被爆者援護・連帯」タグアーカイブ

非核・平和の願いを実現する要請行動 県、市へ平和行政を強めるよう求める

11月1日愛知県平和委員会は、原水協、安保破棄県実行委員会、非核の政府を求める会とともに平和行政の充実を求め愛知県、名古屋市に要請を行いました。

①ヒバクシャ国際署名への賛同、②非核・平和の施策及び、被爆者支援・施策、③県内港湾や県営空港の軍事利用問題、④自衛官募集・職場体験などを柱に要請を行いました。

被爆者国際署名

核兵器禁止条約が国連で採択され、批准国が大きく広がっているもとでしたが、愛知県、名古屋市ともに「ヒバクシャ国際署名」に応じません。被爆者が生きているうちに核兵器廃絶の実現に力を尽くしてほしいとの私たちの要請に、「国の考え方があり、慎重な対応が必要」との回答にとどまりました。

非核・平和行政について

開設されて4年が経過する「戦争に関する資料館」では、愛知県に限っていた戦争体験を、私たちの要請に応え「被爆体験を語る会」を実施するようになり、愛友会の鬼頭さんがお話をしています。「収蔵資料展」を引き継いだ企画展は、今年度、南区、熱田区、千種区の3か所(昨年は2ヶ所)に広がり多くの県民が参観しています。
8月、金山総合駅コンコースで愛友会が開催している「原爆展」について、利用料減免などの問題も踏まえ、共催を求めた問題について名古屋市は、「内容を確認し検討していきたい」と応じました。

自衛官募集、職場体験など

自衛官募集のための住民基本台帳について、愛知県内では昨年に引き続き資料の提供を行っている自治体はありませんでした。全国では4割の自治体が個人情報の提供(18才、22才の氏名、性別、住所)を行っている中で、重要な成果といえます。一方で安倍首相による自衛官募集発言を通じて、住民基本台帳の抽出による閲覧を行っている自治体は28市町村にのぼることが明らかになりました。今年度対応を変えた名古屋市は「住民基本台帳をすべて閲覧できることは個人情報の保護の観点から問題があり、抽出に変更した」と回答しましたが、「個人情報保護と言うなら、18才と22才の市民にはプライバシーは無いのか?」との私たちの質問に、納得のいく回答はありませんでした。

F35最終組立、整備拠点

自衛隊機の墜落・試験飛行の再開に反対するよう求めたところ、「国の所管であることから、認める認めないという立場にない」、また原因究明を政府に求めるようしたところ「国の所管であることから、コメントする立場にない」と県営空港の管理の角度からしか回答が得られません。そこで知事の政策判断として反対してほしいと要請したところ、「検討していきたい」との返答でした。また、米軍の整備拠点を認めるのならば、墜落などの事故対応を示す「防災計画」をたてるよう求めたところ、「米軍機の飛来など具体的な動きがあってから」としつつ

「検討していきたい」と前向きな回答が得られました。国会では米軍F35の利用を認める答弁があることや、墜落事故が起きていることから「具体的な動きはすでに起こっている。早急に計画してほしい」と呼びかけました。

以上、例年に比べても後退している点もありましたが、平和行政についてはいくつかの前進面もあり、この点では行政と大いに力を合わせて前進させていくことが必要となっています。また愛知県については、要求を聞く姿勢に変化がありさらなる働きかけが重要となっていることを実感する要請行動でした。

被爆者支援の学習会 歴史的、構造的に、被害の全体像をとらえる

9/29 金山・都市センター

9月29日、金山都市センター会議室にてあいち被爆者支援ネットワーク主催の「被爆者支援のための学習会」が行われました。長年にわたりソーシャルワーカーとして被爆者の相談活動に携わり、現在は原爆被害者相談員の会代表を務めている三村正弘さんを講師に招き、学習と活動交流が行われました。

学習の中で三村さんは、まず自身が胎内被爆者であることに触れ、「1960年に父と母は同じ年に亡くなった。しかし、父は被爆者として、母は手帳を取得できないまま亡くなった。2012年に9歳年上の兄が執念で手帳を取得し、その兄が申請書に両親と入市をしたと書いたので、私は比較的容易に2013年に手帳を取得することができた」と話されました。

また、相談員の会の歩みについて話され、被爆者相談を行う時には、被爆者の被爆前、被爆、被爆後を「いのち」「くらし」「こころ」にわたって社会との関わりをおさえ、歴史的、構造的にとらえ、原爆被害の全体像を把握するという生活史の手法で相談を行うことが大切だと語られました。
交流では愛友会の水野さんが、「まず、被爆者一人ひとりと仲良くなってください。どんな相談があるか、どんな支援ができるかはそこから」と被爆者と支援者の信頼関係を作り上げることが大切だと話されました。

被爆者の高齢化は進み、支援の形も変わってくる中でどのような支援が望まれ何ができるのか、考えるいい機会となりました。

アメリカ・ニューヨークからの報告 国際署名を持ってニューヨークに行こう!

国連の通常見学は、1階の展示、窓からのぞく会議場と地下のショップですが、今回は事前に申し込んだ日本人職員のガイド付きのツアー(有料)に参加しました。

国連の活動は大きく分けて「平和と安全、経済・社会の発展、人権」だそうです。

大きな会議場がたくさんあり、そのロビーにはいろんな展示がしてありました、見学者のためもあるかもしれませんが会議参加者のためもあると思います。以前は私たちが集めていたアピール署名簿がケースに入れられ展示してあり私たちも宣伝の時によく話しました。(現在署名の展示はなくなっていて職員は知らないと言っていました)

現在はどんな展示がしてあるかというと平和の展示がほとんど、なかでも核兵器に関する展示が多くを占めていました。きのこ雲の大きなパネル、被爆した石像、被爆したれられて展示してあります。

衣類や溶けた瓶などがケースに入れられて展示してあります。
ワシントンにも行きました、ホワイトハウスの裏で抗議行動をするテントにも「No War」「No Nukes」の看板がいくつも掲げられていました、「Stop New U.S.Base Henoko Okinawa」と「辺野古に基地はいらない」の看板もありました。

来年のニューヨークでの世界大会・NPT再検討会議への参加要項も発表になり募集が始まりました、被爆者国際署名を持ってニューヨークに行きましょう!(

被爆者の生きているうちに核兵器の廃絶を実現したい 被爆者しのぶ集い開催される

愛知県原水爆被災者の会(愛友会)は9月20日、「被爆74周年原爆犠牲者を偲ぶつどい」を名古屋市公会堂4階ホールで開き、遺族、被爆者、平和団体代表、行政関係者ら150人が参列しました。

愛友会理事長であった恩田さんは、8月9日に亡くなられました。恩田さんは、私が、まだ平和委員会青年学生部の活動で核兵器廃絶の運動に取り組んでいた頃から存じ上げ、励まされてきた方なので、大切な被爆者がまた亡くなられたと悲しく残念でなりません。
金本弘さんが理事長代理として、主催者あいさつをされました。18年度に県内の被爆者102人が亡くなった、核をめぐる世界情勢は厳しいが、今年と来年が正念場となる、核兵器廃絶の訴えを続けようと訴えました。

愛労連の知崎議長、愛知県平和委員会の髙橋理事長らが追悼の言葉。核兵器禁止条約に背を向ける安倍政権を批判し、核兵器廃絶への決意、歴史に学ぶことの大切さを述べられました。「平和への誓い」を述べた学生は、長崎に行くまであまり被爆者のことを知らなかったが、私たち若い世代が、被爆者の遺志を受け継ぎ、核兵器のない平和な世界をつくるために全力をつくしたいと決意表明しました。

文化行事で陽影月のコンサート、参加者全員で「原爆を許すまじ」を合唱しました。
被爆者の生きているうちに核兵器の廃絶を実現したい、決意を新たにしたつどいでした。

ヒバクシャ国際署名にご協力下さい

ヒバクシャ国際署名とは

「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きているうちに何としても核兵器のない世界を実現したい」
そのような想いから、被爆者たちがヒバクシャ国際署名をはじめました。
私たちは2020年までに、世界中で数億の署名を集めることを目標としています。

 

オンラインの署名はこちら→

 

 

 

署名用紙ダウンロード

2020年NPTに向けて核兵器廃絶の世論を 原水爆禁止世界大会長崎大会開催される

8/9 長崎

被爆74年の今年、原水爆禁止世界大会。ヒロシマデー集会(6日)に約1300人、ナガサキデー集会(9日)に約5000人がつどい、「被爆75年を来年にひかえ、『生きているうちに核兵器廃絶を』との被爆者の願いにこたえるため、わたしたちは全力をあげて歴史的な行動に立ち上がる」(長崎からのよびかけ) との決意を固め合いました。

今年の大会は、2017年7月7日に核兵器禁止条約が採択されて3回目の大会。大会直前の7月31日にセントビンセント・グレナディーンが、大会中の8月6日にボリビアが批准し、批准国が発効に必要な50カ国の半数に達しました。オーストリアの代表は、国際条約の批准としては早い方だと語ります。来年のNPT再検討会議にあたっては、原水爆禁止世界大会㏌NYをはじめとする国際共同行動が呼びかけられます。

8/7 長崎市・愛知県代表団会議

国内的には、市民連合の代表があいさつをし、立憲民主党の副代表から連帯メッセージが寄せられるなど、核兵器禁止条約の批准を市民と野党の共通政策とする機運も盛り上がってきています。
これらをすすめる力はヒバクシャ国際署名。毎月の69行動をはじめ、草の根の運動をいっそう広げていきましょう。

核兵器廃絶フォーラム

今年のフォーラムは、来年のNPT再検討会議に合わせて準備されている原水爆禁止世界大会㏌NYの成功に向けた運動がキーワードでした。提唱者の国際平和ビューローのライナーブラウンさんは、気候変動などあらゆる社会運動と連帯して参加を組織していくこと、また、ヨーロッパをはじめ世界では、さまざまな環境運動に多くの若者が参加し始めており、そうした若者たちに運動に参加してもらうことを強調しました。

日韓関係が緊張する中で参加した韓国の代表は、被爆者の声を世界に広げることを強調し、その中で韓国の被爆者が果たす役割も紹介しました。

また、核兵器禁止条約を実効させるためには、各国で批准するよう国内で働きかけることも呼びかけられました。唯一の戦争被爆国であるにもかかわらず政府が批准に背をむけている日本代表は「参議院選挙では、憲法改正をねらう勢力が議席の3分の2を占めることができなかった。これは、日本の市民運動と野党が生み出した結果であり、安倍政権はかならず、市民と野党の共闘で追い込めることを示した。この力に依拠して、核兵器禁止条約を批准させていきたい」と語りました。

分科会1 草の根の運動

分科会1では、草の根の運動を中心に、各地域の代表と海外代表が交流しました。被爆体験、屋久島の初めての平和行進、神奈川の平和行進の3本が特別報告として行われました。屋久島では、「シュプレヒコールは怖い」との声を反映したという報告がありました。神奈川の平和行進ではやさしいアピールの仕方を工夫する中で、ママさんがベビーカーで多数参加するなど広範な人の共感を呼んでいます。優しい言葉で主張を先頭に掲げ、ピースコールや歌がメインのアピールにした報告が相次ぎました。海外代表も問題意識についての交流で旺盛に討論に参加しました。

第一回の世界大会と平和行進から参加している90歳の被爆者の方からは、「今年は付き添いに来てもらって参加することが出来た。来年は参加できるかどうか…」と話されましたが、会場から「100歳を超える方が平和行進を歩かれた。まだ大丈夫ですので頑張って下さい。」と声が掛かり、お互いを励ますことになりました。

第一分科会は、「平和行進について集中して討論」「草の根運動は、創造的で工夫、工夫の連続」「2020年を大きな転換点にするための活動が始まっている」「諦めないということが学べる」分科会でした。

非核・平和の東北アジアと運動の役割

参加者は152人であり、米国「平和・軍縮・共通安全保障キャンペーン」のジョゼフ・ガーソン議長、韓国「社会進歩連帯」のキム・ジンヨン政策・教育局長、日本原水協の川田忠明全国担当常任理事からの提言を受け、討論・交流しました

最初に分科会運営責任者から、国際会議宣言の東北アジア情勢にふれた部分を念頭にこの分科会を進めたいとの提案がありました。国際会議宣言から「米朝関係正常化というシンガポール共同声明(2018年)を誠実に実行すべきである。すべての関係国に、武力による威嚇や挑発を厳に慎み、平和解決への努力をさらに強めることを求める」「深刻化する日韓関係の改善のためには、政経分離の原則にもとづき、侵略と植民地支配の歴史の直視と反省に立った理性的な対応が求められる」などを述べて提案されました。

川田忠明さんの問題提起は、日本政府の外交政策が破綻していると指摘し、北朝鮮に対して軍事ではなく、憲法9条を生かした外交が必要だと指摘。「日朝平壌宣言に基づいて話し合うことが大事だ。被爆国として核兵器禁止条約に参加すれば、大きな役割を果たすことができる」との提起でした。

討論の中で、韓国での日本製品不買運動に対する韓国内の意見対立を反映した意見が交わされる場面もありました。そこで感じたのは、自分の意見を述べる重要性とともに、日本国内で反核平和問題での活発な討論を起こさねばと思いました。

2020年NPT会議を核兵器廃絶の転換点へ 世界大会成功させよう

今年の世界大会は、2020年NPTを前にして行われます。

4月に行われた、NPT会議準備委員会では、核保有5か国が共同声明を発表し、「核兵器禁止条約に反対である」と敵意をあらわにしました。一方で同会議議長は、核兵器廃絶の「明確な約束」を実行するよう求める勧告を発表しているように世界の多数の国が核兵器禁止条約を認める立場であることが明らかになっています。

今年の世界大会には、同条約推進国のオーストリア、メキシコ、キューバの政府代表が参加します。また、大統領選挙候補者の最優先課題に「核兵器廃絶の交渉開始」をと全米市長会議が決議した米国。NATO加盟国で核廃絶の運動を広めるイギリス、ドイツ、スペインなど多彩です。NPT会議に合わせ、「世界大会ニューヨーク」が米市民運動から提唱。核廃絶、被爆者援護連帯を目標に世界的行動として取り組まれるのは画期的です。世界大会成功をめざし、代表派遣、署名、原爆パネル展などを広めましょう。

2019年世界大会・愛知県代表団参加要綱

●世界大会-国際会議 8月3日(土)-5日(月)広島市文化交流会館
*8月 3日(土)  14:00-19:00     開会総会/全体会議
 4日(日)   9:30-18:00     世界大会・国際会議・全体会議/分科会
 5日(月)  10:00-11:30     世界大会・国際会議・閉会総会
●世界大会-広島 8月5日(月)-6日(火)
*8月 5日(月)
18:30-20:30    市民と海外代表の交流集会(広島市文化交流会館)
*8月 6日(火)
8:00- 8:45   広島市平和記念式典=広島市主催(広島平和公園)
13:00-15:30 原水爆禁止2019年世界大会・広島(広島県立総合体育館)
19:30-20:30    ヒロシマデーとうろう流し(基町河川公園)
●世界大会-長崎 8月7日(水)-9日(金)
*8月 7日(水)
  愛知県(長崎)代表団  中部国際空港集合:出発の1時間前、目印は「愛知県原水協小旗」
        (集合時間)(出発)   (空港着) *空港から貸切バスで移動
          6:50  7:35発〈ANA371〉― 9:00長崎着 貸し切りバスで移動
          8:00  9:00発〈ANA435〉― 10:25福岡着 貸し切りバスで移動
15:30-18:00 原水爆禁止2019年世界大会・長崎 開会総会
              ―――(長崎市民会館体育館及び文化ホール)
 18:30-      核兵器をなくす青年交流集会 (長崎市民会館体育館)
 18:10-18:50 愛知県代表団会議(長崎市民会館内)終了後宿へ
*8月 8日(木)
9:30-15:00  原水爆禁止2019年世界大会・長崎 分科会・動く分科会(長崎市内各所)
             ※フォーラム、動く分科会は時間が異なります。
 18:00-20:00    核兵器なくそう女性のつどい2019in長崎
*8月 9日(金)
10:35-11:43 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典=長崎市主催(長崎平和公園)
 10:30-13:00    原水爆禁止2019年世界大会・長崎 閉会総会
                       ―――(長崎市民会館体育館及び文化ホール)
  長崎駅付近から貸切バスで、福岡空港・長崎空港へ    
  (集合時間)   (出発)       (空港着)*中部国際空港で解散
15:00  福岡 18:30発〈ANA 3838便〉― 19:50着 
18:00  長崎 19:25発〈ANA 1056便〉― 20:45着

核兵器禁止条約2年 さらなる世論を ピースウェーブ2019 七夕宣伝

2019年7月7日、核兵器禁止条約が国連で採択されてから丸2年が経ちました。核兵器禁止条約の早期発効と核兵器廃絶のための機運を高めるための一斉アクション「Peace Wave2019」に取り組もうと、ヒバクシャ国際署名連絡会から全国に呼びかけられました。この呼びかけに全国で様々な行動が取り組まれ、愛知県内でも色々な地域で7月7日を中心に署名・宣伝行動が行われました。

ヒバクシャ国際署名を進める愛知県民の会では、7月7日に栄・三越前にて署名・宣伝行動を行いました。清須・乙女座の皆さんも一緒に宣伝を行い、栄を訪れていた人たちに核兵器廃絶を訴えました。署名と共に日本原水協が作った署名付きのチラシをポケットティッシュに入れて、700個以上を配布しました。

また、尾張旭市では6月30日に核兵器禁止条約の学習会を行い、続いて7月3日には尾張旭駅前で七夕アクションに呼応して平和の波行動が行われました。朝の9時から夕方の5時までというロングラン宣伝で、男の子が「署名用紙が欲しい」というので渡すと、停めていた車に戻り、おばあさんと自分の分の署名をしてくれたり、高校生が「学校で原爆のことを勉強した」と言って署名をしてくれたりと色々な出会いもあったようです。他にも、守山区の小幡駅前で6日に署名・宣伝行動が行われました。

2020年は、NPT再検討会議、それに合わせた世界大会IN・NYと原水爆禁止運動にとって節目の年となります。2020年に向けてヒバクシャ国際署名を大きく進めるとともに、核兵器廃絶の世論を広げていきましょう。

国民平和大行進「1歩でも2歩でも」が広げる共感

国民平和大行進は5月6日、東京夢の島を出発し5月31日静岡県からあいち平和行進として引き継がれました。全国通し行進1人、和歌山コープリレー1人、県内通し行進者20人を先頭に、被爆者も駆けつけ、核兵器廃絶・被爆者援護連帯の声高く、世界大会の成功をめざして県内の行進が始まりました。

初日の集結地点は桜が丘高校、今年は新たにブラスバンド部の演奏に迎えられ、教職員、生徒会、校長、部活など学校あげての歓迎でした。

平和行進では、自治体の協力がされています。市長や町長、議長からのメッセージが、行進団を励まします。知立市、清須市、岩倉市、愛西市、稲沢市、津島市、扶桑町などでは、市長、副市長から激励のあいさつをもらい、平和行進に参加する市長、副市長もありました。愛西市では「市長、副市長、教育長、そして全ての議員が『ヒバクシャ国際署名』にサインしました。みなさんの声が世界に届いていくのではないかと思います」と報告。扶桑町では、市長、副市長、議長、教育長など20名ほどが参加し行進団を激励するなど、自治体とともに歩む行進となりました。

名古屋集中行進では、全国通し行進者の歓迎と位置付ける、ピースアクションが若宮広場で行われました。実行委員会を代表し澤田さんがあいさつを行い、「核兵器禁止条約を大きく前進させる力は私たちの運動です」と訴えました。名古屋集中行進は、15のコースが各行政区を出発し、核兵器廃絶の声を名古屋市内すみずみに響かせました。保育園の、職員、お母さん、子どもらが主体に歩くコースなど、障がい者施設や医療施設が主体となってあるく各コースに特色があります。今年は、「スケボーの選手が平和のことをしたいと思い参加した」「核兵器廃絶の願いは一緒。参加してもいいですか?」と若い青年の飛び入り参加が各コースから報告され「1歩でも2歩でも歩きましょう」の呼びかけが大きな共感を広げています。

11日の愛知から岐阜への引き継ぎ集会では、2019年県内行進の報告が行われ、参加者7000人、署名1950筆、募金34万円、折り鶴7万7800羽、ペナント175本と報告されました。12日間平和行進の先頭で灯しつづけた「原爆の火」が、「原爆ゆるすまじ」をBGMに、「ありがとう原爆の火」と消灯していきました。

『平和新聞』を増やしつつ歩く

「被爆は私を最後に」と言い残して亡くなったビキニ水爆被害者の久保山愛吉さんと妻スズさんの心を受け継いで、平和運動に取り組んできたのが、全国通し行進者の小林和江さん。全国を歩きながら、行く先々で『平和新聞』を増やしています。

平和行進でつながった人たちに、果敢に購読を勧める姿に触発されました。日々の行進で地域の人たちに紹介してもらいながら、小林さんと一緒に声をかけていくと、面白いように読者が増えていきます。

当然といえば当然です。平和行進に参加する人たちは、平和について意識を持っているのですから。大事なのは、仲間を広げる側の意識ではないでしょうか。こうした行動に回りの人も影響を受けない訳がありません。小林さんとともに仲間づくりに参加する人も増えました。平和行進の間に、会員8名と新聞読者25名が増えています。要は、目的意識的に仲間づくりに取り組むことです。そして、いつでも、どこでも、誰にでもの姿勢が大切なのだと思います。

仲間が増えるとうれしいです。楽しいです。新しい時代に一歩近づいた気持ちになります。ただ、この経験をその場限りにすることなく、あらゆる機会にいろいろなつながりを生かして仲間づくりを広げていくことが大事です。その意味で、今年の平和行進はいい経験の場となりました。

被爆者が生きているうちに、「核兵器のない世界」実現を 愛知県原水爆被災者の会(愛友会)総会

総会終了後記念撮影 5/22 名古屋市北区

5月25日に開催され、午前中の議事では、ノーモア・ヒバクシャ愛知訴訟弁護団の樽井弁護士から、最高裁のたたかいの意義について報告がありました。長崎の松谷訴訟での最高裁決定(2000年)が、その後の原爆症認定に大きな影響を与えたことから、高井ツタエさんと広島の被爆者の上告事件の裁判勝利が、原爆症認定における要医療性の運用、厚労省の被爆者行政を、被爆の実相にそった内容にかえさせる大きな力になると話されました。つづいて平和ゼミナール出身のえいちゃんの大道芸の披露で楽しみました。

午後の総会では、まず、役員みんなが高齢となって思うどおりに動くことが困難な中でも、ヒバクシャ国際署名の推進、被爆の語り部活動、相談活動などに取り組んできたことが報告されました

活動方針では、方針のトップに「1日でも長生きするために」と提起されています。被爆体験を受け継ぎ、被爆者がいきているうちに、「核兵器のない世界」を実現したいと思います。ほんとうに被爆者の皆さんは世界の宝、長生きをしてほしいと思います。そのほか、被爆体験を残すこと、原爆犠牲者慰霊の取り組み、相談活動の充実、原爆被害の国家補償を求める取り組み、核兵器のない世界をめざす取り組み、そして、みんなが楽しく参加できる愛友会めざしてなどの方針が報告されました。今回の総会では、2世の方の発言が目立ちました。愛友会活動の平和運動全体で支えていきたいと思います。