1953年、伊江島では米軍軍用地拡大のための強制接収が、銃剣とブルドーザーによって進められた」と訴えるのは、伊江島出身の原告、小山初子さんです。小山さんは、F35Bやオスプレイが飛び交う現在の伊江島で、牛の成長が妨げられ、子どもが怯えて寝られない状況が高江と重なると述べました。「沖縄の子どもたちに穏やかな環境で育ってほしい」の発言に傍聴席から拍手が起こります。

被告(愛知県)側の「住民らの座り込みは違法」とする準備書面に対して、長谷川一裕弁護士が「高江住民の行為は止むに止まれず行われたもので、犯罪視されるものではない」と反論しました。「米国追随、米軍優先の姿勢こそ批判されるべき」と、政府を糾弾します。

この日も、100人を超える原告・サポーターが傍聴に参加、入廷できない人もでる状態です。口頭弁論冒頭には冨田篤史弁護士が、高江ヘリパッドを使って訓練を繰り返すオスプレイの危険性と被害の実態を告発しています。弁護団長の大脇雅子弁護士は、この日の法廷を「弁護団の攻めの総力戦」と表現しました。