広げたい」カテゴリーアーカイブ

平和の思いを広げたい

辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋 毎回広がりを感じる

3/21 泡盛王国

3月21日の春分の日、「第16回辺野古新基地建設反対コンサート㏌名古屋」を開催しました。

雨のため栄広場ではなく、泡盛王国での開催となりました。参加者は出演者を含めて約120名、名古屋青年合唱団が20名以上の初出演。全体で17組が出演し、辺野古への思いを共有できたコンサートになりました。

コンサートの名前の末尾に「㏌名古屋」と付けたのは、全国で「㏌東京」「㏌大阪」という風に同じようなコンサートが広がってほしいという思いからです。

私は、2014年9月に初めてキャンプシュワブのゲート前を訪れ、その後しばらくは毎月一回はゲート前に通い、そこに集まる人たちの話を聞き、米軍基地の現実を見て、沖縄の戦後の歴史を知り、名古屋でも何かできないかと思うようになりました。ある時、座り込んでいろんな人がスピーチする中で、「沖縄では8割が辺野古に反対なのに、本土ではなぜ安倍政権を選んでいるのか」と言われとても恥ずかしく思いました。自分にできるのはコンサートだと思い、場所を探し、友人に相談していた時、4年前の2015年4月、当時の中谷防衛大臣が「7月には工事を始める」と言ったのを聞いて、すぐにやらなければと思って実行委員を募集し、その年の5月13日に第1回を開催しました。辺野古の状況はどんどん変わっていくので、3か月に1回開催することにしました。

あれから4年。このコンサートを通じてたくさんの市民運動の人たちや、これまで全く知らなかったミュージシャンたちと出会いました。私自身も初めて市民運動に加わり、集会やデモに参加するようになりました。ただ歌うだけでなく、それを実践していくことが重要だと感じています。小さな活動ですが、毎回広がりを感じています。出演してくれたみなさんに集会やデモにも参加してほしい、そして参加された人の一人でも多くの人が辺野古の座り込みに参加してほしいと思って続けています。

「辺野古新基地反対コンサート㏌名古屋」事務局神戸郁夫

信念と良心にもとづいて団結を 「武力によらない平和をめざそう」3・19集会開催

3/19 ミニスポーツ広場

安倍の暴走止めよう共同行動実行委員会は3月19日、若宮大通ミニスポーツ広場において、「改憲阻止!辺野古新基地反対!安倍退陣!」をスローガンに春の大集会&デモを開催し、400人が参加しました。

会の共同代表で、高江への愛知県機動隊派遣違法訴訟の弁護士である大脇さんは、「新基地建設反対の民意を示した沖縄県民投票の結果は憲法95条によって尊重されるべきもの」とこれを無視する安倍政権の態度を批判しました。朝鮮総連愛知県本部の李さんは、「南北会談3回、米朝会談2回、戦争を回避する平和への転換が今行われている。終戦協定と平和協定によって、日米安保の根拠が無くなるというみなさんの訴えに強く賛同したい」と話しました。名古屋北法律事務所弁護士の矢﨑さんは、朝鮮高校無償化を求める裁判に触れ、「拉致問題が解決されてない」「教育が偏る」という理由で無償化から排除する政府の姿勢は、植民地支配を反省しない態度と密接に結びついていると批判しました。共同代表の長峯さんは、「県民投票の結果を無視する安倍首相だが、市民の団結を一番恐れている。無視するのは威力があることの裏返しだ。信念と良心に基づいて団結しよう」と話しました。

参加者は、「安倍9条改憲NO!」のプラカードをもって、元気よくデモに出発。「総理大臣憲法守れ」「対話の力で平和をつくれ」「武力によらない平和をめざそう」「軍事費増やすな暮らしにまわせ」などのコールを街に響かせました。

大きな組織で大きな平和運動を 地域の草の根のとりくみが大きな力に

安倍九条改憲や沖縄辺野古新基地建設が日本の平和を脅かしています。安保条約廃棄を真正面からとりくむ平和委員会の発展・強化が今こそ求められています。地域平和委員会の活性化や再建・結成することにより、仲間づくりが進めやすくなっています。昨年7月の全国大会をめざす時期から各地を訪ね、地域平和委員会の活動を援助・相談してきました。地域平和委員会の活性化について、前号に引き続き報告します。

瑞穂区平和委員会
瑞穂区は、3つの大学と7つの高校がある文教地区であることから、例会として教育問題懇談会を開いてきました。今年は中学校全教科の教科書が新指導要綱に基づく教科書に変わり、採択する年です。2月16日に一昨年の教科書選択を描いたドキュメント「教育と愛国」を視聴して懇談する教育問題懇談会(例会)を開きました。瑞穂区平和委員会が再建され、区内の民主団体とかかわり、平和の課題を提起することができています。その中で、仲間づくりも少しですがすすんでいます。

港区平和委員会
以前は、「憲法と平和を守る港区連絡会」が団体共闘組織として活躍していましたが、会員から平和運動を統一的に進める組織が欲しいという意見があり、昨年7月6日に結成しました。平和委員会が中心となった共同のとりくみで、名古屋港の平和ツアーや沖縄報告会を実施してきました。名古屋港の戦争遺跡である被弾灯台保存を求める運動が平和委員会の活動テーマとなっています。

守山区平和委員会
組織としての活動は続けていましたが、例会や役員会を定期的に開くことが困難になっていました。1月の宣伝行動後、新年会を開き努力を始めています。
駅頭での宣伝行動は定期的に実施。また、会員の一人が守山駐屯地の一般公開など機会あるごとに調査し、その成果をもって、各地の学習会講師として活躍しています。役員会を定期的に開く予定です。

犬山平和委員会
世話人会を2カ月に1度は開いてきていました。その2カ月間の活動を総括し、今後のとりくみを相談しています。被爆者署名は他団体との共同で定期的にとりくみ、数多くの署名を集めています。

田原市平和委員会
原爆パネルと田原市の戦跡パネルとの展示を、市内全小学校区の公民館で毎月最後の金土日の3日間、実施し、昨年11月に終了しました。被爆者署名や3000万署名にとりくむ機会にもなると、考えた企画とのことです。

沖縄の声をみんなのものに 犬山で沖縄の集い

3/10 犬山市南部公民館

雨が降る中、3月10日(日)に、犬山市南部公民館で、犬山革新懇主催の「沖縄の声をみんなのものに」が開催され100人が参加しました。

はじめに、金澤事務室長のあいさつの後、『デニーが勝った』(藤本幸久・影山あさ子共同監督作品)が上映されました。昨年、沖縄の翁長雄志前知事の遺志を引き継いだ玉城デニーさんが、官邸総がかりの攻勢をはねのけ、相手候補に大差をつけて勝利をしたというドキュメント映画です。ものすごく元気なおばあと選挙結果が出て、デニーと一緒にみんなでカチャーシーを踊る場面が印象に残りました。

ついで、「沖縄県知事選挙と県民投票結果を振りかえる」と題して、命どぅ宝・あいち事務局長の新城正男さんのお話しがありました。

翁長候補が「建白書(オスプレイの配備撤回・米軍普天間基地の閉鎖撤去と県内移設の断念)」実現を公約に掲げて大差で初当選したこと。昨年、7月27日に辺野古埋め立て承認の撤回をしたこと。8月8日に急逝され、翁長知事の遺志が県民と玉城デニー新知事に受け継がれたこと。辺野古建設の埋めたての賛否を問う県民投票で民意が示されても、一顧だにしない安倍政権。21世紀のビジョンは沖縄をアジアの懸け橋にするために、市民と立憲野党の共同が広がる新しい情勢の下、戦争する国にするのか、憲法を活かす国にするのかが問われます。これから行われる選挙に勝利しましょうと結ばれました。

原発ゼロNAGOYAACTION 震災・原発事故から8年

3/9 名古屋市・栄

東日本大震災、福島原発事故から8年。3・11原発ゼロNAGOYAACTION~世界の流れは#StopNuclearPower!が3月9日栄・矢場公園にて開催されました。

会場では、老朽化原発40年廃炉訴訟のブースや愛知県原水協の「原爆と人間」パネルの展示の他にも、たこ焼きやパン、サンドイッチの店など色々と並んでいました。

集会の中では、国と東電に損害賠償請求訴訟をおこしている原発事故避難者から、避難せざるを得ない現状、そしてこうなったのは「誰のせい」なのかと会場に向けて語られ、昨年に国連の人権委員会で避難者が現状を訴えたスピーチも紹介されました。また、原発ゼロ法案を国会に提出している各党からもあいさつがありました。

集会後、矢場公園から大須に向かいデモが行われ、サウンドカーを先頭に「再稼働反対」とアピールしました。

主催者からは、「原発輸出計画はすべて頓挫し、福島の住民の被曝線量の改ざん隠ぺいが発覚、福島原発からの汚染水漏れも発覚、空間線量の誤魔化しや子どもの甲状腺がんの人数隠しなど、重ねてきた嘘がいくつもはがれ落ちてきました。世界は採算の取れない危険な原発を見放し、再生可能エネルギーへとシフトし始めています。それでもまだ、原発が次々と再稼働されようとしています。生きる環境を汚染された人々の声、健康被害に苦しむ人々の声はなかったことにされています。私たちは無用な被曝をさせられず、被曝を恐れず安心して暮らせる社会で生きていいきたいと願っています。世界と繋がり、脱原発、脱被曝の流れを私たちの手で作りましょう」と、呼びかけられています。

ビキニデー集会 全国で1000万筆の突破を

3/1 焼津駅前

被災65年今年の3・1ビキニデーは、2月28日の原水協集会には750人、3月1日のビキニデー集会には1500人が参加。ヒバクシャ国際署名の飛躍を確認し合いました。

原水協集会基調報告で日本原水協、安井事務局長はこの間の特徴点として、①ヒバクシャ国際署名の大飛躍をめざす情勢として核兵器禁止条約調印国は70ヵ国、批准国は22か国となり発効に向けた努力がすすめられている。トランプ政権は小型核弾頭の弾道ミサイル、巡航ミサイルの開発、またJNF(中距離核戦略)全廃条約からの離脱表明など核固執と条約の妨害に躍起になっている。

行動提起として、①4月末からNPT第3回準備会が国連本部で開催されるにあたり、「ヒバクシャ署名」を広げるとして全国で1000万筆以上を集める。②日本政府に禁止条約の署名・批准を迫る自治体決議を、また自治体議員に署名を広める。③集会を起点に、平和行進、世界大会を成功させるなどが呼びかけられました。

愛知からは、ビキニデー集会に100人余が参加。愛知県代表団の活動交流会では、バス1台いっぱいにしてビキニデー集会に参加した北医療生協や、「広島への子どもツアーを実施し、平和への想いをつなげている」とのコープあいちのとりくみなどが交流されました。平和委員会は、F35戦闘機整備拠点化への危険性と中止を求める運動を報告し、注目を集めました。

2/28 分科会 静岡市内

第1分科会報告

「禁止条約に参加する日本を――『ヒバクシャ国際署名』をひろげよう」をテーマに行われた第1分科会には40人が参加しました。
 運営委員の一人、長野県原水協の丸山稔事務局長による問題提起から始まります。丸山氏は、「核兵器のない世界」を求める流れが世界の本流となっているとして、その流れに逆行する核保有国とそれに付き従う日本政府を厳しく批判しました。日本政府に対しては、「禁止条約発の時、被爆国である日本がその列に加わっていないのは許されない」と憤ります。その上で、自治体ぐるみ・地域ぐるみの「いつでも・どこでも・誰でも」がとりくむ「ヒバクシャ国際署名」、保守・革新の垣根を越えた幅広い運動を提案しました。
 討論では、海外代表を含む17人が発言。「体は十分動かんけど、口だけは動く」とがんばる大阪・寝屋川の被爆者、「署名が届いたところでは署名が進む」と回覧板で署名を広げる滋賀県の経験など、「私たちもがんばらねば」の元気をもらいました。

第4分科会報告
「沖縄と連帯!9条改憲を許さず、非核平和の日本を」

全労連副議長の長尾ゆりさんが問題提起。憲法をめぐる激しいせめぎあい、正念場の2019年、安倍首相は改憲への執念をしめすも、国民は望んでいない。沖縄統一連の久手堅幸子さんが沖縄では①現場で②オール沖縄勝利の活動③街宣の3つのとりくみを一体的に進めていると報告。日本平和委員会調査研究委員の紙谷敏弘さんが「防衛大綱と中期防で大きく変わる自衛隊」を報告。

神奈川県平和委員会から、基地機能強化の実態、京都での適齢者名簿を宛名シールで自衛隊へ提供する問題を紹介。岡山平和委員会は沖縄の県民投票に連帯してシール投票にとりくみ、愛知を含めた各地でも実施した結果、辺野古基地建設は反対が多数であると紹介。そのほか沖縄に連帯した各地のとりくみが紹介されました。

3000万署名をいっぱい集めようと、時間のない子育て世代には憲法改悪による影響をコンパクトにまとめて短時間で話していることが紹介され、とりくみには学習が重要であると感じました。

愛知県原水協 定期総会

2月9日、愛知県原水協定期総会が民主会館で開かれました。総会に先立ち、非核の政府を求める愛知の会の長尾さんを講師に「愛知県内の非核平和行政について」と題し学習会が行われました。長尾さんは、非核平和行政を進めることにより、核兵器廃絶への世論と運動を高める重要性を語り、客観的には政府を大きく包囲する運動の一環となり、安保法制のもとでの戦争する国づくりを阻止すること、非核の政府を作る基盤となると話されました。

午後からの定期総会では、2020年は被爆75年、NPT再検討会議が開かれる節目の年となり、核兵器禁止条約の効力が発揮される50カ国の批准に向けても重要な局面を迎えている。その中で、ヒバクシャ国際署名の推進は大きな意義を持っている。成功させるカギは、どれだけ広い共同をつくれるかにあるとし、「共闘の時代」にふさわしい原水爆禁止運動をつくりあげていくことが必要と報告されました。

討論では、稲沢原水協から「毎年平和行政の申し入れを行っており、今年の5月には34回目の申し入れを予定している。2年、3年と続ける中でいろいろと実現してきた。続けていく事が大切。」と発言がありました。犬山市では初めて被爆者が小学校で話をした平和行進や、8月の平和の鐘つきのお知らせを広報誌に掲載されるよう申し込んでいるなど、各地域原水協からは活動報告などに加え午前中の学習会で学んだことを活かし、自治体を巻き込んで活動を広げていきたいという声が多くありました。

地域の運動の発展がカギを握る 地域組織のとりくみについて

日本平和委員会では、大きな平和運動をつくりあげるために仲間づくりと組織強化が、強調されています。この間のとりくみをつうじて、地域組織の活性化や再建・結成することにより、より多くの市民と交わりが増えることを実感しています。今、さらなる強化をめざし組織部の活動を再開しています。昨年7月の全国大会をめざす時期から各地を訪問し、地域平和委員会の活動を援助・相談してきました。この間の変化について報告します。

1/20 あま東部 しゃべり場

【あま東部平和委員会】
沖縄県知事選挙のとりくみを通じて、結びついた方に入会していただき、その会員のエネルギーと熱意によって会が活性化しています。「沖縄県知事選挙に勝たないかん。そのためにはもっと運動広げなくちゃ」と大変エネルギッシュな意見を受け止め様々な具体化をした中で、4年ぶりの例会再開や2年ぶりの「6・9行動」に結び付いています。1月20日に例会として「ピースカフェ・平和のしゃべり場」を開きましたが、非会員の方も含めて、沖縄や憲法の問題で、楽しくて熱心な意見交換がされました。初参加の方が「平和のことって大切なことがたくさんあるよね」と2名の方が入会・購読がされています。

【豊川平和委員会】
毎年の忘年会で、成人式宣伝の配布用チラシ作りと宣伝計画を検討してきました。しかし、昨年末の忘年会ではチラシを作る人が決まらないので、できませんでした。それで、今年の宣伝は「安倍9条改憲NO!あいち市民アクション」のパンフを配布しました。宣伝内容は愛知版1月25日号に掲載されています。世話人は「豊川海軍工廠跡地保存をすすめる会」の事務局を担い、平和公園のボランティアガイドも務めています。

【豊橋市平和委員会準備会】
準備会を立ち上げて、最初のとりくみは、豊橋祭りの同時開催イベントとして「平和都市をめざそう豊橋市民展」に出展しました。引き続きのとりくみとして、沖縄県知事選挙支援に参加した人を講師に報告会を開き、平和新聞読者が増えました。1月には「愛知の自衛隊はどうなっているか」として知事選挙・学習会を開催しています。

いま安倍政権の「戦争する国づくり」の危険性がどこの地域でも実感され、日米安保、沖縄、基地などを運動課題とする平和委員会の運動の必要性がしっかり受け止められています。とりわけ沖縄県知事選挙の支援に参加した人たちが地元での活動に目を向けて、地域平和委員会の活性化につながっていると感じています。

犬山 6・9行動 出会いを重ねて400回

毎月6日、いつもは夕刻に行っている6・9行動をこの1月は「成田山への初詣客があるかも・・・」と昼すぎにとりくみました。いつもと同じ名鉄犬山駅東西連絡橋です。パネルを並べ壁面も飾りました。今月の責任団体は共産党、他団体からも援軍が来ましたが、それでも6名。

お正月気分はさほど感じられないものの通行人はいつもよりゆったり気分。若い娘さん連れや若い親子づれが足をとめ、話をしながら署名する姿が目に着きました。オロナミンC(?)を買ってきて「がんばりゃあよ」と言ってくれるおばさんも来たりして・・・。署名数はちょっと少なくて57筆、カンパ500円でした。

細々とですが毎月必ず6日にととりくんでいるこの署名行動は、これでかれこれ連続400回ぐらいになるでしょうか。

外国人観光客もよく来るので時として英文署名が必要になったり、常連客(?)は「核兵器がなくなるまで書くよ」といってくれたり、いつも何かしら新しい出会いのある私たちの6・9行動です。

動けば何かが変わる あま東部平和委員会新たな一歩

1/16 甚目寺駅前

「平和について考え語らう」―あま東部平和委員会が集いを開くのは、前総会以来実に4年ぶりになります。1月20日、「今年はひと味違う活動を!」で始まった「ピースカフェ・平和のしゃべり場」を、あま市の喫茶店に8人の参加で開きました。
 冒頭、県平和委員会からかけつけた三浦副理事長があいさつ、基礎組織たる地域平和委員会が元気に活動し大きく発展することが大切と強調して、あま東部平和委員会の新たな一歩を歓迎します。

その後の自己紹介を兼ねた一言スピーチでは、参加者一人ひとりが平和への思いを語りました。九条改憲へ突き進む安倍政権、辺野古新基地建設を巡る沖縄の問題から、F35戦闘機の整備拠点化、海部東部地域が自衛隊の通り道になっていることなど、日頃の平和への思いがまるで噴き出すかのように、参加者の口をついて出ます。私たちの運動の積み重ねで行政に変化が現れていることも話されました。

今後の「集い」については、映画・音楽・講演などいろいろな分野の取り組みを定期的(毎月)に行っていくことで一致しています。後日の世話人による相談で、次回「ピースカフェ平和のしゃべり場」を2月24日(日)に開催、テーマは沖縄としました。今回の「集い」には新しい顔も見え、会員1名、平和新聞2部が増えています。

「集い」に遡る1月16日、2017年5月9日以来途絶えていた「6・9行動」も、1年8カ月ぶりに再開させることができました。この日は県平和委員会の矢野事務局長の応援もうけて、4人の参加で「ヒバクシャ国際署名」21筆が寄せられています。

動けば何かが変わる。今年、あま東部平和委員会は大きく変わります。