働きかけたい」カテゴリーアーカイブ

社会に政治に働きかけたい

F35戦闘機墜落 飛行中止を求め申し入れ

4月10日 東海防衛支局

航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機が、同基地の東約135キロの太平洋上で同型機4機による戦闘訓練中に墜落した問題に関わり小牧平和県民集会実行委員会は4月9日、東海防衛支局に飛行中止、原因究明・再発防止などを求め申し入れを行いました。

請願書には、米国で開発された同機は、米国会計検査院の報告書(18年6月)が、「明白な欠陥」が966件あると指摘。うち110件は、機体を操縦する際に「信頼性、安全性、またはその他の重大な要求に損害を与える可能性がある」とされる第一カテゴリーに属していた。この報告書には、パイロットの酸素欠乏が6回も起きるなど、呼吸調節装置が頻繁に故障し、墜落の危険があるなどの欠陥も指摘されています。

そして①県営空港の周辺自治体、住民に原因究明、再発防止の説明を行うこと②原因究明と再発防止策が明らかにされ説明されるまでは、飛行を中止すること③三菱重工小牧南工場の同機最終組み立て及び整備拠点化の中止を求めました。矢野事務局長は、「墜落した事実は大変重い。住民の命を守ることを最優先するためには、3つの要求は最低限必要です」と要請しました。東海防衛支局の担当官は、「当面、同型機の飛行は中止します」と回答しました。

被害者は、待てない!!「名古屋提訴20年・大法院勝利判決報告集会」開催される

3/10 労働会館

原告の梁錦徳(ヤン・クムドク)さんと李敬子(イ・キョンジャ)さんが参加して、「名古屋提訴20年・大法院勝利判決報告集会」が3月10日労働会館東館ホールで開催されました。

1999年の提訴以来、ヤンさんの20年間のたたかいが韓国大法院の勝利判決に結び付きました。ヤンさんは、当時の政府や三菱重工への批判をするとともに、安倍政権への怒りを発言しました。またイさんは、1944年東南海地震で三菱重工のために犠牲となった、故チェ・ジョンレさんのご遺族です。「娘が無念で死んだのにどうして布団をかけて寝られようか」と言って、冬でも布団をかけずに過ごした故チェ・ジョンレさんのお母さんの切ない悲しみが、第3次訴訟の原告へ突き動かしました。年齢は76才になりますが、第3次訴訟は一審二審と原告が勝訴し、現在は大法院で係争中です。

被害者だけでなく被害者の遺族も高齢となり、今年になってからキム・チュンゴンさん(2月15日号掲載)をはじめ3人が、広島では5人の原告がすでに他界しており、判決の早期履行は寿命とのたたかいになっています。

韓国のキム弁護士は、裁判所の許可を得て早急に知的財産権を差し押さえて現金化するとともに、三菱重工の資産を探し出す運動を展開している事を説明し、さらに韓国外の資産の差し押さえも視野に入れて判決を完全履行させる決意を示しました。また「朝鮮女子勤労挺身隊」問題の包括的な解決のための第一歩として、被害者や遺族による集団訴訟も検討していることを明らかにしました。

今後の課題として高橋共同代表より ①株主総会までに解決を求め要請を強化②外務省と内閣府への要請強化 ③「著名人声明」の発表にとりくむ ④マスメディアの良心的記者との協力・共同をつよめる⑤国会議員への働きかけ ⑥キーマンとなる財界・議員有力者を策出する ⑦参議院選挙で安倍内閣を退陣に追い込み改憲を阻止すると提起され、「被害者の高齢化、被害事実からの年月、支援者の高齢化から考えると戦後補償解決の最終段階にきています。元気に活動しましょう」と結びました。

小牧基地オープンベースで「曲技飛行」を断念に

3/2 小牧基地正門前

愛知県平和委員会は2日、空自小牧基地オープンベースの際に、「ブルーインパルスの危険な展示飛行は中止を!」と抗議のスタンディングを15人で行いました。

昨年の告発、この間の申し入れ(詳細は前号に記載)を通じて、今回は「曲技飛行」にあたるとして告発したローアングルテイクオフ、チェンジオーバーターン、ダブルナイフエッジの3つは行わないなど、2017年にとりわけ「危険」と指摘してきた飛行は影を潜めました。空中給油機による空中給油飛行も給油管を出さずに編隊飛行にとどまりました。

矢野県平和委員会事務局長は、「飛行そのものを中止させることができなかったことは残念ですが、地元3市町や住民388人による『航空法違反』と告発したことと、それによる社会的な反響が3つの飛行の中止につながった。今後も取り組みを強めていきたい」と話しています。

「高江訴訟」第8回口頭弁論 平和的生存権は全ての人権の基礎

2/7 報告集会

「平和的生存権は全ての人権の基礎にあるもの、沖縄で適用されてもしかるべき」―2月7日に開かれた「沖縄高江への愛知県警機動隊派遣違法訴訟」の第8回口頭弁論で、中谷雄二弁護士は原告代理人として、ヘリパッド建設に反対する住民による座り込みなどの行動の正当性を主張しました。

「1953年、伊江島では米軍軍用地拡大のための強制接収が、銃剣とブルドーザーによって進められた」と訴えるのは、伊江島出身の原告、小山初子さんです。小山さんは、F35Bやオスプレイが飛び交う現在の伊江島で、牛の成長が妨げられ、子どもが怯えて寝られない状況が高江と重なると述べました。「沖縄の子どもたちに穏やかな環境で育ってほしい」の発言に傍聴席から拍手が起こります。

被告(愛知県)側の「住民らの座り込みは違法」とする準備書面に対して、長谷川一裕弁護士が「高江住民の行為は止むに止まれず行われたもので、犯罪視されるものではない」と反論しました。「米国追随、米軍優先の姿勢こそ批判されるべき」と、政府を糾弾します。

この日も、100人を超える原告・サポーターが傍聴に参加、入廷できない人もでる状態です。口頭弁論冒頭には冨田篤史弁護士が、高江ヘリパッドを使って訓練を繰り返すオスプレイの危険性と被害の実態を告発しています。弁護団長の大脇雅子弁護士は、この日の法廷を「弁護団の攻めの総力戦」と表現しました。

安保法制違憲訴訟 司法権・法曹界の責務はとりわけ大きい

2/15 愛知県弁護士会館

安保法制(戦争法)の違憲性を問う「安保法制違憲訴訟」の第2回口頭弁論が2月15日、名古屋地裁大法廷で開かれ、傍聴席いっぱいに原告・サポーターが詰めかけました。

口頭弁論では、松本篤周弁護士が、全て「原告らの意見・評価であり・・・事実の主張ではなく、争点とも関連しない」とする国側の答弁書に反論します。「違法性・判断においては、新安保法制の内部及びその憲法違反性を、侵害行為の態様・程度として検討、判断することが、必要不可欠」。その上で、安保法制の審議の手続きを「日本の民主主義制度の根幹を揺るがすもの」と批判。安保法制が「新ガイドライン」など米国の要求に応えるもので、日本が世界中で米軍を支援できる体制を作ろうとする、まさに米軍支援法であると断じました。また学者・知識人の代表的見解を紹介して「行政権と立法権が暴走するとき、司法権と法曹界の責務はとりわけ重大」と裁判官に迫ります。

原告の意見陳述に移ろうとしたその時、国側代理人が「争点と関係ない」などとして陳述不必要と発言、請求原因への認否も反論もせず、裁判に向き合わない国の不誠実さを露にしました。そんな妨害を乗り越えて陳述にたった視覚障がい者の梅尾朱美さんの発言―戦争は多くの人を新たな障がい者にするばかりでなく、障がい者に大きな苦しみをもたらすという内容は迫力があり、裁判官のみならず、国側代理人までが聞き入ったものです。

この日は、他に柄夛(からた)貞介弁護士、原告の植村和子さんが陳述を行いました。次回口頭弁論は、4月19日(金)の予定です。

愛知県知事選挙 引き続き平和政策実現へ努力を

2月3日投票の愛知県知事選挙で、県平和委員会が推薦した革新県政の会の榑松佐一候補は、オール与党勢力の推す現職の大村秀章氏を相手に、355311票(得票率16・7%)を獲得しました。

革新県政の会の政策をはじめ榑松候補の訴えは、少なくない市民からの共感を広げました。愛知県は財政力全国2位にもかかわらず、教育・医療・福祉にかける予算が全国最低レベルを長年続けています。これらの批判の中で、高校のトイレ洋式化を約束させるなど現実政治を動かしてきました。県平和委員会は、県民の命とくらしが守らる県政転換を求めて、とりくみました。県内で行われる「戦争する国づくりストップ」、自治体の平和行政充実、核兵器廃絶など平和政策をまとめ、県政転換のビジョンを示しました。とりわけ、F35戦闘機の整備拠点化の危険性、米軍の利用の問題を問いただしました。また基礎組織の推薦決議、小牧・春日井を中心とした宣伝行動を行うなどとりくみました。支持された県民のみなさま、ご奮闘いただいた基礎組織や会員のみなさまにお礼申し上げます。

1・19市民集会に500人「安倍政権から憲法守れ!」

1/19 名古屋市 栄

安倍9条改憲を止めよう! 辺野古の新基地は許さない! 安倍退陣!と銘打った市民集会が、1月19日の夕刻、矢場町光の広場にて開催されました。安倍内閣の暴走を止めよう実行委員会の主催です。神戸郁夫さんのギターと熱唱で、開会にむけ冬の広場が熱くなります。

愛知大学の長峯信彦教授が、安倍改憲阻止をと題して報告。

「安倍さんは害をなす猪のようなもの。その猪に猪を捕まえるオリの作り方を教えてもらってどうするの。ことは憲法のはなしです。権力者を拘束するのが憲法です。憲法が作られた過程は、改憲論者が言うようなアメリカの押し付けではありません。特に社会権が充実していた憲法研究会案を英訳したものが草案とされたのです。またGHQ案には、義務教育が小学校だけしかなく、この地守山の先生が中学校までとすべきだと訴えたことが実現しました。9条は誰の発案か?、時の総理幣原喜重郎説が最近有力になってきました。9条は世界と人類の未来を示す普遍的な力を持っています。

安倍さんは毎年軍事費を増やして今年はなんと5兆3千億、教育費には4兆円です。無駄な軍事費やめよう、辺野古もいらない、ぶれずにガンバロウ」。

集会には、くれまつ佐一愛知県知事候補、日本共産党本村伸子衆院議員、が参加。立憲民主党近藤昭一衆院議員からメッセージが寄せられました。

この時期としては穏やかな栄の街を、500人の参加者が宣伝カーのコールに併せ、時には自主的コールも交えながらアピールしました。今回は“安倍政権から憲法守れ!”のコールがよかったです。

安保法制違憲訴訟始まる 裁判官には憲法判断する権利と義務

「平和的生存権は、戦争の被害者となることも、戦争行為に加担することも拒否し、みずからの平和的確信に基づいて生きる権利です」―原告、サポーター、市民らで溢れた名古屋地裁大法廷に、意見陳述人の声が響きます。12月19日、安保法制違憲国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が行われました。120部用意された資料が足りない状況に、参加者の数は推して知るべしです。

訴訟の目的と訴訟の要旨が原告代理人弁護団から読み上げられた後、代理人の寺井一弘、青山邦夫両弁護士、原告で元自衛隊員の水上学さん、大学講師の寺田誠知さん、元裁判官で原告団共同代表の下澤悦夫さんが、それぞれ意見陳述を行いました。熱のこもった陳述が終わる毎に起こる拍手に廷吏が制止をしますが、傍聴席は最後まで拍手を送ります。廷吏の制止も最後にはなくなりました。

法廷で明らかにされたのが、原告側が事実に基づいて書き上げた訴状に対して、被告である国側が「原告の意見・評価であって、認否はしない」と答弁書で述べていることです。下澤さんの「裁判官には、安保法制の憲法判断をする権利と義務がある」との陳述が、裁判官に迫ります。次回法廷は、2月15日の予定です。

小牧平和県民集会 実行委員会が申入れ

小牧平和県民集会実行委員会は12月14日、米軍岩国基地所属の戦闘機とKC130輸送機が墜落した事故について、小牧基地所属の同型機KC130輸送機による空中給油訓練中止などを求め申し入れを行いました。

要請団は、「小牧基地の保有機の数は?」「空中給油訓練の頻度、高度」「日米共同訓練への参加の有無」などを問いましたが、小牧基地担当官は「運用上回答は控える」と一点張りの返答で誠実さがありません。

しかし空中給油訓練は過去、基地周辺や陸上で行わず、定められた訓練海域で行うと約束していました。そのことを問うと「調査するようにします」と述べました。要請団の一行は「2019年3月開催の小牧基地航空祭で空中給油の飛行が間違っても無いよう求めます」と重ねて要請しました。

国土交通省と防衛省に ブルーインパルスについて要請

12月17日、日本平和委員会は国土交通省と防衛省に対し、ブルーインパルスについて要請と交渉を行いました。交渉には、千坂事務局長、愛知県、奈良県から5名が参加し、本村伸子衆議院議員が同席しました。

▼小牧の飛行について
小牧基地周辺地域について、防衛省は「人口密集地域」であることを認めました。しかし、告発状で指摘した3つの飛行について、「一般論として回答する」としつつ、曲技飛行にあたらないと強弁しました。その内容は、超低空飛行した問題については「離陸時の飛行なので問題ない」と回答し、また90度以上回転した飛行についても「他機に脅威を与える飛行ではないので曲技飛行に当たらない」と回答しました。しかし、それについて法令の根拠があるか?と質問するとその場では回答できません。後日、調べて再回答すると約束になりましたが、苦しい答弁が浮き彫りになりました。

▼「曲技飛行申請」の安全措置が行われていない
申請には「安全措置」が必要となりますが、その内容は基地参観者上空での飛行回避や、機体についての安全項目があるだけで、周辺住民などへの対策は全くありません。「曲技飛行は、基地上空で演目を行うので安全だ」(防衛省)と回答しましたが、「浜松では、基地から500m離れた場所に墜落している。安全確保にならないのではないか?」と聞くと回答は防衛省からも国土交通省からもえられませんでした。

ますます矛盾点が明るみとなる要請行動となりました。