日本平和大会」タグアーカイブ

青年学生・日本平和大会報告会 自分の目で見て学ぶことが重要

12/21 労働会館

青年・学生部は、12月21日「日本平和大会IN沖縄報告会」を行い、平和大会に参加した3人の学生が報告しました。

日本平和大会は11月8~9日、全国から約1100人の参加で開催されました。愛知からは3人の学生を含む27人が参加しました。

初めて沖縄を訪れた男子学生は、辺野古新基地建設で一致団結しているオール沖縄の存在を知り「基地NOは県民の意思だ。沖縄で起こっていることは、日本の問題。つまり私たちの問題だ」と話しました。

8月の原水爆禁止世界大会に参加し、自分の目で見て学ぶことの重要性を感じたことで平和大会の参加を決めた女子学生は、「沖縄のことを本土で話してほしい。また沖縄に来てほしい」と現地の人から説明を受けたことが印象的だったと述べました。

教員志望の学生は、平和大会参加後に平和教育に関するアンケートを学内で実施したことを報告しました。平和教育で取り上げたい話題を問うたところ(複数回答有)、46人中13人が「沖縄の基地問題」と答えたことに「予想より沖縄の基地問題が浸透していて驚いた」と話しました。

その後、参加者で沖縄連帯のために「愛知県でできること」について議論しました。若者を中心に流行している「タピオカの話をするような気軽さで辺野古の話をしたい」、沖縄県では、米軍機の爆音や落下物により、市民の生活が脅かされている報告に触れ「自分たちの生活に対する痛みを出発点に小牧基地の見学に行く」などの意見がだされました。

日本平和大会・沖縄に1100人 愛知から青年2人、学生3人を含む27人

11/9 沖縄県庁前

11月8、9日、沖縄県で開催された日本平和大会に全国から約650人など1100人が参加しました。辺野古新基地建設・安倍改憲・「海外で戦争する国づくり」の阻止、オール沖縄に学んで市民と野党の共闘の前進・発展で安倍政権を退陣に追い込もうと、学び討論し確認し合いました。
愛知県からは学生3人、青年2人を含む、代表27人が参加(目標40人)しました。大会全体として①沖縄の実態が全土に広がりその矛盾が大きくなっていること、②辺野古の新基地建設は、軟弱地盤の問題性など建設は不可能といってもいい状況であることなどを、現地調査や各分科会などを通じて深めました。

平和大会に向けて、安保・基地の問題を広めようと、8月小牧集会学習会、9月地位協定問題で布施祐仁氏、10月に地位協定米軍基地問題で小泉親司氏の講演会、また、昭和区、一宮、尾張旭市、緑区、あま東部、港区、守山区で学習会を開催し、安倍改憲の根本に安保があることを学び広げてきました。

これらを通じて6人の方から入会4人、新聞購読4部増やすことができました。30代の青年は「沖縄のことは関心を寄せていましたが、実態を見てそのひどさを目の当たりにしました。実態を見ていくことが大切ですね」と入会しました。今後の安保・基地の問題を日常的に広めていきましょう。

分科会報告 特別企画

辺野古新基地建設阻止と普天間基地撤去の分科会に参加しました。
分科会の報告者は稲嶺進・加藤裕・中村司さんの3人。最初に稲嶺さんが発言し「辺野古は非暴力でたたかい続けてきた。大浦湾側は超軟弱地盤と90㍍もの深さで、全く埋立てはできない。市の権限である美謝川の流路変更も建設派の市長でもできない。辺野古新基地建設は普天間基地を返す前提ではない。政府は真実抜きに政治的なすり替えに終始してきた」と厳しく国の姿勢を批判しました。

いつも温和でキャンプ・シュワブの座り込み現場で指揮を執っている沖縄統一連代表の中村司さんは、辺野古と大浦湾はラムサール条約で保護されている貴重な自然である問題を強調しました。
加藤弁護士は、「三権分立」のはずなのに、翁長知事が埋め立て承認取消処分を行って以来続く国と裁判所の動きの不自然さ(癒着?)を指摘して、「法の支配が崩れている。最高裁も含めて『おかしい』と声をあげてほしい」と語りました。

参加者の感想

参加学生からの感想

私が沖縄に行くのは今回で4回目でした。それまでの3回は私にとって観光が目的で、沖縄の基地問題に自分から関わろうとするのは今回が初めてです。美しい海や島を見て回り、文化を体験して沖縄が好きになった私だからこそ、当事者意識をもち、多くを学ぶんだという気持ちで今回の沖縄ツアーに参加しました。ツアーのなかで一番印象に残ったのは、若い世代、そして次の世代にどうにか伝えようとする沖縄の人たちの姿でした。辺野古の座り込みテントで、現地の方の「本当に毎年、いや毎月でも沖縄に来て現地のことを知ってほしい」と私たちに訴えていた姿が忘れられません。そして、私たちの思いやり予算で整備したという米軍基地に挟まれた道路を車で通ったとき、「私も同世代、次の世代に伝えなければ」という気持ちでいっぱいになりました。 今後私は「皆に当事者として平和問題と出会わせる」という新しい柱とともに、平和教育に携わるために学びたいです。
(県内大学3年生)


平和大会 参加学生の感想

私が今回沖縄での平和大会に参加して一番強く感じたことは、基地問題は他人ごとではないということです。今までも基地問題には関心があり、自分事としてとらえるべきことだと考えてはいたのですが、基地問題と自分の生活が結びつくことはありませんでした。開会総会の時、「わが町を出撃拠点にしない」と、全国で頑張る人々の活動が紹介されました。その時、私の住んでいる県の航空自衛隊基地で、米軍の戦闘機が組み立てられることになっているという話を思い出しました。「米軍基地は全国にあるし、米軍基地でなくても戦闘機が持ち込まれたり、オスプレイや戦闘機が頭上を飛んだりする。そしてそこで事故が起こった場合、米軍によって規制線が張られ、立ち入ることも詳細を知ることもできない」そう思った時、日米地協定の下、いつどこでも日本の主権も私たちの生活も失いえるのだと感じました。沖縄の現状を目の当たりにし、「異常な日米関係」というものを改めて実感しました。自分たちの暮らしを守るために、基地問題についてもっと周りと話をしたいし、もっと学んでいきたいと思いました。(県内大学1年生)

日本平和大会 in 沖縄の成功を呼びかけます

参議院選挙は、憲法とくらしを守る市民と野党の共闘が安倍政権を支える自公勢力と対決する構図が鮮明となり、32の一人区で野党統一候補が10勝する大きな成果を生み出しました。この結果、自民党は単独過半数を割り、参議院での改憲派3分の2議席占有状況が打ち破られました。これは、安倍首相のめざす9条改憲策動に重大な打撃を与えるものとなりました。

また、沖縄で辺野古米軍新基地建設反対の民意を代表する野党統一候補が圧勝し、秋田で陸自「イージス・アショア」ミサイル基地配備反対の野党統一候補が勝利するなど、日米軍事同盟強化のための理不尽な軍事基地強化に反対する、重要な成果も生まれました。

この結果は、市民の運動を草の根からさらに広げ、市民と野党の共闘をいっそう力強く発展させるならば、安倍政権の暴走を打ち破ることができることを、力強く示しています。
参院選後、安倍首相は、任期中の改憲発議・国民投票をめざすと言明しています。さらに、米国が呼びかける、中東・ホルムズ海峡での有志連合構想に、自衛隊派兵を検討しています。こうした動きは、国民との矛盾をいっそう深め、新たな国民の共同のたたかいを呼び起こすものです。
2019年日本平和大会IN沖縄は、憲法と平和を守り、沖縄新基地建設反対、「イージス・アショア」配備反対はじめ「戦争する国づくり」に反対する運動をいっそう発展させる大会です。また、日米軍事同盟の危険性を明らかにし、米軍基地も軍事同盟もない憲法の輝く平和な日本と北東アジアの展望を明らかにする大会です。

この大会に以下を重視しましょう。
◆大会に向けて諸団体、各地域で学習パンフレットを普及し、学習運動を広げましょう。各地で沖縄県民のたたかいに連帯する行動、安保・基地強化反対の運動に取り組みを広げましょう。
◆各団体、多くの地域からの参加者組織を積極的に進めましょう。特に、青年、女性、初参加者の組織を重視し、活動の輪を広げる機会にしましょう。そして、大会で大いに学び交流し、その成果を各地に持ち帰って、運動を継続発展する力になる大会にしましょう。

愛知県代表団ツアー 

●2泊3日コース
 11月7日(木)8時10分中部国際空港集合→那覇空港へ~基地見学・戦跡巡り~那覇泊
 11月8日(金)那覇~東村高江ヘリパッド反対の連帯行動に参加~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~那覇泊
 11月9日(土)那覇市、豊見城市でシンポジウム、分科会に参加~那覇市内で閉会集会(屋外)~パレード~自由行動~那覇空港~中部空港22:15着解散

●1泊2日コース
 11月8日(金)8時10分中部国際空港集合~那覇空港11:20着~那覇発専用バス12:00発~辺野古新基地建設座り込み行動に参加~埋め立て状況を視察~豊見城公民館で開会集会に参加~2泊3日コースに合流

費用
2泊3日コース シングル71400円、ツイン65400円
1泊2日コース シングル55100円、ツイン51100円
(飛行機・宿泊朝食付き、大会参加費5000円、移動バス代8700円、事務局費2000円)
※往復航空機の時間帯変更など、事務局までご相談ください
主 催:日本平和大会愛知県実行委員会