カテゴリー別アーカイブ: 働きかけたい

社会に政治に働きかけたい

航空自衛隊小牧基地に申入れ 住民の安心・安全をおびやかさないで

 

4/5 小牧基地

 

県平和委員会は5日、春日井、小牧、豊山の諸団体とともに2つの申し入れを航空自衛隊小牧基地に対して行いました。一つは、航空祭でのブルーインパルス展示飛行を強行したこと、もう一つは3月29日にKC130輸送機の部品落下した問題についてです。

小牧基地航空祭の件では、近隣市町の首長や地元住民の反対の声を無視し、ブルーインパルスの展示飛行を強行したことは許されない、今後飛行については中止するよう求めました。

航空法91条に違反する、「曲技飛行」について担当官は、「申請が必要となる曲技飛行は行っていない」と回答するものの、住民への安全対策については回答しませんでした。

今回の「オープンベース」では、ブルーインパルスの飛行が昨年の6種目から13種目に大幅に増やされ、またUH60ヘリからパラシュート降下訓練が実施されました。このような飛行や訓練を、一方的に通知しただけで、住民の合意もないまま実施したことは重大な問題です。周辺住民の安全対策も講じず、航空法に抵触するような曲技飛行は、一刻も早くとりやめるべきです。

■昨年9月にも同型機の部品落下 

小牧基地所属のKC130輸送機が3月29日、訓練飛行後、部品2個が紛失していたことが報道されました。マスコミによれば、ガラス製のレンズカバー1個(直径6㎝、高さ5㎝、重さ80g)と、レンズカバーを固定するゴム製パッキン(直径6㎝、厚さ2㎜、重さ5g)が無くなったとのことです。訓練は、入間基地と福岡空港を経由し、午後3時30分ごろ那覇空港での点検で紛失に気付いたと報道されています。

とりわけ今回の事案については、昨年9月にも同機による全く同じ部品が紛失(落下した能性が高い)トラブルを起こしています。

KC130輸送機は、米軍との作戦を強化するためC130輸送機に「給油機能」を改造した機種で、2機しか配備されていません。当該部品は、夜間の空中給油時に使用するライトのカバーにあたるもので、改造した部分の部品が立て続けに紛失しているものです。担当官は、「他国で、同様の事案は起こっていないか問い合わせ中」(米国を含む世界各国で同機が利用されている)と答えるものの詳細については、「世界各国で利用される同機の内容を明らかにできない」と原因を明らかにしようとしていません。これらの問題を厳しく問いただし、4月12日までに文書回答するよう求めました。

この事案については、春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市の3市1町は原因究明、再発防止などを求める申し入れを小牧基地に対して行っています。

ノーモアヒバクシャ愛知訴訟 控訴審始まる ~「要医療性」の一点で争う~

3月23日(木)、名古屋高裁大法廷にてノーモアヒバクシャ愛知訴訟の控訴審第一回弁論が行われました。
第一回弁論では、原告の高井さんの意見陳述、控訴理由書の要旨の陳述、原爆症をめぐる裁判の状況についての意見陳述が行われました。

昨年の9月に行われた一審の判決では、原告4名のうち、2名は勝訴しましたが、他の2名については、病気が原爆の放射能によるものだという「起因性」については認めたものの、「要医療性」がない(現在は医療の必要がない)として却下の判決でした。

控訴審ではこの「要医療性」の一点を争う事になります。
控訴理由書の中で弁護団は一審の判決に対し「疾病の再発はないか、転移はないか、当該疾病の影響で身体の他の部位に異常が生じていないかなどを医師が判断することが医療としての『診察』であり、一般的な『健康診断』と医療としての『診察』を混同しており、医療の実態を無視した極めて乱暴な立論」と厳しく反論しています。

原告の高井さん 3/23 桜華会館

閉廷後に行われた報告会のなかで、原告の高井さんは「(もう一人の原告の)姉を長崎に迎えに行って、一緒に名古屋で勝訴したい。」と強い決意を語られました。

次回の日程は7月4日(火)午後2時15分開廷です。
控訴審はこの日に結審をし、秋ごろに判決がだされる予定です。
次回も大法廷で開かれます。

傍聴席をいっぱいにすることが、裁判所に対して大きな力になります。
ぜひ参加をよろしくお願いします。

辺野古新基地反対座り込み行動に参加して ~全国各地のとりくみに力をもらった~

■沖縄・辺野古座り込みツアー参加者からの感想■

私は去年9月に高江座り込みをして今回で2度目です。
名護共同センターでの学習は、とても大事でした。
壁には写真や新聞や、全国各地からの色とりどりの布に支援の寄せ書きが掲げられ、特に「沖縄の命のSOS」と書かれたイラストは目を引いた。
「ジュゴンの会」結成のときのおじい、オバアの言葉「わしたちが人柱になる」と血判状を作って立ち上がったことが印象に残った。

ゲート前座り込み行動では全国各地からの報告が私達にも力をつけてくれた。
座り込み排除では、沖縄の機動隊なのか、意外と優しい言葉での排除だった。

平和丸での海上抗議行動は福田さんが基地建設の不条理と、海保の本来の役目を切々と訴えました。
仲本船長から絶賛され何度も乗ってほしいと言われた。

その後高江N―1テントや、やんばる学びの森公園に行って、すばらしい自然を見てきた。
大浦湾の沢山の生き物、マングローブ、ブロッコリーの森を観て、「命どう宝」の本質を学びました。

【報告】沖縄・辺野古座り込みツアー ~なぜ埋め立なのか理解に苦しむ~

3月15日から18日、愛知県平和委員会をして4人が沖縄辺野古座り込みツアーに参加してきました。

沖縄での移動にはレンタカーを用いました。
最初に名護共同センターで沖縄の闘いのレクチャーを受けました。

2日目の16日は、朝7時出発。キャンプシュワブ工事車両搬入口において、すでに座り込んでいる50人程の中にまじり座り込む。現状報告などを受けました。
9時ごろ、機動隊のかまぼこ車が数台到着し、座り込み隊列に対置しました。
強制的「排除」はいとも簡単に30分程で終わり、工事車両20台程が基地内へ入っていきました。
機動隊が帰った後、翌朝の座り込み用にブロック・板を元に戻し後、全国からの支援者らが交流しました。
労働組合の若者約50人も参加しました。
九州ブロック代表は「辺野古埋め立て用の土を九州から搬出させない」と力強く挨拶しました。
午後、辺野古漁港横のフェンス越しキャンプシュワブを見学。
大浦湾が一望できる灯台跡とオスプレイ墜落現場も見学。

3日目の17日は、朝7時出発、カヌーが保管してある辺野古第二テントにて打ち合わせ、汀間漁港にて平和丸に乗船。
大浦湾はとても広く美しく、船上からサンゴが見えました。
工事現場に向かうと、さっそく海上保安庁が寄って来て「平和丸のいる地域は立ち入り制限地域です。」と繰り返しました。
警備会社、海上保安庁へ「あなたたちの仕事は、今コンクリートブロックを海上投下し海を汚す者を取り締まるのが本来業務ではないのか!」と抗議。
きれいな大浦湾、なぜに埋め立てを急ぐのかほんとうに理解に苦しむ。
午後、高江に移動し、東村会議員伊佐真次さん達と交流。
N1ゲート前付近とやんばる学びの森を見学。

4日目、嘉数高台公園で普天間飛行場を、道の駅かでな展望台で嘉手納基地を見学。
沖縄統一連事務所で平和委員会からのカンパを渡し、交流しました。

キャンプシュアブの搬入口前の抗議 3/16 沖縄

海自多目的支援艦「えんしゅう」が名港に入港 ~商業港への軍艦入港に抗議~

「えんしゅう」 3/4 名港ガーデンふ頭

3月2日から5日に、海上自衛隊多目的支援艦「えんしゅう」が名古屋港に入港します。
3日に特別公開、4日、5日に一般公開を実施しました。

それに先立つ2月23日に愛知県平和委員会は平和と憲法を守る港区連絡会、安保破棄諸要求貫徹愛知県実行委員会と共同で名古屋港管理組合に申し入れを行いました。
内容は、「市民や港湾労働者の不安をかきたてる、いかなる軍艦の入港も許可しないこと」「ガーデン埠頭を使った自衛艦の一般公開、とりわけ自衛官募集業務を行わせないこと」です。
申し入れの中で、管理組合としては、多くに船に来てほしいので、民間の船と軍艦とは区別はしていないとのことでした。
日本一の商業港に軍艦はふさわしくないと強く訴えました。
なお4日午後の一般公開を調査しました。
見学した人数は訪れた時には20数人でした。
自走式のゴムボートが2艇積あり、クレーンも装備されており、まさに多用途支援艦でした。

ブルーインパルス展示飛行反対! 関係各所への要請行動を行う

2月20日(月)、国交省・防衛省に対して要請行動を行いました。ブルーインパルスの飛行は航空法91条で禁じる、人口密集地上空での曲技飛行に当たり、違法な飛行は今すぐやめるべきだと要請しました。防衛省は、曲技飛行ではなく「編隊連携機動飛行」との主張をするものの、国交省の担当者は、「航空法には『編隊連携機動飛行』という概念は存在しない」と回答しており、自衛隊の主張を否定しました。

一方で国交省は、「ブルーインパルスの飛行は、申請に基づいて適法に行われているものと考える」と回答し、現地の状況把握すらしないで防衛省の申請手続きをいわば信用するという態度です。航空法の監督責任を放棄するようなずさんな実態が明らかになりました。

また、「曲技飛行」の申請では(小牧基地は上記の理由から申請していない)、地元の了解が得られることが必要になるのに対し、春日井市が反対していることについても、防衛省に問いただしました。その中で、2月7日に春日井市飛行場周辺対策協議会の抗議文が担当者に届いていないことも明らかになり厳重な抗議を行いました。

2月10日には、ブルーインパルスの飛行を認めないよう求める署名を愛知県へ提出。1月10日に提出した1次分と合わせ8479筆を提出しました。地元春日井市味美地域を含む多くの市民から署名が寄せられました。小牧基地がブルーインパルスについて働きかけている、春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市、北名古屋市、清須市にも、春日井市同様反対するよう申し入れしました。その中で春日井市との懇談では、小牧基地から展示飛行を検討しているが、考えを聞かせてほしい旨の働きかけがあり、当然その場で反対の意思と抗議が行なわれました。基地担当者は、持ち帰って検討するとの回答に対して、その後何もないままホームページ上で決定されたことについて、「遺憾だ」と話していました。まさに安倍暴走政治の表れであり、沖縄新基地建設の態度と変わりないと実感しました。

3月5日には、11時から基地正門前でスタンディングを行いアピールしました。

要請行動 2/20 衆議院議員会館

 

 

 

 

 

 

2月20日付けで防衛大臣宛てに提出した「ブルーインパルスの展示(曲技)飛行を認めない請願書」の要請項目

1、2017年3月「オープンベース」でブルーインパルス及び軍用機による展示飛行を行わないこと。

2、ブルーインパルスの飛行目的を明らかにしてください。

3、航空法・航空法施行規則では航空機は「飛行中動力装置のみが停止した場合に地上又は水上の人又は物件に危険を及ぼすことなく着陸できる高度」以上で飛行することが義務づけられている。展示飛行中に、動力装置のみが停止した場合に地上又は水上の人又は物件に危険を及ぼすことなくどこへ着陸するのか、明らかにしてください。

4、自衛隊機が編隊飛行を行うことができる法的根拠を明らかにしてください。

5、他の航空機との飛行空域調整や安全確保の連携はどのように行っているのか、明らかにしてください。

6、2016年 3月小牧基地「オープンベース」で実施されたブルーインパルス展示飛行では、周辺自治体2市1町の反対により飛行高度とルートが制限され、実施される課目も少なくなったと、ホームページで発表されているが、制限の具体的な内容を明らかにしてください。

7、2016年3月小牧基地「オープンベース」において、防衛省・自衛隊小牧基地から申請された内容と申請と許可の書類を明らかにしてください。

8、2016年3月小牧基地「オープンベース」において、「曲技飛行」についての、申請の有無、許可の有無を明らかにしてください。また提出していない場合、どのような根拠化を明らかにしてください。

9、「編隊連携機動飛行」の定義と内容を明らかにしてください。また「曲技飛行」との違いを明らかにしてください。

10、航空法施行規則197条の3では、「国土交通省令で定める曲技飛行は、宙返り、横転、反転、背面、きりもみ、ヒップストールその他航空機の姿勢の急激な変化、航空機の異常な姿勢又は航空機の速度の異常な変化を伴う一連の飛行とする」とされています。

①「曲技飛行」にあたる、ブルーインパルスの飛行課目を明らかにしてください。また「曲技飛行」にあたらない、飛行課目を明らかにしてください。

②2016年3月小牧基地「オープンベース」でのブルーインパルスの飛行では、デルタ―ローパス、スワンローパス、グランドクロスローパス、ポイントスター、サクラとレベルキューピットの6課目が行われました。この6課目は、「曲技飛行」に該当しますか。

③航空法施行規則197条の3で言う横転については、一般的に、横転は「ロール」と呼ばれ、航空機の機体を左右に傾ける運動のことをさすといわれています。これが横転となるならば、ブルーインパルスのすべての飛行がこれにあたると考えますが、いかがでしょうか。

11、ブルーインパルスは、これまでに幾度となく事故を繰り返してきました。合計6回(8機)も墜落等の事故を起こしており、展示(曲技)飛行や密集して飛行する編隊飛行がいかに危険かということをまざまざと示しています。墜落を含む重大事故についての具体的な安全対策を明らかにしてください。

12、これまで地元住民、周辺2市1町の首長は、ブルーインパルスの飛行を反対してきました。2月7日春日井市飛行場周辺対策協議会が、中止を求め申し入れを行っています。これら地元住民の反対の意思を無視して、これまで飛行を強行していますが、その理由をお聞かせください。

ヒバクシャ国際署名の推進春日井連絡会準備会 情勢を学び 創意と工夫で集めましょう

1月21日、尾中労連会議室でヒバクシャ国際署名を「地域のつながりを作って集めよう」と署名推進春日井連絡会結成への準備会が開かれました。

 これは昨年10月から春日井の民主団体や草の根運動の関係者で話し合われ、春日井平和委員会と春日井市在住の被爆者が呼びかけ人となって実現したものです。

 当日15名の皆さんが集まり、最初に横江英樹県原水協事務局長から「核廃絶を巡る」情勢を学び、続いて署名の意義や運動の実態を話し合いました。

参加者からは「意義は解る」「春日井はかつてアピール署名の人口過半数を集めた」「今度の署名の原水協と原水禁の統一行動は画期的」など積極的意見も多数でましたが「忙しい活動の中で新たな活動は無理」など運動の厳しい実態もだされました。

 これに対して呼びかけ人から「今回の署名は長い活動になっている。準備会もゆるやかな息の長いものを考えている」と引き続き団体や個人で考えて欲しいとまとめ、ビキニデー以降の結成をめざすことになりました。

署名8479筆を提出! ~ブルーインパルス曲技飛行は中止を!~

航空自衛隊小牧基地のブルーインパルス曲技飛行実施決定に、「航空法に違反する危険な曲技飛行は中止を」の声が、かつてなく大きく広がっています。
県や春日井、小牧の諸団体による「ブルーインパルス曲技飛行を認めない要請署名」を、2月10日、前回の1月10日に続いて愛知県に提出しました。
今回提出された署名は5048筆、前回と合わせて8479筆となります。

県当局の対応は、1月10日申し入れの際に「写真撮影は認めない」というのに写真を撮ったとして「約束を守れない団体とは今後会わない」という理不尽なものでした。
「署名は郵送で」という当局に対して、県や地元団体の代表らは、署名を携えて航空対策課の事務室を訪れました。
これまでと違い、事務室の片隅の小さい机を挟んでの署名提出に、基地側の言い分をうのみにした前回の回答といい、県当局が県民の声に耳を傾ける気があるのかとの思いが、ふつふつと沸いてきます。

その後、一行は名古屋市に対しても要請に訪れています。
要請には県営名古屋空港担当の観光文化交流局が対応しました(これまでは総務局)。
担当者は、基地側から1月31日に口頭による概要説明があり、2月8日にはブルーインパルス展示飛行の実施決定が知らされたといいます。
西区の一部が飛行ルートになったことに、市側からは「航空法順守を要請した」と語りました。
また、「(調査活動を)目視によりやってみたい」とも答えています。

2月20日には、諸団体代表らによる国土交通省、防衛省への要請も予定されています。

ブルーインパルスの展示飛行中止を申し入れ 住民の安全・安心を最優先に

県平和委員会、安保破棄県実行委員会と地元団体は1月27日、ブルーインパルス展示飛行について航空自衛隊小牧基地へ中止を求め、申し入れを行いました。

申し入れ 1/27 小牧基地

基地担当官は、同機展示飛行に関わり、愛知県、春日井市、小牧市、豊山町、名古屋市、北名古屋市、清須市へ説明を行うと話し、同機飛行を強行する姿勢を明らかにしました。

要請団は、2016年3月「オープンベース」で行った同機飛行は、人口密集地における「曲技飛行」を禁じた〃航空法91条違反〃に当たると中止を申し入れました。担当官は、「編隊連携機動飛行(水平に飛ぶ飛行)なので、曲技飛行にあたらない」と回答。しかし航空法には「編隊連携機動飛行」の文言は書かれていないことも認めます。要請団は、住民をはじめ、引き続き首長は反対している民意を基地は受け止めるべきと担当官に伝えました。

また申し入れでは、1月16日、17日と2日間連続して、トラブルを発生させ緊急着陸していることについても申し入れしました。これまで事故原因を 明らかにしないことについて「C130輸送機は米国企業がつくったもので、1ユーザーの立場で、問題点を明らかにすることはできない」と回答します。まさに住民の安全よりも米国や米軍、米国軍事企業を優先する立場であり、小牧基地の言う「周辺住民の理解と支援は基地運営の基盤」とあべこべです。

朝鮮高校無償化除外違憲訴訟 第21回口頭弁論

1月16日、名古屋地裁で朝鮮高校無償化除外違憲訴訟の第21回口頭弁論が開かれました。

裁判では、被告が第8準備書面を提出。
原告は、朝鮮高校の無償化除外は原告の民族教育を受ける権利の侵害になると訴えていますが、被告側は「これまで通り学校に通えるのだから民族教育権の侵害には当たらない」と反論。
高校無償化除外を機に一段と社会の偏見が深まり、名古屋市の補助金減額などにつながったことへの反省はありません。

また、原告は、他の外国人学校は、本国や民族団体の支援を受けることを問題視されていないのに、朝鮮学校のみが朝鮮民主主義人民共和国や総聯との関係を理由に就学支援金を受けられなかったことは差別的で違法だと主張してきました。
高校相当の教育をしているかという無償化法の基準ではなく、「北朝鮮」との関わりという政治的理由か当の教育をしているかという無償化法の基準ではなく、「北朝鮮」との関わりという政治的理由から排除しているからです。
被告はこの点「そもそもどの学校を無償化の対象にするかは文科大臣が決めること」という裁量論で押してきています。
子どもの学習権保障の観点が欠落しているのです。

次回は、3月15日14時00分からです。
裁判長が交代したため、次回は更新弁論として、原告から今までの裁判の結果の陳述があります。
4年に及ぶ裁判の“キモの部分”をギュッと濃縮してお伝えしますので、初めての方でもこの裁判の本質がわかるはずです。
たくさんの方の傍聴をお願いします。