広げたい」カテゴリーアーカイブ

平和の思いを広げたい

平和憲法守れ!核兵器廃絶!県政転換を! 各地で2019年スタート

2019年、各地域で行動をスタートさせています。愛知県知事選挙に向けて県政転換を訴えるなど、県、守山、瑞穂、天白、犬山、春日井、あま東部、豊川で精力的にとりくみをしています。各地の行動をお知らせします。

 

安倍9条改憲NO! 豊川成人式宣伝

豊川市平和委員会は高齢化が進み、なかなか思うように行動がとれない状況が続いています。私たちだけでなく多くの民主的な団体が同じような状況に置かれていると思いますが、しかしそれを嘆いているだけでは許されない現実が目の前にあります。

知事選をスタートに今年は様々な選挙が10月の市長選まで続きます。一人でも多くの平和を求める人材を議会等に送れるよう行動する必要があります。さらには改憲発議が夏にもされるかもしれません。そのような中私たち豊川市平和委員会は今できることとして長年実施してきている「成人式行動」を今年も新日本婦人の会などと協力し、あいち市民アクションのパンフ配布、安倍改憲NOの署名行動を元気に行い今年の行動をスタートさせました。

とにかく今年は腰が、足が、首が痛いなんて言っている場合ではありません。出来るところから始めていきたいと思っています。

春日井市 県知事選挙で県政転換を

春日井の宣伝行動は16日、県営名古屋空港の離発着地点にほど近い味美駅を出発点にスタートしました。F35戦闘機整備拠点化によって米軍機飛来を、県知事選挙の争点に押し上げようと位置付け行動しました。9人の参加者が騒音が激しい地域に2500枚分のチラシを全戸配布し、宣伝カーを運行させながら行動しました。

行動中にも県営空港では、戦闘機のエンジンテストが行われ、地域一帯が爆音につつまれます。対話になった飲食店の店主は、「米軍が来るなんて俺は聞いてないぞ。そんなものが来たらたいへんなことになる」と怒りをあらわにしました。冷たい風が吹く日でしたがそれを吹き飛ばす今年最初の行動となりました。

守山区 小幡駅で16人 元気にスタート

守山では、新年最初の6・9行動を1月6日小幡駅で11時15分から行いました。その前に、10時30分から平和委員会の呼びかけで県知事選挙の宣伝を行いました。県平和委員会の矢野さんと三浦さんも宣伝カーで来てくれて、全国2番目の財政力を県民の暮らしに生かされていない県政の問題とともに、三菱重工小牧南工場のF35整備拠点化で、住民の安心安全が脅かされる問題を訴えました。

6・9行動とあわせて16人の参加で、新年からにぎやかに宣伝ができました。宣伝終了後、近くの喫茶店で昼食を食べながら新年会をおこないました。
連続する3つの選挙に勝利して、安倍政治を終わらせる年にしようと、決意をかためあいました。

高蔵寺マラソン大会 市民ランナーに弾薬庫の危険性を訴える

12月9日愛知県平和委員会は、航空自衛隊弾薬庫である高蔵寺分屯地の周りを走る、マラソン大会を実行委員会とともに開催し、320名のランナーが健脚を競いました。

スポーツ連盟、労働組合や新婦人、民商などが実行委員会を重ねてきました。春日井市議会の「弾薬庫撤去決議」の実現を求める運動を強め、弾薬庫周辺45000戸規模のニュータウンへ宣伝。弾薬庫と隣り合わせの実態を明らかにしたチラシを3000枚を全戸配布するなどのとりくみを行ってきました。これらのとりくみを通じて、春日井市長から賛同メッセージが寄せられ自治体との共同もすすめています。320名の市民ランナーのほとんどは、これらの実態を知らない状況なので、パネルも展示しながら危険性と撤去の意義を訴えています。

スポーツ大会としても幅広く行おうと、小中学生の参加の呼びかけとともに、記録計測員などの要員も大学の運動部員にとりくんでもらうなど、どの集会にもないような若々しい会場となりました。

瑞穂区平和委員会 第5回総会を開催

11月17日瑞穂区平和委員会が、第5回総会を開催しました。総会に先立って、映画[憲法を武器として](恵庭事件 知られざる50年目の真実)の上映会を持ちました。一部実写映像がありますが大半は法廷ドラマで、憲法と自衛隊法の関係が鋭く問われつつも、司法が国民の生活を守るうえでの大切な役割をも示していました。暗幕代わりに農業用マルチシートを使うなどの工夫も行いました。「昔の裁判所はなんか、のどかな雰囲気があっていいな」などの感想も語られました。参加者は9人でした。

後半で総会を開催し、1年を振り返りました。名古屋市の中学校歴史教科書採択にかかわる例会開催や、平和行進あるいは3000万署名などの運動への積極的参加を確認し、夏祭り不参加の弱点も総括しました。討論の中では、区内の会員状況や、6・9行動の持ち方についての改善策などについて意見が交わされました。またこれからの1年についても、3日スタンディング、6日6・9行動、9日憲法九条、11日反原発19日反戦争法、25日年金守る、第4金曜日高校生向け宣伝に協力参加を確認しました。新入会員歓迎会が出来なかった点を反省し、懇親行事を充実させようとの議論もされました。

財政と役員体制、土井会長、三浦副会長、田中事務局長、武藤事務局の現行体制の留任を確認し閉会しました。

安保破棄愛知県実行委員会総会 安保・軍事同盟が鋭く問われる情勢のいま活動の総括と今後の方針を確認

安保破棄愛知県実行委員会は11月8日、総会を開催し加盟団体から代表が集まりました。

総会に先立ち、自由法曹団愛知支部の加藤弁護士を招いて記念講演を行い、「埋め立て承認撤回と安倍政権の取り消し訴訟について」を演題にお話しいただきました。加藤弁護士は、辺野古の新基地建設の民意に触れながら、地方自治の重要性を語りました。

加藤弁護士は地方自治について、地方における政治・行政を住民の民意を基本に、国からは独立した地方公共団体=自治体が自主的に行うことという本来のあり方とそこから逸脱する現在の安倍政権のあり方を批判しました。

8月沖縄県は埋め立て承認撤回をし、国による執行停止が決定されました。県の承認撤回に対して、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づいて国交相に審査請求と執行停止申立をしました。しかし、行政不服審査法に基づく審査請求や執行停止申し立ては、国民の権利を守るための制度であって、行政機関は利用できないという理解が一般的であり、沖縄防衛局は一般私人と同様に権利利益が奪われたとしていることは、矛盾であると強調しました。今後、辺野古への移設計画に対する賛否を問う県民投票による民意を示すことが重要であることを強調しました。

講演会後の総会では、安倍改憲がすすめられるもと、安保・軍事同盟が鋭く問われているいま、沖縄新基地建設反対として、名護市長選挙、稲嶺元市長講演会、沖縄県知事選挙にとりくみを強めたことの総括や、愛知でのF35整備拠点化を許さない運動を強めるなどの今後の方針案を加盟団体で確認し総会を終えました。

第13回空港の会総会を開催 県営名古屋空港の平和利用を実現するために

11月17日(土)、第13回空港の会総会が開かれました。約20人の参加で、目からウロコの学習、活発な議論が行われ、盛会に終わりました。

記念講演では、岐阜基地の調査活動をしている鷲見慎一さんをお招きし、「岐阜基地の現状と運動、これから」というテーマでお話しをいただきました。岐阜基地と県営名古屋空港、小牧基地、三菱重工小牧南工場は密接な関係があります。小牧基地の輸送機、三菱重工小牧南工場で最終組立されたF35が県営名古屋空港を離陸し、岐阜基地でタッチ&ゴーの訓練を行うため、県営名古屋空港を調査するだけでは分からない実態が次々と明らかになりました。岐阜基地では、輸送機のタッチ&ゴーが整地された滑走路ではなく、不整地でのタッチ&ゴーの訓練を行っている実態に、会場からは驚きの声が上がっていました。空港の会として、一度、岐阜基地周辺に足を運んでみようという方針に繋がりました。

総会では、前回総会からの空港の会の取り組みを紹介したり、県営名古屋空港をめぐる諸問題に対して、どのように取り組んでいくのかをまとめた決議案が討議されたりしました。また、今後新たな取り組みをしていくことを検討することが表明されました。
来る県知事選挙に先立ち、会として準備を進めてきた公開質問状を公表しました。県営名古屋空港の平和利用を実現していくためにも、県知事選挙で勝利し、住民の要求に応える県政を作っていく必要があります。

安倍政権の暴走をとめよう! 市民集会に500人超が参加

19日、安倍内閣の暴走をとめよう共同行動実行委員会は、久屋公園で「11・19市民集会」を開催しました。

リレートークで小林武・沖縄大学客員教授は、民意を無視して辺野古新基地建設をすすめる安倍政権を倒さなければ、沖縄の抵抗権を実現できない。全国一つになって頑張ろうと訴えました。続いて川口真由美さんらによる歌が披露され「歌で元気に。辺野古の戦いも励ましたい」と語る川口さんの力強い歌声は、感動をよび勇気づけられました。

NPO法人三千里鐡道副理事長・姜春根さんは、「今、平和のすばらしさを感じている」と南北首脳会談の進展を喜び、「国連軍と人民軍が闘い38度線で分断された。平和を願うことが罪だったが、もう南北が殺し合うことはない。更に平和が強化されていく。それを邪魔しているのは誰だ!」と力強いアピールに会場は盛り上がりました。

最後の挨拶をおこなった中谷雄二弁護士は、安倍政権を、嘘とごまかしを本当かのようにマスコミを使って国民を騙し中国や北朝鮮の脅威をあおる「オオカミ少年」と批判して、愛知県では、署名が71万2千筆集まったことを紹介し、真実の声を国民に届け、安倍政権を退陣させるまで3000万署名に取り組もうと訴えました。

500人以上が集会に参加し、栄・大津通り・矢場町へとデモ行進しました。

米軍機F35戦闘機 問題山積みの米軍機が私たちの街にやってくる

日本が購入する新型戦闘機F35(42機予定)の組立が、県営名古屋空港に隣接する三菱重工小牧南工場で始まりました。試験飛行では、すさまじい爆音が響き渡っています。
そこに加え、F35戦闘機の整備・修理拠点工場が始動しようとしています。整備の対象は、自衛隊機に留まらず、アジア太平洋地域の米軍機F35戦闘機です。私たちの住む街に、米軍機が飛来することを許していいのでしょうか。本号では、同機の問題点について特集します。

敵基地攻撃能力を高め、核兵器搭載可能な戦闘機

F35戦闘機は、敵レーダーに捉えられにくいステルス性能を保有する戦闘機で、その性能は「専守防衛」を超えた海外で戦争する能力を備えたものです。憲法9条のもと許されない戦闘機です。
また、米軍のF35戦闘機は、将来B61核爆弾の搭載も可能とされる計画で、非核三原則の日本に相いれないものです。9月26日CNNによれば、「F35戦闘機、アフガン空爆へ初実戦」と報道されています。

自治体も反対している県営空港の米軍利用

春日井市、小牧市、豊山町は、政府・防衛省に対して、米軍機の飛来のないよう求め、私たちの住む街に米軍機が来ることを反対しています。
しかし政府は、F35戦闘機の整備について、「米軍の利用などは決まっていない」と曖昧な返答をするばかりで、米軍の利用を否定していません。
政府は、2市1町の意思を尊重し、米軍機の利用はやめさせるべきです。

事故・トラブルと爆音被害が増加する!?

琉球新報17年11月より

事故や爆音による被害への懸念も強まっています。
米国防総省報告書によれば、同機について966件の欠陥を指摘しており、「未完成な戦闘機」ともいわれています。

自衛隊機向けの国産初号機初飛行直後の17年6月には、冷却系統のトラブルで県営空港に緊急着陸しています。また18年4月には、燃料を空中で投棄し、同空港に緊急着陸するという重大な事態となっています。さらに2018年9月には米国サウスカロライナでF35が墜落事故を起こしています。

また、騒音問題でも「これまでの戦闘機以上の爆音だ」という声が寄せられています。
すでに米軍機が配備されていた沖縄県嘉手納基地周辺では、騒音発生回数が大幅に拡大しています。整備拠点の本格運用が始まれば、県営空港周辺で爆音被害は避けられません。
沖縄で起きている苦しみが、私たちの地域でも起きようとしているのです。

米軍、自衛隊機をはじめアジア太平洋地域から大結集する!?

政府はすでに、自衛隊機向け42機購入を決めています。また在日米軍岩国基地所属F35戦闘機B(垂直着陸機)16機、さらには韓国軍も40機導入を決定しており、これらのF35が愛知県に大結集すれば、騒音や事故などの被害は大変大きなものになることが予想されます。

米軍が事故を起こしても手出しができない

組立てられたF35は米国の「所有・管理」のもとで試験飛行が行われています。墜落事故やトラブルが起きても、沖縄と同様に警察、消防などの事故調査や検証はいっさいできない状況になります

 

問題が起きても対応しない米国の姿勢

山口県岩国基地へ視察をしましたが、事故、爆音、今後の強化の問題で米国や米軍と対話できないということがこれまでの現状です。山口県米軍岩国基地は市民の声を聞かないばかりか接見もしない態度の為、防衛省に要請しています。

伊勢志摩サミットで愛知にオスプレイが飛来したときも、また2016年米陸軍ストライカー装甲車が名古屋港に入港したときも、米領事館へ申し入れに行きましたが、書面の受け取りも拒否され、警備員に手渡すという横暴勝手な態度です

 

住民・自治体に知らせないまま、米軍利用がすすめられている

これまでも、日本全国での米軍配備に当たっては住民に十分な情報を知らせず、すすめているのが現状です。

沖縄にオスプレイが配備されたときも、また2018年首都東京・横田基地にオスプレイが配備されたときも、情報はほとんどないまま反対の声を無視して配備が強行されています。

F35戦闘機の整備拠点はきっぱり中止するべきです。

3000万署名で改憲発議阻止 あいち1万人アクションに3000人

日本国憲法公布から72年の11月3日、「安倍9条改憲NO!3000万署名」で安倍政権の改憲発議を止めようと、東京の1万8000人、大阪での1万2000人など全国で集会・デモが取り組まれました。愛知でも、栄・矢場公園での集会・デモをはじめ、県内各地で「あいち1万人アクション」がくり広げられています。

矢場公園で行われた「アクション」は、第1部では2006年に志賀原発2号機運転差止判決を出した元金沢地裁裁判長の井戸謙一氏、第2部に慶応大学名誉教授の小林節氏をメインスピーカーに、プレ企画に500人、第1部1000人、第2部1500人ののべ3000人が参加して行われました。「みんなで語ろう」と銘打ったプレ企画では、「戦争は最大の健康破壊、人権侵害」(保険医協会)、「食事はごはんとタクワンだけ。生活保護基準の切り下げは他の基準にも影響」(反貧困ネットワーク)と、各分野の人たちが命・くらしについてトークをつなぎます。

「平和と暮らし・人権を守る」をテーマにした第1部では、井戸氏が原発問題でスピーチ。「福島以降司法は変化の兆しを見せたが、現在は福島以前に戻った」と、司法の姿勢をチクリ。「原発の安全神話・必要神話・低コスト神話がことごとく嘘であることがはっきりした」と糾弾して、「全ての原発が止まっても市民生活に影響はなかった。再生可能エネルギーも増加している」と訴えました。

「憲法9条改憲NO!」がテーマの第2部に登場した小林氏は、「安倍改憲」を「筋の悪い改憲論」とバッサリ。改憲議論で野党に代案を求める安倍首相には「代案は現在の9条を正しく使うこと」。野党にも注文をつけます。「意見が違ってもくっついている与党連合。野党も英断すべき」。その後の青年との対話の中でも、「何はさておいても9条です」ときっぱり。

1部、2部の集会の後、子育て世代が「ゆったり」、サウンドカーを先頭に「にぎやかに」、夜はキャンドル掲げて「光の行進」と、それぞれのコースに分かれて、「9条改憲NO!」をアピールしました。

「ゆったり」デモで元気にアピール

第1部集会後は、サウンドデモ、ゆったりデモが行われました。

ゆったりデモは、若いママと子どもが参加することを意識して計画されたものでしたが、残念ながら、集会会場で開催したママのブースにとどまってしまい想いは実現しませんでした。しかし参加者はみんな元気で、天気も良く家族連れなどで賑わう街を、栄までアピールして歩きました。

特に守山から持ち込んだ80センチ角程のボードに「若者を戦場におくるな」と一字々文字をいれたパネルは注目度抜群。道行く人の視線を感じて、気分よく歩きました。

「光の行進」で色とりどりのアピール

第2部集会の後は『キャンドルデモ』が行われました。2016年韓国で100万人の市民が参加し、朴槿恵大統領を退陣に追い込んだ『ろうそく革命』のようにキャンドル(ペンライト)で「憲法まもれ」の声を示そうと、約1000人が栄の街を歩きました。

日が沈み暗くなった街に色とりどりのライトが輝き、沿道から写真を撮る人が多くいました。途中、中学生のグループがプラカードとライトを受け取り行進者に向かって笑顔で手を振る姿もありました。

豊橋市平和委員会の再建準備会立ち上げと豊橋平和市民展への参加

10/20 豊橋市

豊橋市平和委員会は中心となってまとめていた方が家庭の事情で活動ができなくなってから、長い間、休眠状態でした。そのような中で、今年9月に県平和委員会から豊橋市在住の会員と読者に豊橋市平和委員会の再建のための相談会の呼びかけがありました。

9月28日、県平和委員会の三浦さん、岩月さん、会員6名が集まり、近況報告なども含め、会の再建について話し合いました。まずは準備会の立ち上げが必要ということで意見は一致しました。そしてその場で、準備会を立ち上げるにあたり目に見えることをしようということになりました。

そこで毎年、豊橋市で最大のイベントである豊橋まつりに合わせて開催され、各種団体が平和の大切さを市民に伝える場となっている「平和都市をめざそう豊橋市民展(通称、豊橋平和市民展)」に急遽、パネル展示で参加することを決めました。普天間基地に配備されたオスプレイの実態を写した写真パネルが県平和委員会にあるということでそれを借り、また辺野古基地移設反対運動のパネルも用意しました。

10月20、21日の2日間、他の団体の協力も得ながら、短い準備期間でパネル展示をすることができました。

まだ再建準備会の段階ですが平和委員会としてパネル展示ができたことは、活動休止状態から比べれば大きな前進でした。今後は沖縄知事選応援報告会を開く予定をしています。会員を増やしながら豊橋市平和委員会の再建を目指していきたいと思います。

国連軍縮週間 ど真ん中ハロウィン宣伝

10/24 名古屋市栄

国連は毎年10月24日から30日の一週間を軍縮週間と位置付けており、この間に全国各地で核兵器廃絶・平和な世界を訴える様々な行動が行われています。

愛知県でも10月27日、栄スカイル前にてど真ん中ハロウィン宣伝をヒバクシャ国際署名を進める愛知の会が行いました。

大津通りが歩行者天国だったこともあり栄の人通りは多く、原爆展パネルを道に置きながら署名・宣伝行動を行いました。核兵器禁止条約が出来てから約1年が経ち、条約に批准した国は19カ国、署名した国は60カ国となっていることを話しながら、世界は今、核兵器禁止に向かっていること、それを中心で進めているのは核兵器保有国やその同盟国ではなく非同盟国であり、その後押しをしているのは「ヒバクシャ国際署名」であることを訴えました。

栄での署名運動はなかなか立ち止まってくれる人も少なく難しいという印象がありましたが、この日は向こうから署名を書きに近寄ってきてくれる人が多くいました。核兵器禁止条約が出来てから、核兵器を無くすことが現実的になってきていると感じている人が多いのか、街頭での反応も変わってきていると感じています。

ヒバクシャ国際署名は、全国で830万筆を超えました。愛知県では183961筆集まっています。ヒバクシャ国際署名は年内に全国で1000万筆を到達しようと呼びかけられています。愛知県は年内20万筆を目標に署名を推進しています。